2017年11月15日

ルカの献血


先日、ルカは献血をしました。

夜遅く、もうパジャマで娘を寝かしつける時に友人から電話があり

「すぐに輸血が必要なワンコがいる、

1頭連れて行ったのだけど、健康上の理由で献血できなかった」と。


トコの大病(免疫介在性溶血性貧血)の経験があったので

私が化粧などしているうちに、そのワンコが亡くなったら…

と思ったので、本当にすっぴん、髪の毛もバサッとまとめただけ

パジャマの上に服を着込んで

ルカと病院に駆けつけました。


ルカは、健康診断と血液検査の結果、幸い健康で

血液もマッチしたのでそのまま献血しました。


そのワンコも、トコと同じ免疫介在性溶血性貧血でした。

狂った免疫が、自分の赤血球を壊してしまう

つまり、血液が血液でなくなってしまう恐ろしい病気です。

その晩は少しだけ持ち直し

とても貴重なお薬をチャレンジしましたが

数日後、虹の橋を渡ってしまいました。


改めて、トコは本当にすごかった、ラッキーだったと思いました。

7歳で発病し、一命を取り留め

年に1度は高熱を出したり、肝臓がどんどん悪くなったり

いろいろあったけれど

14歳まで幸せに過ごせたんだもの。


でも、そのあと、献血に関して色々な話を聞きました。

私は、もちろんルカの健康を第1に考えた上での話ですが

必要ならば、健康で若くて大型犬であるルカが

献血をすることに賛成です。

(8歳くらいからはお断りすると思いますが)


もちろん、色々な考えをお持ちの方がいらっしゃることはわかっていますが

「昔飼っていたコが、その病気にかかった。
 
でも知らないワンコには献血したくない」

というお話を聞いて、びっくりしました。


うーーーん、そうなのか。

じゃあ、自分のワンコが輸血を必要になった時

誰に助けてもらうんだろう。

そもそも、犬に輸血までは必要ではない、ということなのかな。


自然のままに、も大切な価値観だから

そうなのかもしれないなぁ。


悩ましいです。









2017年10月10日

里親募集中・カレナ


私も関わっている里親募集中のカレナさん。

今週から辻堂(藤沢市)のBuddiesという

ワンコの雑貨やフードを取り扱っているお店にいます!

お店の方が、たくさんの方々と知り合う機会も多かろうとのことで

接客をしながら里親さんを探すことになりました。


このカレナさん、写真だと黒ラブだなぁ〜という感じですが

どうやらシェパード系も入っている様子。

そして、正直言って写真で見ているより

実物の方がより可愛いし魅力的ですきらきら


また、10月15日(日)12時〜15時

Buddiesに於いて譲渡会が行われ

私も6月に大捜索に加わったオリーブを始め

数頭のワンコが参加します。

もちろんここにも、カレナさんは出ます!

家族に迎えてみたいなぁとお考えの方

ぜひBuddiesさんに直接行ってみてくださいね!


「Buddies」
藤沢市辻堂大平台1−3−1
TEL 0466-35-5599


o0480064014044079380.jpg

static.png




posted by 宮西 希 at 15:51| Comment(0) | 保護犬

2017年09月22日

WANCOTT


ワンコのための施設、WANCOTTにてミーティングがあって

ルカとDaughter-Kと両方連れて伺いました。

IMG_9642.jpg

ワンコの施設だから「ルカも連れてどうぞ」はわかるけれど

「子どもさんも一緒に」とおっしゃっていただけて

やはりこのところ、社会が変わってきているんだなぁというのと同時に

たまたま、そのような環境に恵まれていることを

とてもありがたく思い

お言葉に甘えて、ふたりとも連れて行きました。



まず、ワンコのためのホテル

IMG_9643.jpg

小さな檻に入れられたまま数日預けるのではなく

こんな素敵な、そして広々したスペース

各部屋の前にフリースペースもあり

ゆったりと遊べるし、いいですね〜ココ!


