2017年12月29日

2017年を振り返る

IMG_0833.jpg

この1年は、今まで生きてきて1番

表で箏を弾かなかった1年でした。

音楽を仕事にしているミュージシャンはみんなそうだと思いますが

弾く時間=自信となって

ステージもきちんとできるのだと思います。

それが、できなかった1年でした。


子育てをしている間は、フリーランスの私はとても厳しい立場で

特に年度末生まれの子どもなので、保育園はまず無理です。

(次年度4月入園のための申し込みが11月のため

 11月以降月に生まれた子は、まず入れないんです。)

それでも、子育て支援センターにも定員オーバーで預けられないことが多いので

ファミサポさんを3人も充てがって頂いたり

子連れでミーティングに来ていいよ!とおっしゃって下さるお仕事関係の方がいたり

そんな周りの方々のおかげで

なんとか、この1年で、少しは動ける体制を作ってこれました。


そして、実は

今年から新しい事務所に所属しました。

以前に一緒にお仕事を何度もさせていただいた

ソプラノ歌手の故 中島啓江さんのいらした事務所です。


本当のこというと

妊娠がわかった時点で、当時のマネージャーさんというか

エージェントには辞められてしまい

出産前に大きなお腹を隠して行ったライブも

ほぼ自力でやりました。


出産後2ヶ月も経たずに頂いた

G7での演奏という大きなお仕事も

今までの繋がりのある周りの方々の温かいご協力のもと

実は、マネージャーなしで動いていました。


もちろん、産後復帰ライブも

全て自力で行いました。


やはり「子どもを産むと仕事しづらい世界」に

何十年もかけてきた自分の腕が、負けてしまわないよう

自分の音楽が、潰されてしまわないよう

しっかり前を見続けることは

精神的にとても難しいことでした。


そして、女性ならきっとお分かりだと思うのですが

子どもを産んでみて、自分の世界がガラリと変わった時

「自分」を評価されることより

絶対的に自分を必要としてくれる存在を大切にすることの方が

命を守る上で、どうやっても大事だなぁと

思うものなのです。


さらに言えば、仕事やお金のことを考えずに

子育てをできる環境というのが

子どもを産んだ後の女性にとっては、やはり1番幸せな時間なんです。


私の周りのミュージシャンが、やはり産後に

「もう、音楽はいいかなぁ・・・」

とつぶやいたのを

何度か聞いてきましたが

「10年後、20年後を考えてみて!もったいないよ!」

「今は子どもといるのが幸せな時間だけど、そのうち手が離れていくよ!

そしたら自分、なにするの?さみしくない?」

と言い続けてきた私は

もちろん、自分にもそう言い聞かせてきました。

娘は特に、私に似たのか気が強く、すでに自立心旺盛なので

きっとサッサと自分の世界を作っていくだろうと感じます。


でも、動ける体制がなければ

ミュージシャンが表立って活動することはなかなか叶いません。

ありがたいことに、私はまた新しく

サポートをしてくれるスタッフさんたちに囲まれることができました。

新しい事務所の方々以外にも

マネージャーなしで活動していた時期には

本当にたくさん助けていただき、手を差し伸べていただきました。

そういう方々のおかげで

またこれから、活動ができそうです。


来年から、少しずつ動き出します!

現在、月1ペースでミーティングを重ねています。

今までのように、日帰りで長崎、とか

そんな無謀なことはできないけれどあせあせ(飛び散る汗)

今までの何十年もの積み重ねは

たった1年ちょっとでダメにはなっていないと思っています。


やることがたくさんたくさんあって

1日も本当にあっという間!

夜の10時にはとっくに就寝している、という

今まででは考えられない生活で

(だって夜の11時に夜ごはん食べるのも、おかしいことではなかった)

今も、娘の昼寝の間に練習時間を取ろうと努力しても

1曲弾きだした途端、起きてしまったりバッド(下向き矢印)


そんな中で、どうやって音楽の時間を増やしていくか

本当に苦悩しています。


だけど、こうやって子どものことだけになりがちな時期なのに

やりたい!と思うことがあるのは

そしてそれを応援してくれる周りの環境があるということは

女性として、とても幸せなことだと思うので

スローペースになっても焦らず

ちゃんと1つ1つ、音を大切に大切に

紡いでいきたいと思っています。


今年1年も、本当にありがとうございました。

来年から、またあちこちで皆様とお会いして

音をお届けできることを

楽しみにしています!



