2020年09月30日

保護犬フクちゃん・その13「お見合いしました」

IMG_4364.jpg

「おかげさまで決まりました〜exclamation



出戻りふくちゃん、出戻って1ヶ月後から里親さんを再募集しました。

色々な方々がふくちゃんを気にかけてくださり

里親さん候補に、複数のご家族が手を挙げてくださいました。


今回、1度里親さん宅から逃走して捕獲からの再募集ということで

条件をかなり、つけさせて頂いた中での募集でした。

正直、私の頭の中にあった条件を全て満たすご家族は

いないのではないか?と思っていたのですが

その条件以上のご家族が、名乗りをあげてくださったのです!


そのおうちは、まだ世の中や人間に怯えているふくちゃんを

ルカのように守ってくれる先住犬が、2頭もいて

娘のように無邪気に遠慮なく遊びに誘ってくれるお嬢さんがいらして

(しかも娘と1歳違い)

今までに一緒に暮らしたワンコは全部で10頭

これまでにもおうちの周りにいた迷い犬を3頭も保護して

里親さんを探して受け渡すご経験もあり

その中の、大怪我をして触らせてもくれなかったわんこを

数ヶ月かけて慣らして保護、医療にかけ

ご自分のお家のコとして迎えているだけでなく

ママはなんとexclamation×2

ドッグトレーナーの専門学校をお出になった方というぴかぴか(新しい)


これ以上ないのではないかexclamation&questionという条件です。





お見合いに行ってみると

車のハッチバックを開けた瞬間

「かっわいい〜〜〜exclamation×2」の大合唱。


そして車を降りた途端、大怪我して保護されたという先住犬が

尻尾をブンブン、ブンブン振って大歓迎でお出迎え。

このことに、ご家族はとってもびっくりされていて

話を聞くと、このワンコは他のわんことのおつきあいが

あまり上手でなく

「こんな姿、初めて見た!」と口を揃えて仰っていました。


ふくちゃんは、というと

案の定最初はとても怖くて怖くて

よだれダラダラ、鼻水も垂れるほどでしたが

ママさんは上手に上手に近づいてきて

出会って1時間半で、頭をナデナデお顔もモフモフ

たくさんたくさん、触れるようになりました。


そしてふくちゃんは、撫でられるままに

なんと、来てからまだ数時間しか経っていないお家で

アゴまで床につけてリラ〜ックス揺れるハート

見ていた私も、こんなにスムーズにすごーいぴかぴか(新しい)とびっくり!


滞在中、ふくちゃんをずーっと触り続けていたママさん

そのすぐ横で、まるでふくちゃんに何かを教えているかのように

ママさんににピタッとくっついている先住犬のお姉ちゃま。

その横で、当たり前のようにわんこに囲まれて過ごしている娘ちゃんは

ママから保護犬というのはどういうワンコか

ペットショップのワンコが裏ではどうなっているか

保健所の現状、などを

しっかりと教わっていて理解しています。

娘と同じように、わんこへの接し方は花丸満点るんるん

それをニコニコしてみんなまとめて守ってくれそうな

優しくておおらかなパパさん

それを静かに穏やかに見守ってニコニコしているじいじ。


4時間にわたってふくちゃんに触れてもらいながら

たくさんお話をさせていただき

今後のふくちゃんのことを、お願いすることにしました揺れるハート


トライアルへの出発は週末。

今日は、その日のためにシャンプーもしましたよ!


色々なことがあったワンコですが

今のまま、このままのふくちゃんのままが

「かわいい、かわいい、大好き!」

そう言ってくださって

そのままがいいよ!と、お名前も

ふくちゃんのままにしてくださるのだそうです(涙)


あと数日、ふくちゃんをたくさんギュッとして

よかったね〜!と家族全員、笑顔で送り出したいと思います。

posted by 宮西 希 at 15:41| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年09月18日

保護犬フクちゃん・その12「鳩のヒナとふくちゃんの再出発」


コロナでの自粛が続いている音楽業界。

私は生で、音を届けることにこだわって来たので

ここからいきなり「ネット配信にする」という気にはなれず

ひたすらしゃがんでやり過ごす、という選択をしているのですが

そんな状態なので

今まで以上に、保護犬活動に熱が入ってしまっていますあせあせ(飛び散る汗)


