2020年07月04日

Sunny(フクちゃん)迷子になってしまいました


つらいお知らせが入りました。


ふくちゃんポスター.png


昨日、フクちゃん(現在Sunny)が逃走してしまった、と連絡を受けました。

居ても立っても居られなくなり

午前中で幼稚園から帰ってきた娘にとりあえずお昼を食べさせてから

急遽河口湖まで車を走らせました。

もちろんルカを連れて!


大雨の中、逃走時に目撃のあった場所から

日没までに歩ける範囲で大声で「フクちゃーん!」と呼びながら歩きましたが

会えませんでした。

娘もルカも、ビショビショ泥だらけになりながら頑張ってくれたのだけど…


普段娘が寝る時間になってからやっと

車の中でSAに辛うじて残っていたカツサンドを3にんで分けて食べました。

そのあと娘とルカをギューっと抱きしめながら

「今日は本当にごめんね、ありがとう」と言うと

ふたりともじーっと動かず、私にギューっとくっついてきました。

娘もですが、ルカも間違いなく、心を痛めてる。

「こんな雨の中、フクちゃん一人でかわいそう」

「フクちゃん、どこに行っちゃったんだろう」

大変だったね〜ではなく、フクちゃんの心配の方が先に出る。

娘は車の中で寝てしまい、ルカは帰宅後11時前からお風呂に。

ドライヤーまですると日付は変わってしまったけれど

ルカだって本当にお疲れ様。


フクちゃんは、河口湖から走り出しています。

以前捜索したワンコは一晩で10km移動していました。

#富士河口湖町、#富士吉田市、#御殿場市、#甲府市、#笛吹市

#都留市、#大月市 周辺の皆様

そこにお友達やお知り合いのいる皆様

ご協力いただけますでしょうか?


全国のセブンイレブンで、迷子チラシがプリントできます。
予約番号:28165335
A4カラー60円

これを実際に貼って頂いたり、下のPDFを拡散いただけないでしょうか?

もしもフクちゃんを見かけた場合、追ってしまうとますます逃げます。

追わずに目撃情報を、お電話でいただけますと幸いです。


この記事も、#拡散希望 です。

どうか、よろしくお願いいたします。



posted by 宮西 希 at 12:44| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年07月02日

Minnie Ripertonの「Lovin' you」を KOTO っちゃいました


本当にね、もういつ撮ったんだ?

と自分でも突っ込む程、遅〜いアップ。

だって長袖着てるもんねあせあせ(飛び散る汗)

すみません〜いろいろあるのよ〜たらーっ(汗)

Minnie Ripertonの「Lovin' you」を KOTO っちゃいました

〜Kotist(箏)宮西 希がおうちでことっちゃうシリーズ〜

ぜひ、聴いてみてくださいね!




まだ素材はあるの。今度アップできるのはいつかな?

YouTubeのチャンネル登録も

どうぞよろしくお願いいたしまするんるん






posted by 宮西 希 at 00:09| Comment(0) | 仕事

2020年06月25日

幸せ報告・くろすけ


Sunnyという新しいお名前をもらったフクちゃんが

先日、無事にトライアル期間を終えて

正式譲渡になりました。

おめでとう!

ところが雨続きで、良い写真が撮れません(泣)とのことで

お写真は改めて送って頂くことになっています。


それなら、このタイミングで

くろすけの幸せ報告!


104485142_1552957248200986_7722068064146612519_o.jpg


「ども!お久しぶりです!」


かっこ良くなったね〜くろすけ!

これ、本当に良い写真ですね、好きですこれぴかぴか(新しい)

93151642_1497745357055509_2237093373217341440_o.jpg

穏やかで落ち着いて

良いお顔をしていますよね。

飼い主のMさんが大好きな人になり

大好きな場所ができて

心満たされた生活をしているのが

写真からも良く伝わってきます。

95140081_1511535179009860_3875351331937976320_o.jpg

これはお庭かな〜?

こういうところに座り込むのがお好きだそうですよ!


Mさんとは、毎日たくさんたくさん一緒に歩いていて

時々私も、その様子を見かけますが

あまりにふたりの雰囲気が良いので

声をかけずに見守っています。

それと、歩く速度が私より速いのよ(笑)

追いつけない〜あせあせ(飛び散る汗)

90677225_1479704468859598_6437092942233468928_o.jpg


90441317_1479704512192927_3118925548647088128_o.jpg

時々、素敵なカフェにも入っているそうですよ!

くろすけ、お店でも良い子にしていられる

なんてレベルじゃなく

もうすっかりセレブ犬でするんるん


93588160_1505456682951043_906425836771475456_o.jpg

97356471_1521919484638096_7015411469755875328_o.jpg

これも本当に素敵な写真ですね!