posted by 宮西 希 at 18:13| Comment(0) | 希の考察

2017年12月11日

12/8にお問い合わせ下さった方へ


12/8にドコモの携帯からお問い合わせいただいたメールに

いくら返信しても、エラーで返ってきてしまいます。

メールを読んだところ、お急ぎだろう(今週のことだろう)と思ったのと

他にも参考になる方がいらっしゃるかも?しれないので

(可能性は低いですがあせあせ(飛び散る汗)

このブログでお返事致します。


お問い合わせの際は、お名前やご連絡先を明記の上

せめてパソコンからのメール

特にお問い合わせアドレスからのメールを

受信可能に設定し直してくださいね!!!

よろしくお願い致します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お問い合わせありがとうございます。

休符に音を止める、ということはいたしません。
休符のマークに、2種類あることはご存知でしょうか?
ただの「丸」と「丸の中にさらに点があるもの」の2種類です。

ただの「丸」は、西洋の楽譜でいうところの四分休符。
「丸の中にさらに点があるもの」は、奏者のアクションとしては休み(何も弾かない)ですが
実は前の音をずっと伸ばしているという意味。
つまり、下記の楽譜をご覧いただければ、参考になるかと思いますが
最初の「さくらー」の「らー」は2分音符ということです。

sakura1.JPG

1番最後の小節の4拍目だけ、ただの「丸」になっていますが
撥弦楽器である箏は、当然のことながら弾いた瞬間からどんどん音は衰退していきます。
ですので、4拍目にはすでに音の響きが消えているので
(楽器の良し悪しによっては、実際には余韻が残っているかもしれませんが)
ただの白い「丸」なのです。

厳密に言えばそういうことなのですが
世の中には、これをご存じない方が楽譜を作っていらしたり
そんな細かいことは考えていない楽譜も存在します。

でもいずれにしても、スタッカートと
何か特別に指示のある楽譜以外で(現代曲などにはたまにある)
絃を触って音を消す作業をすることは一切ありません。
(「弦」も、弓を使う楽器ではないので「絃」が正解です。)


私も何度も学校で教えていますが
学校でお箏を教えるのは、楽器の準備のことや何面もの箏のチューニング
教える曲のことなど、様々なご苦労がおありかと思います。
今の時期ならクリスマスソングなどをお箏で弾くと、生徒たちの受けも良く楽しいかもしれません。
「ジングルベル」などは、お箏本来のチューニングで弾けるのですが
地元のお箏の先生の中に、西洋音楽の知識をお持ちの頼れる方がいらっしゃったら良いのですが
なかなかそうもいかないようですね。

生徒さんにとって、一生に1度しか触れない機会であるのなら
ぜひ本物を教えてあげてほしいと、常々思っています。
そのために何かお役に立てることがあれば、いくらでもお伝えしたいと考えていますので
いつでもお声をお掛け下さいね。

Kotist 宮西 希

==============================================
kotist宮西 希 オフィシャルメール
info@kotist-nozomi.com

kotist宮西 希 オフィシャルサイト
http://kotist-nozomi.com

株式会社ピュアハーツ 
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-9-7 ニッカビル2F
TEL03-6304-0188
担当マネージャー:平山 訓
==============================================


2017/12/08 17:13:

中学校の音楽の教師をしています。
今、お箏の授業を1、2年生で行っています。質問があります。休符のときの奏法です。
休符のときは弦の振動を止める程度に左手の人差し指、中指を弦(休符の直前に弾いた弦)に添えていますが、
これは合っていますでしょうか?