暑くて暑くて、熱いという字のほうが良いのでは?と思うほど

暑かった夏の最中なのに

我が家のベランダには、おそらく5月に来ていたと思われる

鳩の夫婦が再来し

なんと、卵を抱き始めましたexclamation


熱いのに大丈夫なのかなぁと、心配したのですが

10日ほど前に、生まれたような動きが巣の中であり

(前にもそうだったので、見ていてもよくわかる)

先日、とうとう親鳥が家を空けるようになって来ました。

その隙に、ちょっとカメラを差し込んでみたら…exclamation

IMG_4351.png

ちゃんと生まれてる〜ぴかぴか(新しい)

昨日はピーピーと声が聞こえましたるんるん

ほんっとうに可愛いです揺れるハート



そして、5月に我が家を卒業し

その後、里親さん宅から逃走

1ヶ月半の野良生活から、無事保護したふくちゃん。

IMG_4214.jpg

我が家に出戻ってから1ヶ月が経ちました。

これまでは、いろいろなことを教えるのは

里親さんにお任せした方が

里親さんを尊敬の眼差しで見るようになり、とても懐くので

私の方では「最低限の歩き方」と「おすわり」だけにしてきましたが

ちょっとここらで、前に進もう!と

他のトレーニングも始めています。


今までは怖くて歩けなかった交通量の多い道も

ちゃんと落ち着いて、左側を歩けるように

だんだん、なって来ましたし

私以外の人、夫や母にも

「お手」をするようになりました。


先日、里親さんと話し合いをして

Sunnyになったふくちゃんは一旦、正式にふくちゃんに戻り

新たに里親さんを募集することにしました。


ふくちゃんのために、と辛い決断をしてくださった里親さんには

感謝しかありません。


「ペットのおうち」というサイトで

里親さんの募集を開始しました。

以前よりずっと逞しくなり

人間にも随分慣れて、かわいくなって来たふくちゃん。

もし、家族に迎えたいと思う方がいらっしゃいましたら

「ペットのおうち」をご覧ください。


IMG_4197.jpg

こんな風に抱っこして、爪を切れるようになりました。

私に噛み付いて、触れなかったのが嘘みたい!

なんで玄関なのか?というと

ここが「ふくちゃんの安全ゾーンその2」になってしまっているから…

本人(犬)が安心できるなら、どこだっていいわexclamation


そしてその風景を、ニコニコ見ているルカ揺れるハート

IMG_4198.jpg




*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。
posted by 宮西 希 at 12:33| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年08月27日

保護犬フクちゃん・その11「保護したふくちゃんのその後」



1ヶ月半にわたった逃走で

ふくちゃんはどれだけ野犬化してしまったかと

少し心配していましたが

全然!


きっとお外での生活で自信もついたのでしょうか

むしろこの2週間で、うちを卒業する前よりも

私たちに対してフレンドリーになって来ているし

怖くて怖くて、動きもチャカチャカしていたのが

だいぶ落ち着いてきました。



そして、一昨日は生まれて初めて「お手」ができました!

里親さんのやり方で色々教わった方が良いと思い

お座りしか教えていなかったのですが

もう、先に進もう!

と教え始めました。

IMG_4027.png



また、父のこともあり実家にも行かねばならず

一緒に連れていっているのですが

実家でもすっかり落ち着いています。

卒業前から母の手からもおやつを食べてはいたのですが

それが寄ってくるまでのスピードが速くなり

ずいぶん人間にも居場所にも安心している様子です。


大きいからか?怖がって逃げていた夫にも

急に、大丈夫になってきました。

お風呂上がりに拭いてもらっても

リラックスできるようになってきました。


ルカとお留守番させたら、部屋で走り回って運動会をしたらしくあせあせ(飛び散る汗)

IMG_4016.jpg

そろそろ大丈夫だろう、とハウスでお留守番させましたが

(ルカは初めて入れたハウスで大暴れして破壊した)

(クロスケは初めて入れたハウスで大暴れしたけど

 ルカよりは小さかったので破壊までは至らなかった)

