2018年02月24日

シンメルがやってきた!


子どもの頃、あなたには箏があるでしょう?と

なかなか買ってもらえなかったピアノ。

小学校4年生の時、近所の方が海外に転勤するので

置いていくというピアノを、両親に安く買ってもらった。


もうすでに、小学校3年生で

学校の音楽会のクラス伴奏をしていたので

本気でピアノを習いたかった。

というのも、私は楽譜を読まずに

音だけ聞いて、自分でピアノの伴奏を作って

クラスのみんなが歌う歌を、伴奏していた。

今思えば、担任の先生は、よく私に伴奏を任せたなぁと思う。

ピアノを習っている子は、たくさんいたのに。


最初は、ピアノを習っている子が教室のオルガンで弾くピアノ曲を

耳で覚え、真似して弾いていた。

そのうち、耳で覚えている流行りの曲や合唱曲を

自分勝手に弾くようになっていった。

何しろ自己流で弾いていたから

もっと弾きたい音があるのに、手にはその技術がなくて

だから私が「ピアノ習いたい!」というのは本気だった。


最初についた先生は、いわゆるピアノの先生。

楽譜を読むのが面倒で

先生が1度見本で弾いたのを耳で覚え、さらに勝手に伴奏をつけてしまい

つまり、教本通りに弾かない私を

怒るどころか

「自分の手にはおえない。作曲専門の先生につけるべきだ」

と、母親に言ってくださったらしい。


2番目についた先生は、作曲家の先生。

当然、クラシックピアノの基礎は教えてもらえるし

私が作った曲を持っていくと

音楽理論を含めて、ちゃんと見てくれる。

さらには発表会で、1曲はちゃんとピアノ曲を弾くけれど

もう1曲流行りの曲などを、私のアレンジで妹と連弾、など

私の作曲力を伸ばすべく、たくさんのことを教えてくださった。


その頃弾いていたピアノは

日本で多く出回っているピアノ。

他のに比べると、うちのピアノはだいぶ鍵盤が重い。

だからなのか、箏をずーっとサボっていても

ピアノを弾くことで、指の筋力?がキープできていたようで

箏も苦労しないですぐに弾けていた。


その頃、とても欲しいピアノがあった。

祖母の家にあった、象牙の鍵盤を持つピアノ。

はっきり言ってチューニングがめちゃくちゃだったけど

音がクリアなのに柔らかさがあって、伸びもあって好きだった。

私が音楽家を目指す、と言い出した頃

祖母が「本当に音楽家になったら、このピアノをあげるよ」

と言ってくれたが

いろいろなことがあって、それは叶わなかった。


実家に住まなくなってから

夜中に音を出したいこともあり

もっぱらキーボードになった。

それでも、普通のキーボードよりかなり値段が張る

ピアノタッチの鍵盤を、こだわって使い続けた。


ここ数年

「もう1度きちんと、クラシックピアノの教本を基礎からおさらいしたい」

と思っていた。

去年行ったドイツの親友のおうちで弾いたピアノが

とてもとてもまろやかな、良い音を出していて

それがシンメルだった。

ピアノと言えば、スタインウェイが1番と言われているけれど

初めて弾いたシンメルに、すごく惹かれ

日本に帰国してから、ずっと探していた。


輸入ピアノは、インテリアとして飾るために買う方もいる。

私は、そうではない、きちんと音楽が奏でられる

メンテナンスをきちんとしてある、状態の良いピアノを探していたけれど

納得のいくピアノを探せる自信もなく

ドイツで買って、日本に送ることも一瞬考えた。


たまたま、今の事務所のそばに

輸入ピアノを扱っているお店があって

ミーティングに行った際、たまたま時間が30分できたので

ちら〜っと覗きに行った。


ら。

いたのだ。


3回通った。

1度目に弾いた時は、音が固い印象だった。

もちろん、日本についてまだそれほど経っていなかったので

空気に馴染んでいないのもあったけれど

ピアノ自身も緊張していたのと

私に対しての警戒心があったように思う。

2度目に行った時、ピアノも少し、私に心を許してくれはじめ

前より歌い出した。

3度目は、1度目とはまるで違い

生き生きとしていた。


今日、私のおうちにトラックでやってきたシンメル。

トラック移動で、ずいぶん状態は良くないかと思いきや

まぁ〜〜〜鳴る!鳴る!

マンションなので、壁がコンクリートということもあるけれど

本当にものすごくワンワン歌うし

それでいて音色はとてもまろやか!


私もやっと、やっと手に入れた自分のピアノが嬉しくて

本当はやらなきゃいけないことがいろいろあるのに

1日中、ずっとピアノを弾いていた。


そして、夜になると

シンメルの特徴であるランプが

ますます良い雰囲気を醸し出す!