介護施設もあるのですが

今日はたまたま、プールで歩行訓練しているワンコがいました。

IMG_9647.jpg

ダイエットのために、ここを使って運動するワンコもいるそうです。


室内のドックラン

IMG_9649.jpg

IMG_9651.jpg


フリースペース

IMG_9648.jpg

IMG_9645.jpg


驚いたのは、室内なのに全然

本当に全く、匂いがしないこと!

ワンコ用トイレも、いくつも設置されているのですが

匂いに敏感な私でも、全く気になりませんでした。


赤ちゃん用のオムツ替えベッドが設置されているトイレもあり

色々な世代の方が、ワンコと楽しめるスペースです。


WANCOTT

詳しくは、HPをご覧いただければと思いますが

横浜にあります。

地下に駐車場があり、そのままエレベーターで

ワンコと一緒に4階へ上がれます。

普通にホテルにお泊りにもいいし

私も経験しましたが、ワンコの介護生活になった時

ほんの1日、2日介護施設に預けることで

人間も、生活を立て直したり

リフレッシュして、また一生懸命介護することができるんですよね。

そんな時、是非利用したいと思える施設でした!












posted by 宮西 希 at 22:14| Comment(0) | ペット

2017年09月15日

カレナ、里親さん募集中!


このわんこさんの、里親さんになってくださる方を探しています。

o0540096014025625008.jpg


この数ヶ月、私も関わってきたわんこです。

いろいろあって、この3ヶ月で2度も居場所が変わって

とっても寂しい思いをしているはずなのに

穏やかで、とても優しい静かな女の子です。

話しかけると、黒い黒い目で、しっかり見つめ返してくれ

お腹を見せてゴローンと甘えてきたりします。

Daughter-Kをはじめ、小さい子どもにも優しく接してくれます!

が、力の強い大型犬ですので

大型犬の飼育経験のおありの方

つまり、きちんと大型犬のしつけをしっかりできる方に

お願いしたいと思っています。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚

名前:Ka-lena カレナ
犬種:黒ラブ&シェパーのMIX(黒ラブの要素が強いです)
性別:雌
年齢:推定8歳
毛色:ブラック
体重:33kg
狂犬病・ワクチン:済
フィラリア:陰性
ノミ、ダニ : フロントライン済
マイクロチップ : 有
血液検査 : 異常なし

預かり場所  : 神奈川
経緯:アメリカ軍 軍医宅より、本国への転勤により飼育放棄
保護日:2017年6月23日
譲渡範囲:神奈川 東京(預かりが環境チェックにいける範囲)

性格:とっても大人しく、穏やかな性格で甘えん坊です。
ほかの犬ともフレンドリー、せみ取りが大好きで夏は蝉取りを楽しんでいました。
とっても頭がよく、人間の言うことを理解しています。
     
譲渡条件: 
☆大型犬飼育経験者(しつけをきちんとできるかた)
☆適切な温度での完全室内飼い(エアコン必須)
☆お留守番が少ないご家庭
☆今後起こるかもしれない、いかなる疾患にたいしても適切に対応して頂けるかた
☆1頭飼い(多頭飼いの場合は、相談受け付けます)
☆医療費一部負担


カレナは、アメリカのシェルターにいた子でした。

1歳半のときに元飼い主がシェルターから引き出し家族になりましたが

またもや飼い主に飼育放棄をされてしまいました。 

今度こそ、寂しい思いをしない

寄り添ってくださる家族にめぐり合わせてあげたい・・・

カレナの第3章犬生を家族として

いっぱいの愛で迎えに来てくださる方を

お待ちしております。

シニアですが、まだまだ元気です!

一緒に寝たり、TVをみたり、おしゃべりしたり・・・

人と寄り添うのが大好き! 

