2019年07月20日

保護犬くろすけ1


昨日、北九州の保健所の中から1頭のワンコをレスキュー

飛行機で送って頂いて、無事に我が家に預かることができました。


本当は昔から、保健所からレスキューした犬を預かって

里親さんを探すお手伝いは

ずっとしたいと思っていました。

が、トコは大病を抱えていたため

月に数万円、時には十数万の医療費と

たくさんの世話が必要で

特に亡くなる前は、完全に介護生活になり

なかなか預かりはできず。


ルカが来て落ち着いた頃、だいたい1年もすれば

預かり開始できるかな?と思っていたら

なんと自分が妊娠・・・


今年、ようやく娘が幼稚園に行くようになり

やっと、預かりの活動をスタートできるなと判断

そんな時に、1年以上も保健所の檻の中の同じ場所に

朝も夜も、本当に同じ場所に

うずくまったまま動かないワンコを見つけました。

IMG_8254.jpg

IMG_8253.jpg


問い合わせて色々知れたのは

その地域では、持ち込み動物はすぐに「一般譲渡」対象となり

それなりに飼育されているのに

捕獲されて連れて来られたワンコは

決して一般譲渡対象にはならず、そのまま収容。

以前は、5日で殺処分。

地元のボランティアさんたちが、すごくすごく頑張って

すぐに殺されないようにはなったけれど

収容のキャパを超えれば、殺処分。

そうならなくても、一生、檻の中という運命。


今回の件で1番お世話になった北九州のボランティアMさんは

保健所とたくさんコミュニケーションを取り

引き出せる子を、なんとかして引き出して

キャパオーバーを防いで

このコたちの命を守って来ました。


今回、私が手を挙げたコは

とても大きい、という理由で

他の犬との相性がわからないからと

たった一人ぼっちで檻に入れられ

さらに、誰も檻に入って触ったり、人間に慣らすようなことを

一切して来なかった、とのこと。


どう考えても、寂しいとか悲しいとか

そんなのはとっくに通り越して

心が壊れちゃっていてもおかしくない、と思いました。


でも、ルカも保健所からレスキューされたワンコ。

やはり、野犬扱いだったので

(でもルカは、多分誰かに飼われていた過去があると思う)

怖がり方は普通じゃなかったし

なんとなく、このコは大丈夫ではないかな?と思い

本気で、うちで預かりをすることを検討開始。


すると、ガッツのあるMさんは

本来猫飼いの方なのに、おやつを持って檻の中に入り

このワンコに触ってみるというチャレンジをしてくれました。


私も、今まで保護犬活動としては

ルカの里親になって育てて来たことはあるけれど

他は、迷子犬の捜索や

里親探しのお手伝い、家庭訪問などくらい。

こんな遠くから引き取るのは、やり方も色々わからず

北九州の方々も、私がどんな人でどんな環境かを直接調査できないので

東京の保護活動なさっているボランティアさんに依頼。


保健所では、外に出るために

ワンコに去勢手術をしたり、丸刈りにしたり。

本当に数々のいろいろなことが

全部うまく回って、今回うちにやって来ました。


IMG_8544.jpg

貨物として飛行機に乗って、羽田空港に到着。

怖い思いをたくさんしたはず(涙)

クレートの中は、オシッコでビッショビショでした(泣)


IMG_8545.jpg

クレートには、ワンコと一緒に

北九州の方々のたくさんの思いも詰まっていました。



東京のボランティア、Oさんが立ち会ってくださって

さらに心配して下さってうちまでまた来てくださいました。


IMG_8551.jpg

我が家に到着後、まずは外にルカを連れて来ました。

初めてのご挨拶は、ルカのテリトリーの外でした方が良い、と

東京のOさんにアドバイス頂き

外で初対面のご挨拶。


クレートの中で、体も濡れてしまっていたので

うちに来てすぐ、そのままお風呂場へ直行。

やっと出て来たけれど、やはり保健所にいた時のように

隅っこで固まってしまう。。。

IMG_8559.jpg

もう、絶望と不安しかないこの姿に

涙が出て来ました。

この先、自分に起こることへの恐怖で

目をギュッと閉じて、「来ないで!」と。

こんなにも絶望を感じている生き物を

目の前で見るのは初めてで

とにかくその不安を取り除いて抱きしめてあげたい気持ちでしたが

人間の手すら怖いくろすけは

シャワーにも当然、逃げ惑う。


最悪、噛まれても引っかかれても仕方ない、と

なんとかおしっこで濡れた体を洗い終え

信じられないほど硬くなった体を拭いて

室内ゲージに入れてからは

怖くて怖くて仕方のない様子ではありましたが

次第に落ち着きました。


まだ触っちゃダメよ!