落ち着いていて大人しく良い子に待っていてくれるようになりました。

IMG_4037.jpg

そして今日は、一人っきりでお留守番時

たまたまその前にうんぴーが出ていなかったので

勇気を出して、ハウスせずに留守番させてみたら

何も悪さはせず良い子に待っていられた上に

きちんとトイレでうんぴーしてありましたぴかぴか(新しい)

えらい、えらいexclamation

IMG_3955.jpg

ドライブ中は、楽しそうるんるん


IMG_4025.jpg

なにこのリラックスたらーっ(汗)

君〜、本当に1ヶ月半も外で生きていたのか?


IMG_3985.jpg

私に抱っこされてギューっとされても

おとなしく抱っこされているようになりました。

これも、卒業前にはできなかったことです。



KDPの菊池さんがおっしゃっていました。

「旅をすると、やっぱり一皮むけるんですよね〜」って。

『可愛い子には旅をさせろ』ってやつでしょうか。


でもこれは、本当に無事に見つかって

時間をかけてでも、ちゃんと安全に、確実に捕獲できて

きちんと無事に帰ってこれたからこそ言えること。


改めまして、見守っていて下さった方にも

本当にありがとうございました。


posted by 宮西 希 at 00:40| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年08月20日

逃走犬の捕獲・保護の仕方


逃走していたふくちゃん→Sunnyを捕獲して頂きうちに連れ帰ってから

昨日で1週間になりました。


捕獲はKDPの菊池さんによるお手製の捕獲用サークルで

こんな感じでした。

IMG_3929.jpg

ここに捕獲するためのサークルを組み立てるのは

本当に最後の最後の、最終段階です。


まずはなんと言っても、大量のチラシ!

これを何千枚も印刷し

たくさんの場所に貼る・周辺のお家にポスティング(これは時期を見て何度も)


セブンイレブンのネットプリントで

全国どこのセブンイレブンからでも印刷できるようにして

ネットで情報を拡散し

そのチラシを貼ってもらうという手もあります。


でも、ネットで拡散は、多くの方に簡単にして頂けるのですが

さらにその先である

「セブンイレブンにわざわざ出向いて、チラシを印刷し

近所に貼ったりポスティングする」

というところまで

してくださる方というのは、大勢ではありません。


やはり、最初に集まったボランティアさんで

脚を使ってチラシ貼りやポスティング

または、新聞屋さんに頼んで挟み込んでもらったり

業者に頼んでポスティングしてもらう方が

確実だなぁというのが、今回やってみての実感です。


そのチラシによって出て来た目撃情報をもとに

さらに目撃地点を中心に、チラシ貼りとポスティング。

最初はこれをひたすら繰り返し

その間も、周りに隠れていないか

サッと通りかからないか、目を光らせながら

ひたすら脚を使って歩きます。


そして、目撃情報をもとに

ワンコが通りそうな場所、好きそうな場所に

赤外線カメラを何箇所にも設置し

夜中も含めて、逃走したワンコの動きをある程度把握。


そのうち数カ所で餌付けをし

最終的に餌付け場所は一箇所に絞ります。


そこでしっかり時間をかけて餌付けしますが

この餌付けの期間中、ネットでの拡散を全て控えて来ました。

それは、せっかくその辺りに居ついて

何箇所かの餌場には、毎日訪れるようになっていても

他のボランティアさんたちが捜索して下さったり

どこかで待ち構えて捕獲しようとして下さっていたりすると

ワンコには危険な場所だと認識されてしまって

遠くへ移動されてしまうからです。


その頃、他の地域からもボランティアさんのお申し出を頂いたのですが

そのようなことで、丁重にお断りさせて頂きました。

ワンコの捜索、捕獲に慣れていらっしゃる方には

このことはご理解頂けると思うのですが

熱い思いを持って、なんとかして探してあげよう!と

わざわざご連絡下さるような方には

とても残念な気持ちにさせてしまうことにもなりかねず

もし、そういう方がいらしたら

この場をお借りして謝罪申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。

でも、本当に本当に、そういう多くの方々の思いのお陰様で

ふくちゃん→Sunnyは無事に保護されました。


改めて、関わって下さった全ての皆様に御礼申し上げます。

どうもありがとうございました!




posted by 宮西 希 at 21:34| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年08月12日

保護犬フクちゃん・その10「無事保護!」


たくさんの皆様のシェア・応援のお陰様で

里親さん宅から逃走していた「ふくちゃん→Sunny」は

昨日深夜、41日ぶりに無事に保護されました!