posted by 宮西 希 at 02:30| Comment(0) | 仕事

2017年11月17日

ルカの誕生日


ルカは、3年前の11月16日に私の家族になりました。

千葉県の山のたくさんあるところで捕獲され

保健所に送られ、最終部屋まで行きました。

外に出しても、人間と生活できるだろう、と選定してくださった方

そして、こんな大きなワンコを引き出すために

一時預かりをしてくれたご家庭のおかげで

私たちと出会い、家族になれました。


私はトコを亡くしたばかりで

次のワンコと暮らすには、いくらなんでも早すぎる…と悩んだけれど

トコが亡くなった日に、保健所に入れられたコだとわかり

さらに、ルカがうちにやってくる日が

偶然にもトコの49日にあたり

「これは、トコが置いていったな」と運命を感じました。


うちに来た時、数週間一緒に暮らした預かりさんが帰ると

それは本当に寂しそうな顔をしていました。

腕を触ろうとしてもビクビクしていたり

頭を撫でようと思って腕を上げると

殴られるっ!というように身を縮め

ルカのベッドが置いてある寝室に誘導するのに

怖がったので1時間もかかりました。


3年の間に劇的に環境も変化し

ルカはお兄ちゃんになりましたが

私はルカのおかげで、癒され気持ちが安定して育児ができています。



3年間のうちに来た日の写真と、今日の写真

是非見比べてみてくださいるんるん

<3年前>
IMG_1598.jpg

<今日>
IMG_0295.jpg


本当に体も大きくなって

来た時より9kgも体重が増えました。(それで標準)


これからワンコと一緒に暮らしたいなぁと思う方がいらしたら

是非、保護犬というのも視野に入れてみてくださいね。

正直、初心者には難しいかもしれないけれど

放浪していたコでも、飼い主次第、しつけ次第で

ワンコも人間も、とっても幸せになれます。




posted by 宮西 希 at 16:57| Comment(0) | 保護犬

2017年11月15日

ルカの献血


先日、ルカは献血をしました。

夜遅く、もうパジャマで娘を寝かしつける時に友人から電話があり

「すぐに輸血が必要なワンコがいる、

1頭連れて行ったのだけど、健康上の理由で献血できなかった」と。


トコの大病(免疫介在性溶血性貧血)の経験があったので

私が化粧などしているうちに、そのワンコが亡くなったら…

と思ったので、本当にすっぴん、髪の毛もバサッとまとめただけ

パジャマの上に服を着込んで

ルカと病院に駆けつけました。


ルカは、健康診断と血液検査の結果、幸い健康で

血液もマッチしたのでそのまま献血しました。


そのワンコも、トコと同じ免疫介在性溶血性貧血でした。

狂った免疫が、自分の赤血球を壊してしまう

つまり、血液が血液でなくなってしまう恐ろしい病気です。

その晩は少しだけ持ち直し

とても貴重なお薬をチャレンジしましたが

数日後、虹の橋を渡ってしまいました。


改めて、トコは本当にすごかった、ラッキーだったと思いました。

7歳で発病し、一命を取り留め

年に1度は高熱を出したり、肝臓がどんどん悪くなったり

いろいろあったけれど

14歳まで幸せに過ごせたんだもの。


でも、そのあと、献血に関して色々な話を聞きました。

私は、もちろんルカの健康を第1に考えた上での話ですが

必要ならば、健康で若くて大型犬であるルカが

献血をすることに賛成です。

(8歳くらいからはお断りすると思いますが)


もちろん、色々な考えをお持ちの方がいらっしゃることはわかっていますが

「昔飼っていたコが、その病気にかかった。
 
でも知らないワンコには献血したくない」

というお話を聞いて、びっくりしました。


うーーーん、そうなのか。

じゃあ、自分のワンコが輸血を必要になった時

誰に助けてもらうんだろう。

そもそも、犬に輸血までは必要ではない、ということなのかな。


自然のままに、も大切な価値観だから

そうなのかもしれないなぁ。


悩ましいです。









2017年10月10日

里親募集中・カレナ


私も関わっている里親募集中のカレナさん。

今週から辻堂(藤沢市)のBuddiesという

ワンコの雑貨やフードを取り扱っているお店にいます!

お店の方が、たくさんの方々と知り合う機会も多かろうとのことで

接客をしながら里親さんを探すことになりました。


このカレナさん、写真だと黒ラブだなぁ〜という感じですが

どうやらシェパード系も入っている様子。

そして、正直言って写真で見ているより

実物の方がより可愛いし魅力的ですきらきら


また、10月15日(日)12時〜15時

Buddiesに於いて譲渡会が行われ

私も6月に大捜索に加わったオリーブを始め

数頭のワンコが参加します。

もちろんここにも、カレナさんは出ます!

家族に迎えてみたいなぁとお考えの方

ぜひBuddiesさんに直接行ってみてくださいね!


「Buddies」
藤沢市辻堂大平台1−3−1
TEL 0466-35-5599


o0480064014044079380.jpg

static.png




posted by 宮西 希 at 15:51| Comment(0) | 保護犬