2020年03月07日

保護犬フクちゃん・その5


フクをうちで預かってから、2ヶ月半経ちました。

本当にゆっくりペースですが

徐々に、普通のわんこらしくなりつつあります。


写真をまだ撮れていないのですが

つっかけサンダルをボロボロにしてしまったので

おもちゃにあげてしまったのだけど

それを、ブンブン!ブンブン!!

振り回しては床に叩きつけ

一人でテンション上がってジャンプしたりしています(笑)



でもまだ、例えば「ゆったりと人間のそばで寝そべる」までは

行き着いていません。

怖くて縮こまってしまうので

IMG_1662.jpg

こ〜んなふうに抱っこして連れて行ったりもします。

大人しく抱っこされているから、まぁいいか!



ルカがやっているのを見ているので

ご飯の前には「おすわり」をするんだなぁ〜っていうことも

わかってきたみたいです。

怖がりながらも、座り始めました。

IMG_1769.jpg

しかも、ヨダレをポタッ…ポタッ…と垂らしながら

座っています(笑)


うちでは、どのワンコも

外から帰ってきたら必ずお風呂場直行なのですが

最初は怖くて逃げ回っていたお風呂も

怖いながらも、手足・お尻を洗うことは覚えてくれて

ビビって手もビクッとしながらですが

なんとか洗えています。


そして、初めてゆっくりブラッシングにもチャレンジ!

これもルカを日々見ているから

ブラシ自体は怖くないらしく

こちらが拍子抜けするくらい、大人しくやらせてくれました。


とはいえ、最初はちょっと怖くて

私の足の間に、顔を埋めています。

IMG_1741.jpg


そのうち慣れてきてカメラ目線。

IMG_1749.jpg


この角度から見ると、確かにテリア系なのだなぁと思います。

IMG_1754.jpg

テリアが入っているのは、確実です。

なぜなら、同時に保健所に入れられた兄弟が

完全にテリア顔だからぴかぴか(新しい)


ブラッシング終了で、記念写真るんるん

ふーちゃん、ちょっと迷惑そうですがあせあせ(飛び散る汗)

IMG_1761.jpg



病院にも連れて行ってみましたが

まだ、私が支えていても診察台から飛び降りようとするし

獣医さんにもお口が出そうになります。

場に慣れてもらうため、診察とは関係なく

何度か病院に行って、診察室に入って、帰ってくる

というのを繰り返す必要がありそうです。


ちなみに、うちに来たときはおそらく12kg台だったと思われる体重は

15.4kgにまで増えました。

来た時、ふーちゃんのお尻は

骨ぼねしかったためにとんがっていたのですが

だんだん丸くなって来ました。

お顔も優しく可愛くなって

お目目も三角だったのが

まんまるになって来ました。


病院に上手に行けるようになって

マイクロチップを装着完了できたら

里親募集、かけようと思っていますが

まだまだ、先かなぁ。。。



*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。








posted by 宮西 希 at 01:38| Comment(2) | 保護犬フクちゃん

2020年03月04日

配信


昨年10月に発売された

「じゃぱのおと〜舞ひらり〜」が配信されたのと同時に

japanote_jacket.jpg

なんと、私の今までのCDも

色々なところから配信されるようになりました!


もう、発売から随分と年月が経っているのにも関わらず

「もったいないよ!」「やろう!」と動き出してくださったのは

私をデビューさせてくれた上野Pの、昔いたレコード会社の社長の足立さん。

他にも様々な方々のお知恵やお力をお借りし

今回、実現の運びとなりました。


もちろん、CDではなく配信が主流になった頃から

私の今までのCDも配信できたら良かったのになぁと

思ってはいたし、当然希望してはいたのですが

正直、自分一人ではどう動けば良いのかわからなかったし

もう昔の作品だから無理だろうと思っていました。


それが、そうなったら良いのになぁ〜って話したら

あれよあれよとこの数カ月で実現してしまった。

本当に、動いてくださった皆々様には

感謝しかありません。ありがとうございましたぴかぴか(新しい)