本当に多くのシェアをして頂き、情報も頂戴いたしました。

ご心配ご協力くださいましたすべての方々

多大なるお力をお貸しくださった

東京わんにゃんシェルター&アダプションの大野さん

そして捕獲機・捕獲サークルを設置し実際に捕獲してくださった

KDPの菊池さん

最後まで諦めずに、毎日毎日給餌と

大量のカメラチェックを欠かさずしてくださった里親さんに

本当に心から感謝申し上げます。

どうもありがとうございました!

捕獲サークルの扉が閉まったあと

当然ですがパニックになり

走り回って菊池さんにも何度も吠えていたそうですが

私たち家族とルカが駆けつけ「ふく!」と呼ぶと、ちゃんと私を見て

ルカを放したら網越しにルカの方へやってきて次第に落ち着きました。


せっかくここまで来ても捕獲の際のショックで亡くなるコもいるので

本当に心配しましたが

私がサークル内に入り「お座り」をかけたら

ちゃんとアイコンタクトを取ってお座りし

おとなしくリードをつけさせてくれました。

私たちのこと、覚えていてくれたんだ…(涙)


KDPの菊池さん、本当にすごい!としか言いようがありません!

菊池さんがいらっしゃらなかったら

生きて、無事に保護できなかったと思います。

たまたま菊池さんと繋がりがあった私のこの強運と

菊池さんに出会わせてくれたトコちゃんにも感謝ですぴかぴか(新しい)


途中、私の父の看取りがあり、捜索に参加できない時期がありました。

そのことで無責任だとお叱りを頂いたり

預かり保護の責任なのだからと私の電話番号をネットに公開されてしまったり

色々考えさせられることもありましたが

それをすべて一緒に受け止めて

私を守ってくださる姿勢を見せてくださった大野さんには

本当に救われた思いです。

もし、私の電話番号をGETした方がいらしたら

この際だからわんこ友達になりましょう!

お気軽にお電話くださいね!


096462ED-ADAF-4342-9838-CECCED1A280B.jpg

真夜中に帰宅、ネクスガード入りご飯を食べるサニー。

ノミダニ感染症の疑いがあるため

ちょっとかわいそうですが捕獲から朝までの数時間は

このクレート内で過ごしてもらいました。


3B941350-7B46-4109-8F0B-A40D93A5C306.jpg

今朝1番で健康チェックのため病院へ。

いつもの先生がお休みで院長先生の診察でしたが

落ち着いて「ついて」「おすわり」もでき

血液検査も難なく終了。

脱水以外は体調も特に問題なし!



98B019F7-93B6-493D-9E11-D4BC63D197F8.jpg

病院から帰宅後、1時間半かけてお庭でダニを取る。

気持ち良いのか疲れからか、だんだんリラックスしてウトウトモードへ。


A8E62F12-415C-4739-A0B3-F3C93ADF2D36.jpg

3度洗いのシャンプーを終え、外で乾かして家に入ると

そのままトイレでちゃんとうんぴーとピッピ!

えらいぞ〜ぴかぴか(新しい)

ご褒美をもらいました。


0C76DE3C-23EC-4D29-9823-B8D757BF43D9.jpg

その後いつもいた場所でホッと一息。

もちろんお疲れモードなので、そのまま寝落ち。

2598A045-A8C8-4028-A34D-A1DC775517B6.jpg


しばらく、預かりである私の家でゆっくりしてもらって

これからのことを考えていきます。

皆様本当にありがとうございました。


ふくちゃん→Sunnyの捕獲作戦中

たくさんの迷子犬の情報を知りました。

今、迷子になっているすべてのコたちが

それぞれのおうちに無事に帰れるよう

心から祈っています。








posted by 宮西 希 at 18:47| Comment(2) | 保護犬フクちゃん