カフェでも静かに待っていられる本当に飼いやすくいい子です。 


o0960054014025625002.jpg

o0960054014025625005.jpg


里親さんのブログは こちら

ご興味を持たれた方、ご質問などは

もちろん直接里親さんに、でも良いですし

私のところにでも構いませんので、メールでご連絡ください。

保護わんこ問い合わせ







posted by 宮西 希 at 00:52| Comment(0) | 保護犬

2017年09月02日

日野さんの報道について思うこと


このところTVで、子どもたちのステージ発表の場で

Tpの日野さんがドラムの子を叱ったことが話題になっています。

と書くと「叱った?あれは暴力でしょ!」

というご意見もあるかもしれません。


私は、音楽をセッションする場において大事なのは

もちろん個人の技術もさることながら

周りに対してのリスペクトと協調性だと思っています。

プロとしてではなくとも、舞台に立ったことのある人間なら

多分おわかり頂けると思うのですが

一人が暴走することで、舞台の全てが壊されちゃう。


セッションって、自由に見えると思うけれど

きちんとルールがあって、マナーを守ってやっているもの。

それをわかっている人なら、暴走はしないと思うし

わかっている人しか、舞台ではやっていけないんじゃないかなぁ。


ステージって、演奏している人たちだけじゃなくて

ステージを作ってくれているスタッフさんも含めて

音響さんや照明さん、大道具さんや

運営してくれている方、受付してくれている方

みんなが力を貸してくれているからこそ、できるもの。


本番での暴走は、こういう方々全員へも

がっかりさせるものですよね。


教育の場でもあった、今回のステージで

たくさんの方が見ている前で、スティック取り上げて

手を挙げたという出来事。

確かに、シチュエーションは悪すぎですけど

特に、大きな音のする楽器は

「自分よがり」が効いちゃうんであせあせ(飛び散る汗)


箏なんて、暴走したくたって

音小さいから、無理だし(笑)


でも、本当に相手を尊重し

一緒に大切に音楽を作ろうと思っている本物のミュージシャンは

音の小さな楽器に対しても、きちんと場を作ってくれます。


その昔、まだデビューしたての頃

BEGINのお3人、ギターの押尾コータローさんたちと

ご一緒させていただいた時のこと。

箏で私がどういうことができるかご存じなかったので

「箏でアドリブソロは難しいかな?」

「メロディーそのもの、弾いてくれるだけでもいいよ?」

と心配してくださっていました。

さらに、歌の方が音がちょっと合わない、とのことで

急遽Keyが変更になり

「箏、大丈夫なの?」と

皆さん私を、とてもとても心配してくださり。


しかも皆さんのギターはラインでとっているのですが

私はマイクでしか、音はとれず

これはちょっと私の音量は厳しいなとは思っていたんです。



まぁでも仕方ない

諸先輩方とのステージだし

そこに一緒に存在できていれば十分!

と思っていたのですが

本番で私のソロの時になったら

急に皆さん、スーッと音量を、小さく小さ〜くしてくださって!


音響さんも当然、私の方を上げてくださっていたと思うんですが

ステージ上で演奏している皆さんが

本当に全部、私に譲ってくださったんですよね。

弾きながら、本当に嬉しかったし感激しました。

これが、本物のミュージシャンだよなぁって。



いろいろな場面で、音の大きさで負かされて

なんか箏って存在感、ない?というシーンは

それまでたくさんあったので

本物のミュージシャンたちは

どんな相手も、きちんと尊重して、合わせて

「舞台を生かす」ということを大事にする

ということを、実感した出来事でした。


今回のドラムの中学生

きっと、自分の演奏に自信がある子だと思う。

それを、あれだけステージにぶつけられて

スティック取り上げられても素手で叩くなんて

本当にガッツのある子だと思います。

うまく伸ばせば、すごいドラマーになるんじゃないかな?

こんなことで話題になっちゃって

ちょっと傷ついているだろうけど、それは自業自得ってきっとわかっている。

舞台は一人のものじゃないって、ものすごく叩き込まれたと思う。

きっと将来、箏みたいな楽器に対しても

ちゃんと譲ってくれるようなミュージシャンになれるよう

日野さんは叩き込んだんだと思う。


こんな報道に負けないで

がんばって実力伸ばしてほしいなぁって思います。










posted by 宮西 希 at 17:10| Comment(0) | 希の考察