結果的に

2ndアルバム「ちょっとひとりKOTO」

hitorikoto.jpg

3rdアルバム「Eternal feeling」

eternal.jpg

4thアルバム「ちょっとひとりKOTO2〜Love ballads〜」

H-1.jpg

が同時に配信開始。


5thアルバム「じゃぱねすけ」はもともと配信していたので

japanesuke.jpg

ほとんど全てのアルバムが、世界配信になりました。


これを機に、CDを手にされていない方々にも

私の音が届くといいなぁるんるん



なんども書いてしまうけど、これは全く私の力ではなくて

周りの方々がたくさん動いてくださったおかげです。

今になって過去のCDが配信されるなんて思ってもみなかった。

本当に恵まれていると思います。


時代が変わってCDがなくなっていっても

どこかに私の音が残っていてくれたらそれだけで幸せ。

でも私の手元には、もちろんCDは数枚ずつ残してあります。

私の孫やひ孫の代まで残るかな?

残っていたって聴ける手段はあるんだろうか?

でも、そもそも音は出た瞬間から消えてゆくもの。

だから聴けないっていうのもそれはそれでちょっとロマンチック揺れるハート









posted by 宮西 希 at 01:32| Comment(0) | 仕事

2020年02月16日

保護犬フクちゃんその4・少しずつの成長


うちに来てそろそろ2ヶ月。

ペースはすごーくゆっくりだけど

預かり保護のフクちゃんは確実に少しずつ成長しています。

お家の中ではこんなに落ち着いて座ることもできるようになってきました。

84D12925-4774-43D4-A1CB-232CE02BCBAD.jpg


リードやお散歩後のお風呂はまだ

ルカの助けがないとできないけれど

やっと家の外に出ることも出来るようになりました。

とはいえ、途中で固まってしまい半分は抱っこで連れて行く感じ。

D62D3FF7-A659-452C-A5BE-546208E608A9.jpg


ビーチでも、私の足の間なら

少しは安心するみたいです。

AD12C5B9-377B-4962-8482-FB09653287DA.jpg


855B9B58-EA12-40DA-AF9D-FFF3E746C289.jpg

この緊張ぶり!


お外では、ペットとしてヌクヌク楽しく生きているワンコたちとたくさん会って

「この世界、ホントなのか?」

「本当に人間を信じていいのか?」

と迷っている様子。


今までの恐怖心しかなかった世界からの脱出

早くできると良いけれど

それはフク本人(犬)の頑張りにかかっていると思う。

心が柔らかくなるのを待つしかありません。

どれだけ怖がるかというと

リードつけようとするだけで逃げ回りビビリうんぴーする程です。

ルカがびっくりする程上手にアシストしてくれるので

本当に助かっています。

CB08FB36-58F9-42C5-B2A6-8687A6EB6A7D.jpg

でもわりとかわいい顔しているでしょう?


そろそろ、動物病院に連れて行けるかな!

マイクロチップ入れて

お散歩を怖がらず行けるようになったら里親募集しようとは思うけれど

あと2〜3ヶ月はかかるかも。


体重は、抱っこして測ってみたら(やっとそれができるようになった)

14.5kgでした。

室内でも一緒に暮らしやすい大きさだと思います。

推しポイントは、何しろトイレが上手ぴかぴか(新しい)

野犬出身、子犬の頃から保健所の中にしかいなかったのに

最初からトイレシートにきちんとしてくれています。

この辺り、暮らしやすさとして高得点獲得でするんるん




*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。








posted by 宮西 希 at 22:04| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年02月08日

FM長崎


本当に嬉しい嬉しい番組出演!

かつて、年に何度も何度も通って

たくさんの番組に出演させて頂いたFM長崎のスタッフさんから

新譜リリースをとても喜んでくださって

番組出演のお話を頂きました。


実は長崎は、FMだけでなくNBC長崎さんも

一緒になって応援して頂いていた場所。

他局同士なのに、本来はあまりあり得ない話なのですが

キャンペーンで伺うと、長崎は2局とも

「次はNBCだよね!また夕方帰って来てね〜!」

「FMさん、お疲れ様でした!どうでした?」

って言って下さるのです。

私のコンサートでも、FMさんが後援のコンサートなのに

なんとNBCのアナウンサーがコンサートでウクレレを弾く!