うちは基本的に間接照明なので

このシンメルのランプは、とっても良い感じになる。


IMG_1311 (1).jpg

本当はお祝いに飲みたかったけど

それは明日におあずけ。

眺めているだけで、ワイン1本

軽く空けちゃいそう。

でもきっと、飲んじゃったら朝まで弾くだろう。


あまりに興奮し、このところ10時には娘と寝ているのに

こんな時間に、ブログを書いている(笑)




posted by 宮西 希 at 02:28| Comment(0) | プライベート

2018年02月13日

時間の使い方


もうすぐ、大事なライブが控えているのですが

娘が来てから、自分の弾きたいときに

弾きたいだけ弾く、ということは当然のことながらできません。

できたとしても、本当にお昼寝している1時間半〜2時間。


他にも、娘がいては危ない家事も

この時間に済ませておきたいし。


そうなってから

今までより、短時間で集中しての練習が

逆に出来るようになった気がします。


だってステージって1発勝負だし

普段からそういう風に弾いていればいいんだわ!って

精神的な訓練にもなっている感じ。


そして、腕の疲労が減ったと思う!

今は「抱っこ」で腕や首、肩、腰に負担が来る時期。

そこに練習なんて、本当に腕を痛めちゃうので

抱っこもなるべく少なく、とか

抱っこする時は座って、とか

腕に負担のないようにしているし

もちろん3週に1度のペースで整骨院に通って

体のメンテナンスは欠かしてはいないけれど

「練習時間って、短い方が色々いいことあるんじゃん!」

なんて、自分に良いように解釈し

納得させています(笑)


実際に私は「練習大好き人間」だし

もっと弾いていたいのは山々!

でも、それができない!というじれったさ。

子どもを持つと、こんなところでも、精神的に鍛錬されるのね。


大体からして、こんな朝早くにブログを書くなんて

今までなかったしあせあせ(飛び散る汗)

昔は朝方、5時とかに寝ていたけど

真逆の生活になっています。


子どもなんていたら、音楽活動なんて絶対できない!

と思っていたけど

意外と、なんとかなっちゃうもんだ。


IMG_1214.jpg














posted by 宮西 希 at 07:44| Comment(0) | 希の考察

2018年01月27日

黒ラブMIX里親募集中


私も関わっている黒ラブMIXのカレナちゃん

去年の夏におうちがなくなってしまってから

もう半年もの時間が経ってしまいました。

1193615_th320.jpeg

問い合わせは何件もあるのですが

条件的になかなかうまく合わず、今に至ります。

正直、写真より実物の方が可愛いです!

私の娘とも、とても上手にフレンドリーに接してくれる

優しい女の子。

大型犬ですが、穏やかで本当にかわいい良い子です。

おとなしく、カフェなどへ連れて行っても静かに待っていられるので

飼いやすいし、一緒に楽しめるシーンが多いと思います。


1度目はアメリカのシェルターに入れられ

2度目は本国に帰るからと、米軍関係の飼い主に日本に置いていかれました。

人間の勝手によって、振り回されているカレナの犬生。

今度こそ、ずっとそばで寄り添ってくれるご家族を

何としてでも見つけてあげたいと思っています。


ご興味のある方、こちらまでメールをください。


また、もっと詳しいプロフィールが載っていますので

よかったらご覧ください。



ペットのおうち





posted by 宮西 希 at 17:45| Comment(0) | 保護犬

2018年01月05日

謹賀新年


IMG_0906.jpg

2018年、あけましておめでとうございます。

お正月、私の住んでいる地域はとっても穏やかなお天気で

本来なら箏奏者はお正月は演奏の機会が多かったり

私も番組に出演させて頂いたりが多かったのですが

今年の私はのんびりと過ごしました。

IMG_0951.jpg


IMG_0880.jpg

IMG_0879.jpg

近所の神社に初詣。

毎年すごく混むのですが、今年も1日はすごい人だったので

2日に参拝。

ずーっと雅楽の「越天楽」がかかっていて

それがうちまで聞こえてくるのですが

なんで、同じ曲のリピートを

十何時間も、4日間も、続けるんだろ?

