2018年10月23日

福島県南相馬へ


福島県南相馬市、原町高校の

芸術鑑賞会に呼んでいただきました。 


ここに来るまでの経緯は、なんと11年前まで遡ります。

2007年、双葉町の駅のすぐ横にあった

ステーションプラザふたばというホールで

コンサートをさせて頂いたことがスタートになっています。

DSCF0072.jpeg

ちょうどだるま祭りの日の終わりの日で、すごく寒くて。

DSCF0070.jpeg

この11年前の写真に一緒に写っている

湘南音響の糸瀬くんとも、またこうして一緒に

仕事で福島に行けるのですが、すごく嬉しいことです。


その11年前のコンサートには

双葉町だけでなく浪江町・大熊町などからも

たくさんのお客さまがいらして下さって

本当に満員で、コンサートはとても盛り上がりました。

たくさん持っていったCDも、残らず全部買って頂いてしまって

私にとっても、とても心に残るコンサートでした。


そのコンサートにご来場くださっていた中に

高校の先生がいらっしゃいました。

のちに、先生の勤務先である新地高校に呼んで頂いて

コンサートをしました。


2011年震災があった時、新地高校にも心配になって直接電話をし

双葉町は、町ごと私の実家近くに町ごと避難してきていたので

直接伺って、担当だった方々と再会を果たしました。

そして、避難場所だった埼玉県騎西高校跡の校舎で

お見舞いコンサートをしたり

新地高校にも伺って、コンサートを行いました。


その時の様子「新地町新地高校」


新地高校では、数年前の私のコンサートを聞いてくれた3月卒業の生徒さんが

あの自動車教習所での津波で亡くなっていました。


そんな関係を築いてきた先生が

今回、現在の勤務地である原町高校の芸術鑑賞会に

私を呼んで下さったのです。


原町は、私が震災後にずっと自分の車に楽器を積んで

岩手からずっと各避難所を回っていた時

1番印象に残った避難所

南相馬市原町第二中学校があるところ。


「南相馬市原町第二中学校」

「今回感じたこと・8(原町第二中学校)


自主避難地域だったため人がとても少なく

マクドナルドでさえやっていなかった原町では

他に第一小学校、石神第一小学校などにも伺いました。 


「南相馬市原町第一小学校」

「南相馬市石神第一小学校」


南相馬の震災後の避難所では

「全国の方々にたくさんたくさん支援して頂いて

本当にありがたいし申し訳ない。

あなただって、自分でお金使って来てくれて

演奏もタダでしてくれてるでしょ?

今に必ず元気になったら、お金払って見に行くから!」

と言われました。


「いえいえ、音楽は心の栄養だから!

体だけでなく心にも栄養がないと、やっぱり人間はダメみたい。

だから音楽をやっている身としては

必要として頂けるならまた来ます!」

と言った私に

「お金ちゃんと払って見せてもらえるくらいになったら

この町や人が元気になれたということだから!

それが、望みなの。

だから数年後、またここでコンサートやってね」

と言われたことが、とても印象に残っています。


今回、学校からちゃんとお仕事としてコンサートの依頼があった時

あの頃より、町や人が元気になっていることを実感できて

本当に嬉しく思いました。


あの頃、避難所で、たくさんの小学生たちと会って

彼らのリクエストに答えて、箏でアニメソングやゲーム音楽

流行りのJ-POPをたくさん弾いていました。

その子たちも、数えてみたらちょうど高校生くらいだろうなと思います。


明日のコンサートは、みんなが元気になってきたことを喜びながら

でもその裏で、たくさん色々な思いをされながら頑張ってきたことを労いながら

明るい、そして少しホッとできる時間にできればいいなと思っています。





posted by 宮西 希 at 11:09| Comment(0) | コンサート

2018年10月17日

やんちゃな頃のアーティスト写真


昔の写真を発掘。

kotokatugi01.jpg

2000年頃は、まだ

和楽器で私みたいな活動している人はほとんどいなくて

いくら「古典音楽じゃない」とか「POPな感じです」だとか言っても

メディアも含めリスナーさんには固定観念があり

私の楽曲を聴いてもらうまでにたくさんのハードルがありました。


それを一気に崩そう!と

このようなスタイルのアー写を撮ったけど

裸足だしジーンズだし

しかも破けてるし

まぁ〜〜散々邦楽界の方々からは叩かれました!

(地方のお箏の先生からクレームの電話がかかってきたほどです 笑)


でも私はすごーく好きな写真です。

kotokatsugi.jpg

ちなみに担いでいるのは

スタンダードなお箏ではなく

その半分くらいの大きさのソプラノ箏。

キラキラした高音が出るので

私のCDの中で、装飾の音として

たくさん使われています。

どの音か、探してみてくださいね!