なんてこともありました。


この2局があたたかい応援をしてくださったおかげで

長崎では本当にたくさんの方々に覚えていただき

コンサートも、何度もやらせていただきましたが

本当にたくさんの方々に聴いていただいていました。

だから私にとって、長崎はとっても思い入れのある土地。



昨年から、自分のことだけでなく

家族の闘病、仕事のことでもかなりの環境の変化と

自分のやりたい音楽活動をするための決断

そして今回、コロナウイルスまでうんと身近な話になり

しかも保護犬フクちゃんは、成長は間違いなくしているけれど、

こんなに懐かない子は初めてと言うほど、人間慣れしてくれていないし

とにかくてんやわんやの日々。


そんな中で、懐かしい方々からのあたたかいお声がけに

どれだけ励まされたことか・・・

本当に本当に、ありがとうございます!


コメント、というよりは1人しゃべりっていうくらい

長い時間を頂いてしまいました。

朝早い番組ですが

ラジコでも聴けるし

是非ぜひみなさま、お聴きになってくださいね!


2月9日(日)6:00〜7:00
FM長崎「日曜音楽館」






posted by 宮西 希 at 23:33| Comment(0) | テレビ・ラジオ

2020年01月20日

保護犬フクちゃんその3・卒ワンくろすけの里帰り


本当はまだまだ出来ないのはわかっているのに

相当な無理を強いて、外に連れ出し車に乗せ

実家に連れ帰ってから2週間。

フクちゃんはまだ、何もなしには体は触れません。


フクは、生後4〜5ヶ月の時に

兄弟犬と一緒に保健所に入った子で

つまり、彼の記憶の中に

太陽や土や風、木だったり鳥だったり自然のものはなく

ところどころハゲた緑色のコンクリートの床しか知らないのです。


人間は、毎日見てはいたけれど

周りのワンコから、怖いものだと教えられ

檻の中のわんこ全体で、怖がって震えていたので

相当な警戒心と、恐怖を身にまとっています。


うちでは、何かの音がするたびに

飛び上がってビビっています。

やっと、キッチン周りの音には驚かなくなってきました。

ルカのおかげでだんだん犬同士の関係性は良くなり

怖いことがあってもルカの隣なら大丈夫なようです。

IMG_1130.jpg


フクは、真っ黒のわんこですが

実はテリアが入っています。

兄弟わんこはもっと顔がテリアです。

だから、見て!この長い脚!

IMG_1191.jpg

今はまだ、痩せっぽっちで自信もないけれど

今に、世の中には楽しいことがたくさんあるってわかって

笑えるようになったら

きっと、とってもかっこいいわんこになると思いますグッド(上向き矢印)


食べ物への興味は、だんだん出てきたようで

我が家のワンコの例に漏れず

牛乳大好き揺れるハートになりまして

みんなで牛乳を飲む時に、私は歌を歌うんですが

こんなにビビリで、人を避けて早足で飛ぶように走るのに

もうこの歌が聞こえると、やってくるようになりました。

IMG_1222.jpg



そして!

昨日はなんと、卒ワンのこのお方が我が家に!

IMG_1242.jpg

どなただか、わかりますよねexclamation&question

くろすけ〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

なんってゴージャスな、可愛いワンコになったの揺れるハート

飼い主さんの溢れる愛情のおかげで

こんなに幸せなお顔のわんこになったのですexclamation×2


社会性ゼロのフクちゃんがフーフー言いながら歯を見せて

唸って唸って、ものすごい形相していても

くろすけは、ユッサユッサとふわふわの尻尾を振り

「君、怖いんだね、大丈夫だよ」と、穏やかにニコニコ

紳士というか、本物のセレブな対応ですぴかぴか(新しい)


ただ、心配していたのが

くろすけの居場所と、フクちゃんの居場所が

実は、被っていて…あせあせ(飛び散る汗)

でもやはり、そこはくろすけが

ゆったりと当たり前のように座ったので

フクは文句も言えないみたいでした。

IMG_1239.jpg


くろすけとルカは、ふたりでいたときはルカの方が強かったのに

この日は、まるでふたりで相談してフクちゃんへ対応していたみたい。

IMG_1248.jpg

もうすっかり余裕のあるくろすけの行動に

安心し、頼もしく思い、目を細めていた1日でした。



*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。







posted by 宮西 希 at 00:04| Comment(0) | 保護犬フクちゃん