もっと、他の曲もかければいいのに〜

と、毎年気になって仕方ありませんあせあせ(飛び散る汗)

IMG_0908.jpg

IMG_0884.jpg

今年は戌年で、会うたびにみんなに

「いいねぇ〜!君の年だよ!!」と言われますが

何がいいんだか、わからないルカでするんるん

でもお正月は、美味しいものを

たくさん食べられるから、うれしいねぴかぴか(新しい)

うちは、いつでも美味しいものは

ワンコも含めて家族みんなでいただきまするんるん



今年も、み〜んなHAPPYに

穏やかに過ごせますように。

音楽活動も、徐々に増やしていけたらと願っています。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。








posted by 宮西 希 at 17:41| Comment(0) | 希の考察

2017年12月29日

2017年を振り返る

IMG_0833.jpg

この1年は、今まで生きてきて1番

表で箏を弾かなかった1年でした。

音楽を仕事にしているミュージシャンはみんなそうだと思いますが

弾く時間=自信となって

ステージもきちんとできるのだと思います。

それが、できなかった1年でした。


子育てをしている間は、フリーランスの私はとても厳しい立場で

特に年度末生まれの子どもなので、保育園はまず無理です。

(次年度4月入園のための申し込みが11月のため

 11月以降月に生まれた子は、まず入れないんです。)

それでも、子育て支援センターにも定員オーバーで預けられないことが多いので

ファミサポさんを3人も充てがって頂いたり

子連れでミーティングに来ていいよ!とおっしゃって下さるお仕事関係の方がいたり

そんな周りの方々のおかげで

なんとか、この1年で、少しは動ける体制を作ってこれました。


そして、実は

今年から新しい事務所に所属しました。

以前に一緒にお仕事を何度もさせていただいた

ソプラノ歌手の故 中島啓江さんのいらした事務所です。


本当のこというと

妊娠がわかった時点で、当時のマネージャーさんというか

エージェントには辞められてしまい

出産前に大きなお腹を隠して行ったライブも

ほぼ自力でやりました。


出産後2ヶ月も経たずに頂いた

G7での演奏という大きなお仕事も

今までの繋がりのある周りの方々の温かいご協力のもと

実は、マネージャーなしで動いていました。


もちろん、産後復帰ライブも

全て自力で行いました。


やはり「子どもを産むと仕事しづらい世界」に

何十年もかけてきた自分の腕が、負けてしまわないよう

自分の音楽が、潰されてしまわないよう

しっかり前を見続けることは

精神的にとても難しいことでした。


そして、女性ならきっとお分かりだと思うのですが

子どもを産んでみて、自分の世界がガラリと変わった時

「自分」を評価されることより

絶対的に自分を必要としてくれる存在を大切にすることの方が

命を守る上で、どうやっても大事だなぁと

思うものなのです。


さらに言えば、仕事やお金のことを考えずに

子育てをできる環境というのが

子どもを産んだ後の女性にとっては、やはり1番幸せな時間なんです。


私の周りのミュージシャンが、やはり産後に

「もう、音楽はいいかなぁ・・・」

とつぶやいたのを

何度か聞いてきましたが

「10年後、20年後を考えてみて!もったいないよ!」

「今は子どもといるのが幸せな時間だけど、そのうち手が離れていくよ!

そしたら自分、なにするの?さみしくない?」

と言い続けてきた私は

もちろん、自分にもそう言い聞かせてきました。

娘は特に、私に似たのか気が強く、すでに自立心旺盛なので

きっとサッサと自分の世界を作っていくだろうと感じます。


でも、動ける体制がなければ

ミュージシャンが表立って活動することはなかなか叶いません。

ありがたいことに、私はまた新しく

サポートをしてくれるスタッフさんたちに囲まれることができました。

新しい事務所の方々以外にも

マネージャーなしで活動していた時期には

本当にたくさん助けていただき、手を差し伸べていただきました。

そういう方々のおかげで

またこれから、活動ができそうです。


来年から、少しずつ動き出します!

現在、月1ペースでミーティングを重ねています。

今までのように、日帰りで長崎、とか

そんな無謀なことはできないけれどあせあせ(飛び散る汗)

今までの何十年もの積み重ねは

たった1年ちょっとでダメにはなっていないと思っています。


やることがたくさんたくさんあって

1日も本当にあっという間!

夜の10時にはとっくに就寝している、という

今まででは考えられない生活で

(だって夜の11時に夜ごはん食べるのも、おかしいことではなかった)

今も、娘の昼寝の間に練習時間を取ろうと努力しても

1曲弾きだした途端、起きてしまったりバッド(下向き矢印)


そんな中で、どうやって音楽の時間を増やしていくか

本当に苦悩しています。


だけど、こうやって子どものことだけになりがちな時期なのに

やりたい!と思うことがあるのは

そしてそれを応援してくれる周りの環境があるということは

女性として、とても幸せなことだと思うので

スローペースになっても焦らず

ちゃんと1つ1つ、音を大切に大切に

紡いでいきたいと思っています。


今年1年も、本当にありがとうございました。

来年から、またあちこちで皆様とお会いして

音をお届けできることを

楽しみにしています!



posted by 宮西 希 at 18:13| Comment(0) | 希の考察