おふたりは、とっても絵になるカップルハートたち(複数ハート)

おふたりが幸せなのが、本当に伝わってきます。

あのとき、くろすけを引き出してよかったなぁと

心から嬉しく思います。

こんなに楽しそうな、幸せな暮らしをさせてくださって

Mさん、本当にどうもありがとうございます。

これからも時々、その幸せな笑顔を見せてね。

86997169_1451630495000329_1802098802010619904_o.jpg






posted by 宮西 希 at 12:02| Comment(0) | 保護犬

2020年06月07日

保護犬活動はルカのおかげ


IMG_1133.jpg

この写真は、ルカとフクの2ショットの中で

1番よく撮れた写真だと思う。

が、実はこの写真、私が撮ったものではないのです。

なんと、当時3歳の娘が

私のiPhoneで撮ったものぴかぴか(新しい)


フクちゃんが、里親さんとのトライアルに入って

そろそろ2週間。


くろすけも、フクちゃんも、立派に卒業できたのは

なんと言ってもルカのおかげ。


フクちゃんにずっと寄り添い

人間との付き合い方、甘え方、おねだりの仕方

怒られた時の対処法、トイレの仕方

階段の降り方、室内での遊び方

ペットとしての生活する上で必要なことを教えてくれた。


ルカ自身、保健所出身。

うちにやってくるコたちの気持ちを

1番わかっているのは、ルカだと思う。


フクちゃんが、お風呂場で

足を洗うのを嫌がって逃げ回ったときは

ルカが身体を使ってフクちゃんを壁に押しつけて大人しくさせてくれ

私はルカのお腹の下からフクちゃんを洗った。


あるときは、お風呂になかなか入ってくれないフクちゃんに困っていたら

ルカがやってきてフクちゃんを誘導

お風呂場まで入りフクちゃんが入ったら

ルカは出て行った。


フクちゃんは来た当時、私を本気で襲った。

その時もルカが私を助けてくれた。

どういう風に対応すれば良いか

距離感や距離の縮め方を私に教えてくれたのもルカ。


フクちゃんが卒業した今

微笑ましくなる写真がたくさん残っている。

その中の一部を公開。


IMG_0764.png

うちに来た初日。

まだケージから出られないフクちゃんを

興味津々のルカ。

フクはルカに、最初こそ鼻にしわを寄せ歯も見せて

ウ〜ッと声も出ましたが

ルカは静か〜にそっと背を向け

その時は相手をしませんでした。


IMG_0841.png

この時のルカの可愛さったら揺れるハート

これ、ルカがおねだりをしているのですが

ちゃんとフクを意識しているのです。

おねだりして、ちゃんとイイモノをもらった後は

IMG_0842.png

フクに向かって

「今の見てた?こうやるんだよ!」

と、言いました。


IMG_0884.jpg

これも、ルカが何かをおねだりした時。

へぇっ!!!とフクが驚いてルカを見上げています。


20200330_082233.jpg

怖いとね、潜れちゃうんだな。

やっぱりルカは、普段意識していないけれど

大きいんだね。

20200331_081616.jpg

1番左は、私の実家のわんこ、小春。

小春は実は、ルカと同じ時期に同じ保健所にいたのです。

すごいご縁だよね。


IMG_1880.jpg

階段を降りる時は

必ず一旦停止。

これを毎日しているので、出かけたときもとても楽です。

IMG_2866.jpg

玄関前でも、必ず一旦停止して

ちゃんと「見て」で見上げます。


IMG_3217.jpg




フクちゃんは、里親さん宅に行ってから

我が家にいた時より、3ヶ月以上後戻りしています。

保護犬は、みんなそんな感じだから

それほど心配はしていないけれど

里親さん、今頃、本当に大変だろうなぁ…

お話を伺っていても

本当に、よくやってくださっていて

ありがたくてありがたくて、頭が上がりません。


でも、このいっときを

Sunny(フクちゃんの新しいお名前です)と一緒に乗り越えられたら

心の結びつきは、だんだん強くなる。


Sunny、安心して里親さんのIさんに心を委ねて

この壁を乗り越えなさいね!

君が、新しい生活を手に入れるために

超えなきゃいけない、変わらなきゃいけない。

Sunnyにとっては試練だけど

今が君にとって、最後の踏ん張り時だよexclamation


ルカと、また会いに行くからねるんるん








posted by 宮西 希 at 02:27| Comment(0) | ペット

2020年05月26日

保護犬フクちゃん・その8卒業!


昨年のクリスマスからお預かりしていた

保護犬のフクちゃん。

先日、とっても素敵な里親さんに巡り会え

無事に我が家を卒業しましたexclamation×2

IMG_3032.png


何人かの方々からお問い合わせを頂き

一生懸命、真剣に考えてくださる方々に恵まれたのですが

どう考えても「これは、ご縁だexclamation×2」と感じずにはいられないことがあり

こちらの里親さんにフクちゃんをお願いすることにしました。



前日はお風呂に入りました。

1番最初、うちに来た日

まず向かったのはお風呂だったのですが

本当に怖くて怖くて、なかなかケージの中から出て来なかったね。

IMG_0731.png

お目目も三角で、どの子もそうでしょうが

きっとコイツに殺される、と思って

私のことを睨みつけていました。

IMG_0752.jpg


それとは大違い!

