2018年08月31日

パワハラについて


このところ、スポーツ界のパワハラについての告発が相次いでいるけれど

そういうことを言えるような世の中になってきたのだなぁと

少し前進していることを感じ、嬉しく思うと同時に

意思を強く持ってガンバレ!と思って見ています。


また、そういうことを告発できる環境にいる人しか

告発できないのよね。とも思う。


どこの世界にも、セクハラ・パワハラって

多かれ少なかれあると思う。

私も、音楽活動の中で、とても大きな出来事として

パワハラに泣いた過去がある。


私がとても大好きだった活動だったので

続けたい気持ちは山々だったけれど

様々な大人の事情により

本人(私)は一切話し合いに参加もできないまま

その関係のステージには、あれ以来立っていない。


当時は、言える時代じゃなかったし

噂でしか聞いていない(ちゃんと事情を知らない)周りの方々には

「あの子だっていい思いはしたんでしょ」

と言われていた。


すごく悔しかったし

周りの人たちに話をしたかった、聞いて欲しかったけど

本当にこんな言い方しかできないけれど

そういうことを、言える時代じゃなかった。


また、今だったとしても

例えばテレビに取り上げてもらえるような団体でもないので

(まぁ、日本の有名な大企業の人がその事件には絡んではいるのだけど)

やっぱりきっと、私の泣き寝入りになるかもしれない。


そういう意味でも

今、記者会見ができて、みんなに話を聞いてもらえる立場の人は

ちゃんと言ったほうがいい!

こういうことが表立ってくれたら

裏にいっぱいある、表には出てこないパワハラなども

減っていくに違いない。

テレビなどで世間に訴えなくても

その業界内、会社内、団体内に訴えることもできるような雰囲気になり

裏で泣き寝入りする人間も、減っていくだろう。


世の中が、こういうことを許さない風潮になれば

たったひとりが言った小さな声も

周りの人間が、ちゃんと聞いてくれるようになるだろう。

私の時みたいに、当事者からの嫌な思いだけでなく

周りの大勢の取り巻きからも、嫌な思いをしないで済むと思う。


だから、ボクシングも体操もだけど

音楽業界でも、どの世界でも

言える人はちゃんと言おう!


今、私はちゃんと事務所にも所属させて頂いていて

守ってもらえる立場で、本当にありがたい。

でも、邦楽界で悩んでいる人がもしこれを見ていたら

(邦楽界に限らずだけど)

私は相談に乗るよ!





posted by 宮西 希 at 23:57| Comment(0) | 希の考察

2018年08月16日

Liveチケット先行予約のお知らせ


応援してくださっている皆様へ


暑い暑い夏、いかがお過ごしでしょうか。

残りの夏もステキな思い出が増えますよう楽しまれてくださいね!


さて私Kotist宮西 希はこの数年で妊娠出産を経て

育児をしながら、色々な環境を整えてきました。
  
少しお待たせしてしまいましたが

おかげさまでこの秋、ようやくLIVE開催の運びとなりました。
  
会場はデビューイベントも行なった南青山の曼荼羅で

またここから再スタートできることを

本当に嬉しく思っています。


ちょうど秋も深まる頃

今回はピアノ大山泰輝さん

ウッドベース鳥越啓介さんにサポートして頂き

JAZZYなサウンドで、お洒落な時間をお楽しみ頂けるかと思います。
  

チケットは、会場の曼荼羅で9月1日より予約受付開始ですが

8月20日から8月いっぱいまでは

いつも応援して下さっている皆さまへの

先行告知・および先行予約とさせて頂きます。

どうぞお誘い合わせの上

会いに&聴きにいらしてくださいませ。

心よりお待ちしています。


チケット先行予約は、オフィシャルサイトのスケジュールページから
メールでご予約可能です。

   

Kotist 宮西 希

181026.jpg





posted by 宮西 希 at 11:00| Comment(0) | コンサート

2018年08月12日

少し夏休み


秋のコンサートに向けて

譜面を書く日々。

今までだったら練習は、1ヶ月前から本格的にやれば

まぁ問題なかったのだけど

子どもが生まれてからというものの

自分の時間が、思うように取れなくなり

弾けても1日2時間弾ければ、相当ラッキーという感じ。

となると、全てを早め早めに準備したく

しかも、子どもの頃夏休みの宿題は

ほぼ7月に終えるくらいだった私としては

なるべく、できることはできるときに済ませておかないと

心配で仕方がない。


というわけで、何しろ8月中に譜面を書いて

ミュージシャンに送るべく

夜な夜な、作業をしています。


だいたい目処もついたので

明日から、ルカと娘にとっては初になる

プチ旅行に行って来まーす!

もちろん、ワンコと一緒に泊まれる宿。

というより、ワンコ中心の施設で

大きな、森の中を走り回れるドッグランがたくさんあり

雨でも、体育館がそのままドッグランになっているので

何の問題もなし!

それに、ワンコの入れるところって

結局は、子どもも問題なく遊べるんですよね。

うるさい!とか、そういう心配を必要以上にしなくて済むというか。

もちろん、ワンコも子どももある程度お行儀良くできる

躾ができていることが前提ですが。


今までも、何度も日帰りでは行っているのだけれど

宿泊は初めて。

十分、日帰りで行ける距離だけど

あえて、ゆっくり行ってのんびりしてこようと思います!