10月26日(金)ちょっとひとりKOTO 2018 〜秋うらら〜

<場 所> 南青山MANDALA
       東京都港区南青山3−2−2 MRビルB1
       TEL:03-5474-0411
<時 間> 開場18:00 / 開演19:00
<料 金> 前売り¥4,000 当日¥4,500(税込)   
       全席自由(ドリンク別)

<サポート> Pf/大山泰輝  Bs/鳥越啓介
   
 
☆チケット予約受付中
【メール予約】 タイトルを「10/26チケット予約」として
        お名前・お電話番号・メールアドレス・
        予約枚数を明記の上 info@kotist-nozomi.com
        までお申し込みください。

☆3日以内に「予約受付完了メール」が届かない場合、こちらにメールが
 届いていない可能性があります。その際はお手数ですが、フリーメール
 以外のアドレスより、再度お申し込み下さいますようお願いいたします。





posted by 宮西 希 at 17:50| Comment(0) | 仕事

2018年10月13日

Instagram


もう本当に、流行りのものには

ことごとく乗り遅れるタイプで。


だいたいからして私の学年は

当時流行りの「ワンレンボディコンのお姉様方」が

お立ち台で踊っている姿をテレビなどで見ながら

高校生時代を過ごし

もう少ししたら、そんな流行りにも乗れると思いきや

いざ私たちが大学生になった頃は

「ルーズソックスの高校生」が流行りで。

ことごとく、流行りからは外れている学年。


個人的にも、世の中の流れに非常に疎くて

いろんなアイテムも、毎回、随分経ってから手を出す。


Instagramも、アカウントは産休中に作ってはいたけれど

実際のお友達ばかりとつながっているくらいで

あまり真面目に写真をアップしていませんでした。

そろそろ、やってみようかなと

ようやくそんな気になったので…

Kotist 宮西 希Instagram


とりあえず、昔のものも含め

ステージの写真を発掘して載せてみようかな

と思っています。

それと、なんとなーくKotoちゃった動画を載せてみたら

すごい反響でびっくりした!ので

時間があれば、またKotoって載せてみますね!