出てくるまで待っていてあげよう!

という私の声に従って

ルカと娘が、外から一生懸命覗いています。


いつもは頭を隅っこに押し付け、お尻しか見せていなかったのに

初日から、頭はドアの方に。

でもこれは、出口が空いたらすぐ逃げたい!という

気持ちの表れかも・・・(泣)


IMG_8568.jpg

IMG_8570.jpg

IMG_8575.jpg

ルカもずーっと、待っています。

IMG_8578.jpg

ちょっと待ちくたびれて・・・


IMG_8581.jpg

娘も、早くなでなでしたい気持ちを抑え

今日は外から眺めるだけ。


こんな風に、1日目の夜は更けていきました。


これから「くろすけ」がどう変化、成長するのか

とっても楽しみです。

このブログや、FBページなどでも

日々の様子は更新して行きます。


くろすけが笑えるようになったら

本格的に里親さんを探して行きたいと思っています。

それまでどうぞ、一緒に見守っていてください揺れるハート




*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。


posted by 宮西 希 at 23:56| Comment(0) | 保護犬くろすけ

2019年07月19日

飛行機でやってくるワンコ


5E9DA305-76DF-43E1-8DA7-FF3ECBB94853.jpg

新しいゲージが来た。

サマーカットして誰だか分からなくなったルカが当然のように座る。

私「ルーちゃんのじゃないんだよ!」

B93AC2BE-1D19-4FD7-B733-1018973E8F23.jpg

ルカ「あ、すんません!」

え?じゃあだれの⁇



今はただ、とにかく無事に来てくれることを祈っています。

一年以上も檻の中で、朝も昼も夜も同じ場所に

うずくまって動かなかったコ。

娘が幼稚園に行くようになって少しだけ時間ができたから

やっと預かりスタートしようと思ってはいたのだけど

ちょっと遠い北九州のコなのに

思わず手を挙げてしまった。

だって、私が大好きな大型犬MIXは

全国的にも引き取りが少ない。

このコも(そして他のコたちも…)キャパオーバーになれば殺処分

そうでなくても声がかからない限り一生檻の中。

地元のボランティアさんたちは

出せるコたちから必死で引き出し続けてくれている。

なのに、捕獲は仕方ないとしても

持ち込む人達が後を絶たないちっ(怒った顔)


遠くから、個人で手を挙げた私に

北九州だけでなく東京のボランティアの方も手を貸してくれ

みんなの力と強い思いで、このコを我が家まで連れてくる!


うちに来て、ゆっくりリハビリしよう!

ルカも娘も、海も山も風も

みんなキミの癒しになるはず。

キミの止まった時間が動き出せるようになるまで

ゆっくりずっと見守るから。

本当の家族に会えるまで、最大限手を貸すよ!


明日、くろすけはANAの飛行機でやってくる。

(写真や動画で見る限り顔が真っ黒だから

 我が家では仮で「くろすけ」と呼んでいる)


飛行機は音も振動も大きいから

怖い思いさせてしまうだろうと思うと

本当に胸が痛むけど

なるべくそっと飛んで上手に着陸してね!

ANAの方々よろしくお願いします!






タグ:保護犬
posted by 宮西 希 at 01:33| Comment(0) | 保護犬

2019年06月18日

レコーディング


DSC04482.jpg

ついにレコーディング終了!

この数年、いろいろなことがあって

やっと次の作品が出せるということに

喜びというよりも、本当に感謝の念しかありません。

まず、GOサインを出して下さった事務所の社長に。

そして、ずっと親身になって相談に乗って頂いた上

実際に音も録って下さったディレクター&エンジニアの昼田さんに。


何より私の音楽を、一緒になって心を込めて

作って下さったミュージシャンの皆さまに。

まさに、日本の一流中の一流

ほんっとうに贅沢なメンバーに囲まれての録音でした。

(まだお名前は公表できないけど・・・)