2歳なのに「あずきのチカラ」をして昼寝する

おばさん化した娘を、リフレッシュさせなくちゃ・・・あせあせ(飛び散る汗)


IMG_3749.jpg




posted by 宮西 希 at 00:56| Comment(0) | プライベート

2018年07月04日

バッグがない



先日、考えてみたら産後初めて

夜に友人と飲みに外出しました。

もちろん、家で飲んだり

家族で外食したりはしてきたけれど

子どもを置いて、飲みに行くなんて初めて!


そんなこと考えもしなかったのに

急に誘っていただいて

ずっと素敵なお店だな、行ってみたいなと思っていたバルへ。


ところが出かける際に、気づいた。

カバンがないんだわ。

ちょっと、お出かけするカバン。


子どもを持つと、女性は荷物が2倍どころか

3倍、4倍に増える。

中身はほぼ、子どもの荷物。

オムツ、おしりふき、着替え、タオル数枚、水筒

大量にビニール袋も持っているし

食事用エプロン、一応子ども用のスプーンフォークセット

除菌のできるお手拭き、軽いオヤツ

その他もろもろ

そこに自分の化粧品やら、手帳、財布

その他もろもろ


だから、いわゆるマザーバッグと言われる

大きな肩からかけるバッグばかりになる。


そんな生活していたら

ちょっとお出かけできる

小さめのお洒落なバッグがないことに気づいた…


夫の母が、いつもスヌーピーものを

私にたくさん送ってくれるのだけれど

たしか小さなスヌーピーのカバンがあったな!

と思ってみてみたら

チャックを開けたら、中は保冷用の銀色だった(笑)

でもそれしかないから、持って行っちゃった!

当然チャックは、ずーっと閉めて(笑)


だめだ〜、元からお洒落は苦手なんだけど

完全にダメ女になっているたらーっ(汗)


日々、こんな風景に癒されているので

それで満足してしまう。

IMG_3039.jpg


IMG_2784.jpg


少し、生活、見直さなきゃ。。。





posted by 宮西 希 at 01:02| Comment(0) | プライベート

2018年05月29日

「発達とは鈍感になること」という話(高齢者の運転免許に思う)


高齢者の運転による事故が後を絶たないのは

個々の問題であるように見えて、実は社会全体の問題だと思うのだけど

どうして、高齢の方々には遠慮しがちなのだろう?


だって、どんなに健康で頭もしっかり冴えていても

18歳未満は、絶対に運転免許は渡さないでしょ?

高齢者だって同じ。

どんなに健康で、頭もしっかり冴えていたとしても

ある年齢(ひっくり返して81歳とか?笑)超えたら

運転免許は渡さなければいいのに。


18歳って

「もうすでに大人のつもり」の若者が

少しは冷静に、自分を客観視できるようになる年齢だと思う。


反対に

「いつまでも若いつもり」の高齢者が

冷静に、自分を客観視できなくなるから

「行けると思った」なんて

言い出すんだ。

きっとね、もう少し若い頃は

「もうすぐ赤だ!」とか認識する反応も早かっただろうから

もしかしたら行けたのかもしれないし

無理だ!と判断できて止まっていたのかもしれない。

今回の事故は、それを90歳まで続けちゃってた結果なんじゃないかなぁ。



日本は少し

年をとること、いろいろなことができなくなることが

マイナスの印象過ぎるんだと思う。

もっと、年を重ねることが良い印象で

「運転免許、卒業〜!イェーイ!」って言える社会になると良いよね。


この間、とある大学で受けた講義で聞いた話だけど

「発達」って、実は「鈍感になっていくこと」なんだって!

生まれたての赤ちゃんは、敏感すぎて

例えば少しの物音にも、ビクッ!!!と驚いてしまう。

これが、少しずつ「鈍感」になることが

「発達」というんだそうです。

発達=鈍感になっていかないと、生活しづらいわけです。


発達障害とは、鈍感にならない、敏感すぎるままの状態であることが多く

だから少しの物音や光でパニックになったりしちゃうそうです。


究極の話をすれば

年をとるということは、鈍感を極めていくということ!

それが「発達」なのです!

だから、年をとるってすごいんだぞ!

発達の極みなんだぞ!


そういう風に、堂々と鈍感になっていけるといいね!

そして、感覚が鈍ってきたら

発達しきった証拠なのだから

堂々とできないことは「できない」って

威張って言っていいと思うんだ。


それが、人間の発達の極みなのだから。


そして、発達しきった方々はすごいことなのだから

社会全体でリスペクトし

出かけたい時くらい、無料でタクシーで動けるよう

そういうところに税金使ってくださいよ。


国民の感覚に「鈍感過ぎ」の国会議員さんは

つまり、年齢に関係なく、早々と発達し終えた方々なのだから

サクッとご隠居されて、遊んで暮らしてはいかがかしら?











posted by 宮西 希 at 23:36| Comment(0) | 希の考察