posted by 宮西 希 at 16:12| Comment(0) | 仕事

2018年10月02日

実は入院していました


先日、無事に退院しましたので

この記事を書いています。


帯状疱疹になったことは

ツイッターやFBページ、インスタグラムなどでも

お話しして来ましたが

その後、帯状疱疹ウイルスが脳を覆う膜である髄膜まで侵入し

髄膜炎ということで、即入院となり

2週間の治療をしていました。


入院前日の夜から、頭は痛かったのですが

次の起床時、とんでもなく頭が痛く

洗った手をパッと振っただけで、脳天まで突き上げる痛み。

こ、これは絶対、まずい・・・と

恐怖を感じるほどの痛みでした。


本当はその日、幼稚園の入園説明会という

かなり大事な用事が入っていました。

が、これはそれどころじゃない、と感じ

帯状疱疹で通っている近所のクリニックまでも

とても自力で運転していけず

タクシーを呼んで行きました。

娘はタクシー、人生初乗車で喜んでいましたが。


これは、絶対入院になる

と思ったので、ある程度部屋を綺麗にしてから行きました。


案の定、そのクリニックから救急車で、ということになりましたが

ちょうど土曜日のお昼前で、クリニックが終わってしまう。

娘をそこに置いていくわけにいかず

また、私だけ救急車で連れ去られると

娘は怖がってしまうだろうと考え

「自力で歩けるのでタクシーで行く」とクリニックには伝えました。


友達に娘を迎えに来てもらい

それを見届けて、タクシーを呼ぼうとしたら

友達がそのまま私を、紹介状を書いてもらった病院へ送ってくれ

救急外来で受診しました。


すぐに、腰椎穿刺。

その結果、白血球値が高く、即入院、治療開始。

おそらく髄膜炎とのこと。

ただし、確定はウイルスの培養検査をしてからで

すぐには出ないそうです。


帯状疱疹はよく聞くので、決して舐めていたわけれはなかったけれど

まさかそのウイルスが、髄液にまで入り込んで

1番最悪の場合、脳まで達し脳炎を起こすなんて

まったく思いもしませんでした。


脳炎は、皆様にもたくさん想いを寄せて頂いた3代目のわんこ、トコちゃんが

最後4ヶ月半の介護状態の時、実は起こしていた症状でもあり

脳炎になったらどうなるか

周りがどれだけ大変かは、よくわかっていました。

が、脳炎になると本人はまったく分からなくなるようで

自分でも、私は奇声も上げていないし

娘を考えて救急車とタクシーを比較するあたり、思考や行動も変ではなく

言葉もちゃんと喋っているつもりだったので

大丈夫だろうな、と思っていました。

でも、本人だけが「自分はおかしくない」と思うのかな・・・と

多少の不安もありながら。


結果的に、私はすぐに治療開始できたこともあり

脳炎までは起こさず、髄膜炎止まり。


実は私、帯状疱疹の元になる同じウイルスからくる病気

「水ぼうそう」でも、入院しているんです。

どうやらこのウイルスには、めっぽう弱いらしい。

もっと年齢を重ねたら、自治体によってに年齢は違うみたいですが

帯状疱疹の予防接種もあるらしいので

私の場合は、絶対に受けた方が良いようです。


ところで、私は点滴が全然入らない血管で

入れ始めても、点滴が止まってしまい

普通40〜50分で落ちる点滴に、3時間かかり

途中で血管が破けて漏れ出し、内出血

針を刺し直すことの繰り返し。

上手く入っていると思っても、針とは遠く離れた同じ血管の途中から

点滴液が漏れ出し、水ぶくれがプツプツ出る、という有様。


最終的には、もう刺せる場所がなくなり

ラスト2本の点滴を免除してもらって、退院しました。

おそらく2歳の娘がいる、という私の状況を考慮し

少しでもなるべく早く、してくれたのかと思います。


まだ帯状疱疹の体の痛みや、疱疹の痛みはありますが

あの頭痛はすっかり治りました。

やらなきゃいけないことが

たくさん、たくさんあるexclamation×2

今月は、泊まりがけで福島でのコンサートもあるし

帰って来て翌日が、東京でのコンサート。

あまり、立ち止まってもいられません。


帯状疱疹、本当によくある病気ですが

下手をすると、脳まで侵されるということ

是非、皆様も覚えておいていただきたいと思います。

そして、自分で「これはおかしいな!」と思ったら

無理せず、スケジュールを潰しても病院に行くことは

とても大切なことだと思います。

私はそれで、大事に至らずにすみました。


どうぞ皆様も、お気を付けてくださいね。

IMG_4605.jpg

出所した時に見上げた病院。


予定通り、東京・南青山の曼荼羅にて

コンサートは行います。

入院中も、チケット予約のご連絡を頂けることが

とても励みになりました。

どうもありがとうごさいます。


皆様が聴きに来てくれる、と思うと

ちゃんとあと3週間で、体力を戻しステージに立てるようにならなきゃ!と

前向きになれます。

どうぞ、ご心配なく聴きにいらしてくださいね。



10月26日(金)ちょっとひとりKOTO 2018 〜秋うらら〜

<場 所> 南青山MANDALA
      東京都港区南青山3−2−2 MRビルB1
       TEL:03-5474-0411
<時 間> 開場18:00 / 開演19:00
<料 金> 前売り¥4,000 当日¥4,500(税込)   
         全席自由(ドリンク別)
<サポート> Pf/大山泰輝 Bs/鳥越啓介
   
 ☆チケット予約・販売☆    
【店頭販売】南青山MANDALA店頭にて販売
         TEL 03-5474-0411 (受付時間 16:00~22:00)

【メール予約】 タイトルを「10/26チケット予約」として
        お名前・お電話番号・メールアドレス・
        予約枚数を明記の上 info@kotist-nozomi.com
        までお申し込みください。


181026.jpg




posted by 宮西 希 at 17:29| Comment(0) | プライベート

2018年09月20日

学校での邦楽の授業について


学校の音楽の授業時間に、和楽器を「必ずやるように」と

指導要領が変わってから、早くも15年以上経ちました。


私はこの、学校の邦楽教育を必修に、という活動団体に

若い頃にお手伝いで参加していたこともあり

現場の様子を見聞きしていました。


学校の音楽の先生は

西洋音楽を学んで、先生になりますが

邦楽は、日本音楽。

まず、まるで言葉(音名)が違います。

言語で言うと文法である音楽理論も違います。


そこに、例えばお箏の先生が教えに行っても

通じない部分が結構あるようで

そのうち、洋楽邦楽の両方をわかっているということで

学校の先生方の勉強会に

講師として呼んで頂いたり

実際に学校で授業をしたりということが増えてきました。



やはり、音楽の先生には

「西洋音楽の言葉を使って」日本音楽の理論をお伝えするほうが

早いです!

それと、伝わります。


また、現場でよく聞く声として

中学校で「さくらさくら」を教えようとしたら

小学生の時にやった〜!と言われて

教える曲がないってこと。


最近は、J-POPなどの譜面を使って

学校の授業で箏で弾く、お箏の先生も増えているようですが

それらは、せっかく日本音階で並んでいる箏を

わざわざ、ドレミファソラシドに並び替えて弾いている方が多いです。


勿体無い!

日本音階で並んでいるからこそ

箏らしいフレーズが弾けたりするのに!


でも、日本音階でJ-POPを弾く弾き方を

お箏の先生たちが、ご存知ないんです。



私は、学校で子どもたちに

例えば、ちびまる子ちゃんやビートルズを

日本音階で、弾かせています。

日本音階で弾くと、ただ音を出すだけでなく

箏独自のフレーズが生かせたり

箏特有の奏法を、子どもたちでも簡単にできるので

急に和を感じるビートルズになって

それはそれで面白い!ってなります。


学校では、ぜひ、日本音階のままで

子どもたちの身近な曲を教えましょう!


興味のある学校の先生がいらしたら

教員研修や、実際の子どもたちへの授業に伺いますので

ぜひ、お問い合わせください。

50FB2A83-9594-4DEF-9EC6-90C7D76787D3.jpeg

CD3737A0-1945-43A2-B602-5A361A106CF6.jpeg





posted by 宮西 希 at 13:44| Comment(0) | 仕事