みんな優しすぎて、うますぎて、あったかすぎて

何度涙が出たか。


いわゆるスタジオミュージシャンとしての

その日だけの録音のお仕事、では決してなく

作品を、さらに良い方向へ向かうにはどうしたら良いか

一緒になって考え、何度も試し

信じられないスーパープレイを決めてくれ

アドバイスをくださったり

褒めてくださったり

私の意向を一生懸命汲んでくれ

疲れたでしょう、と心配しねぎらってくれて

私がゴールまで走り切れるように

ずっとそばで支えてくれていました。


スタジオの仕事って、ミュージシャンとして本来は

自分のプレイが良いものが録れれば

それで十分なもののはずなのに

もうすでにこんなにすごいプレイを頂いているのに

さらにこうしてみよう!とか

こっちの方がいいかも!とか

楽曲に愛情を持って接してくれて

本当にありがたかった。

どうして、こんなにも愛情深い方々ばかりに

集まっていただけたのかと思うほど

本当に贅沢な、私にとって一生忘れたくない時間になりました。


そして考えてみたら、もうデビューから17年も経つわけで

またこの立ち位置にいさせて頂けていることを

本当にありがたく嬉しく感謝したレコーディングでした。



最終日の昨日は、朝までかかって帰宅は今朝の6時半

それからお弁当作って娘を幼稚園に送り出し

さらに生協来るまで待ってから就寝。

ところがテンション高くって3時間も眠れず

起きてからも昨日までに録っていた音が耳から離れないから

夜になっても全然疲れを感じない。

というか、今夜も眠れなそう。

実はものすごく解放された気分で

今から一人で飲んじゃいたいくらいです。


写真は、エンジニア出身のディレクター昼田さん。

エンジニア出身だから、両方ともできてしまうのです!

それってさらっと言われるとわからないけど

本当にすごいこと!

これからTDが楽しみです!

DSC04373.jpg


作品に関しては

音楽は配信がメインとなっている昨今

これからどう、皆様の元へ音楽を届けていくのが1番良いのか

本当に色々、アドバイスをいただきながら長いこと考えました。

とりあえず、この作品はもう少ししたら

いろいろな情報が出せるようになると思います。



たくさんの意見を聞き、世の中を見て考えて

1つ確信を持って言えるのは

「生音(この場合録音物ではないという意味)でライブパフォーマンスできることが

ミュージシャンの中で1番、強いこと」だと思っています。

デジタルが悪いとはちっとも思わないし

私もPCで打ち込みとかするので

PCを楽器として使う、という面白さも感じている方です。


でも例えば、声質さえ録音をしてしまえば

何度もPCで加工して音程もリズムも作り上げて曲になっちゃうという方法は

商用音源であって、音楽ではないと思っています。

つまり、生でパフォーマンスできない人は

ミュージシャンではないと私は思っています。

今、日本でビジネス的に上位に行っているのは

そういうものが多い。

つまり、この世の中では

音楽ではないものを、音楽として聞かされているって思います。



やはり、音楽は生き物で

その場、そのメンバー、お客様によっても

天気によっても、その日の奏者の気分によっても

表情も変えるものだし、テンポだって変わる。

その変化を楽しんで頂くことが

そのミュージシャンを生で聴ける同じ時代に生きている証しだと思うんです。


私の音楽を聴いてくださる方には

今しかできない、その時間を共有することを

どうか楽しんで欲しい。

それが、私の願いです。


でも、そんな毎日コンサートしているわけでもないし

家でゆっくり聴きたい

お気に入りの楽曲があるから何度も聴きたい

一緒に聴かせたい人がいる

そういう方に、私のCDは聴いていただきたいです。


私のCDは、ちゃんと音楽が入っています。

ミュージシャンが愛情を込めて出した1粒1粒の音が

その場の空気と一緒に振動して、たくさんの音と交わった瞬間の音と

その音たちに愛情をたくさん注いて

音楽に仕立ててくれたミュージシャンたちの想いが

そのままが録音されています。

昨日までのレコーディングで、本当にそれを確信しました。

私の今までのやり方は間違っていないと思うし

これからも、たくさんの周りの方々に助けて頂きながら

自分が思う音楽を、発信し続けていきたいです。



そうだ。

もう1つ感謝しなきゃ。

きっと最終日は帰宅は深夜になるだろうから、と

(よくわかってくれている。結局朝帰りだったけど)

仕事の休みを取って家のこと、娘とルカの面倒を見ていてくれた夫にも。



レコーディング、お疲れ!の図

DSC04484.jpg





posted by 宮西 希 at 22:39| Comment(0) | 仕事

2019年05月20日

初舞台

IMG_8132.jpg

私は3歳の時に、初舞台を踏みました。

今年3歳の娘も、この週末に初舞台を踏みました。

伝統芸能の世界で「3歳で初舞台」は

珍しいことではないのですが

私が3歳半だったのに対して

娘はまだ3歳と1ヶ月。

この年頃の子どもにとって、1ヶ月の成長の違いはとても大きく

ちょうど1年前に、この舞台に立つと決めた頃は

まだ、歌は歌えても

楽器なんて両手でバンバン叩くくらいしかできなかったので

正直、難しいかなぁ〜

失敗して嫌な思いする方がかわいそうだし

無理だったら4歳にするか・・・

と考えていました。


当日は、演目が始まる直前に舞台袖で椅子に座らせると

案の定「うたた寝」を始めました。(笑)