IMG_3042.jpg

IMG_3046.jpg

ドライヤーは、初日から怖がらなかったのですが

この日は落ち着いてゆっくりお話ししながら乾かすと

黒い毛並みはツヤッツヤになりましたぴかぴか(新しい)

うちに来てから3kgほど体重も増えたので

栄養状態も良くなって来たのだなぁと実感。


お風呂の後は、ゆっくり自室で

こんなリラックスして笑顔を見せてくれるようになったなんて揺れるハート

IMG_3058.jpg

預かりとしては、もう、感無量です。


くろすけの時もそうでしたが

今回も、我が家のルカの存在なしには

ここまでは来れませんでした。

IMG_0819.jpg

人間が怖くて、逃げるだけでなく時には噛もうとするフクちゃんに

常に寄り添い、人間との付き合い方を教えたのは

ルカです。

IMG_0841.png

おねだりの仕方をフクちゃんに見せているルカ。

IMG_0842.png

「ね!わかった?こうやるの」

と振り返るルカ。


IMG_0884.jpg

IMG_1133.jpg


実家の小春との時間も、フクちゃんにとっては

人間は怖くないんだ、と気づいて

私たちに近づくいいきっかけになったようです。

IMG_1058.jpg





出発の日、目を覚ますと

私のすぐ隣にフクちゃんの姿がありました。

普段、ルカが寝ている位置ですが

この日はきっと、ルーちゃんが譲ってくれたんだね。

IMG_3081.jpg


フクちゃんの本当のおうちは

我が家からは、少し離れているところですが

とってもとっても素敵な

日本を感じられる風景が目の前に広がる場所です。

IMG_2960.png

里親さんはIさんとおっしゃるご夫婦。(旦那さまは顔出しOK)

初めて一緒に歩いた時も

あれだけビビリで、いまだにうちの夫にはビクビクしているのに

フクちゃんは落ち着いて手を繋ぎ

時々顔を見上げながら歩くのです。

その姿を見て

「間違いない。やっぱりここだなexclamation×2」という思いが確信に変わりました。

IMG_2963.png


Iさんは、実は以前にも保護犬と一緒に暮らしていた方で

保護犬に対してのご理解はとても深く

それも安心なことなのですが

そのおうちにはニャンコ達が3頭いるのですが

なんとそのうちの2頭は

奥様がミルクボランティアをなさっていた仔を

そのまま引き取ったとのこと!


ミルクボランティア、通称ミルボラとは

ちょうど今の時期、仔猫さんたちが生まれる季節に

乳飲み子の状態で保健所に持ち込まれたり保護されたニャンコたちを

母猫に代わってミルクで育てるボランティアさんのこと。

実は保健所では、授乳して育てる人手がないので

もう少し大きくなった仔猫なら、譲渡対象になるのに

乳飲み子は、殺処分されてしまうのです。

そこで、ミルボラさんが必要なのです。


人間の授乳と同じく、ほぼ2時間おきに

ミルクをあげるだけでなく、排泄を促すこともします。

ずーっと何ヶ月も続くことではないとはいえ

もう、ほんっとうに大変な、愛情がないとできないこと。


ニャンコと一緒に暮らしたことがなく

ニャンコについては詳しくない私の唯一の心配は

そうやって育ったニャンコさんたちと

フクちゃんがうまくやっていけるか、ということ。

ルカのニャンコを見るとガウガウ言って追いかける姿しか見たことないので

内心、だいぶ心配しました。

が、杞憂に終わりましたグッド(上向き矢印)

だって、見てくださいこの笑顔!

IMG_2959.png

目線の先に、白いニャンコがいるのですが

初めて見るものなので「なに?これ?」といった感じで

全く攻撃もせず。

一緒にお二階に上がっていって

まるでずーっと前からそこが自分の居場所だったように

私のことを見下ろしていました。

IMG_3028.png

でも逆に、猫さんの方が強いんですってね!

のちに、フクちゃんは先制猫パンチを喰らいましたわーい(嬉しい顔)


フクちゃんは、里親さんから

新しくSUNNYというお名前をつけて頂きました。

明るくて前向きで

うちにいた後半に見せていた笑顔にピッタリなお名前でするんるん

IMG_3097.jpg

IMG_3099.jpg


たった4〜5ヶ月の頃に、兄弟犬と一緒に保健所に入れられて

20180211.jpg

狭い檻の中で1度も太陽も見ず

寒い冬はコンクリートの床に震え

暑い夏でも毛も刈ってももらえず

風も鳥も虫も知らないまま

怖くて怖くて、怖さしかない世界を

ずーっと2年半も耐え続けて来て

20180601-1.jpg

やっと、幸せを掴んだフクちゃん。


これからは、どんなことがあったって

Iさんたちが守ってくれる。

君のこと、1番に考えてくれる。

IさんたちがSunnyのことを幸せにしてくれるように

SunnyがIさんご夫婦の幸せになれるよう

太陽のように明るい存在でいてね!

IMG_2919.jpg

SUNNY、本当におめでとう揺れるハート






posted by 宮西 希 at 22:59| Comment(0) | 保護犬フクちゃん