これは「子どもの舞台あるある」の1つで

あぁやっぱり (^_^;) とほっぺをペタペタして起こし

お茶を飲ませて、舞台へ。


(ちなみにもう1つのあるあるは

 本番直前に「おしっこー!」です 笑

 それで舞台も客席もみ〜んなで待ったことがあります(^.^) )


いざ始まると、ノーミスで弾ききって

あとで「(客席に)ジージとバーバがいたよ〜!」と言うほど

客席を見る余裕もあったようです。

私もそうなのですが

まだ、人前に立つとか、舞台に立つということを

怖いと思わないうちに

ステージの楽しさを知ってしまうことは

後々、強みになるかなと思います。


次の日になって、初舞台の感想を聞いたら

「嬉しかった!」「おもしろかった!」と。

普段、自分の映っている動画を何度も繰り返しみているのですが

初舞台の動画は繰り返さず

以前に「次はこれ弾く?」と言っていた曲を

歌い始めています。

お!意外と過去は振り返らないオンナだ!

どこまで続くかな?





posted by 宮西 希 at 20:44| Comment(0) | 仕事

2019年04月22日

春になって


今年の春、3歳になったばかりの娘が

幼稚園に入園しました。

56527876_2784083538300628_6027560985856835584_n.jpg

早生まれの彼女

この歳で周りの子達と1年違う(すでに4歳になっている子もいる)となると

体格的には、非常に差を感じますが

精神的には、かなり上をいっているらしく

幼稚園から帰宅して

「ピンクの服着ていた女の子、今日もずーっと泣いてたよ。

なんでだろうね?」

と話す余裕っぷり。

0歳児の時から、私に置いていかれ

あちこちに預けられ、結構鍛えられたのかな。


私が選んだ幼稚園は

保護者の活動がほとんど一切ない幼稚園。

幼稚園に来たら、すべて幼稚園にお任せください!っていう園。

「入園式の後、役員決めで大変な思いをした」という話を

つい最近も聞いたばかりですが

そんなもの、ないんですぴかぴか(新しい)

ハロウィンの衣装ですら、幼稚園で貸してくれるそう。

そして、夜は8時まで延長保育してくれます。

働くママに助かる園。


入園するにあたって、準備するものがあるけれど

幼稚園から配られた「Mother to Mother」という活動のチラシに

(貧困で子どもを学校に行かせられないカンボジアのママたちが

 日本の幼稚園・学校などで使うための袋を手作りして

 日本のママがそれを買う、という相互支援活動)

いたく感激してしまい

裁縫する時間もあったのに、たくさん買ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)


そういうものなのかと思っていたら

入園式で周りを見ると、ほとんどの子たちは

みんな自分のママの手作りの上履き袋を持っていた・・・がく〜(落胆した顔)

娘は、自分の袋を気に入っているみたいだけど

私としては、ちょっとサボりすぎた感を思い切り感じたので

幼稚園のバックにつける目印のキーホルダーを

(まだ文字が読めないので、自分のカバンがわかるようにつける)

急遽、ルカをモデルに作ってみました。

これなら、売っていないし

片耳垂れているなんて、絶対うちのルカだってすぐわかるし。

57411785_2802602163115432_2810528784917200896_n-1.jpg

ただの、自己満足(笑)


そんな娘、私と同じ3歳で初舞台を踏むべく

今、張り切って練習しています。

幼稚園に行く前の、ほんの5分10分でも

弾いています。

そう!その「たった5分」が大切!

たった5分でも、毎日積み重ねるととても大きいのだ!

大人になると、5分しかないから〜とやらない人が多いけど

私も、そのたった5分の練習を大切にしています。

途中までになってもいいから、5分弾くるんるん


初舞台は、本人が「楽しかった〜グッド(上向き矢印)」と思ってくれれば大成功。

記念みたいなものだから

成功体験と達成感を感じてもらえたらいいなぁと思っています。


57111760_2793876060654709_8125399519199232_n.jpg







posted by 宮西 希 at 11:11| Comment(0) | プライベート