2020年05月26日

保護犬フクちゃん・その8卒業!


昨年のクリスマスからお預かりしていた

保護犬のフクちゃん。

先日、とっても素敵な里親さんに巡り会え

無事に我が家を卒業しましたexclamation×2

IMG_3032.png


何人かの方々からお問い合わせを頂き

一生懸命、真剣に考えてくださる方々に恵まれたのですが

どう考えても「これは、ご縁だexclamation×2」と感じずにはいられないことがあり

こちらの里親さんにフクちゃんをお願いすることにしました。



前日はお風呂に入りました。

1番最初、うちに来た日

まず向かったのはお風呂だったのですが

本当に怖くて怖くて、なかなかケージの中から出て来なかったね。

IMG_0731.png

お目目も三角で、どの子もそうでしょうが

きっとコイツに殺される、と思って

私のことを睨みつけていました。

IMG_0752.jpg


それとは大違い!

IMG_3042.jpg

IMG_3046.jpg

ドライヤーは、初日から怖がらなかったのですが

この日は落ち着いてゆっくりお話ししながら乾かすと

黒い毛並みはツヤッツヤになりましたぴかぴか(新しい)

うちに来てから3kgほど体重も増えたので

栄養状態も良くなって来たのだなぁと実感。


お風呂の後は、ゆっくり自室で

こんなリラックスして笑顔を見せてくれるようになったなんて揺れるハート

IMG_3058.jpg

預かりとしては、もう、感無量です。


くろすけの時もそうでしたが

今回も、我が家のルカの存在なしには

ここまでは来れませんでした。

IMG_0819.jpg

人間が怖くて、逃げるだけでなく時には噛もうとするフクちゃんに

常に寄り添い、人間との付き合い方を教えたのは

ルカです。

IMG_0841.png

おねだりの仕方をフクちゃんに見せているルカ。

IMG_0842.png

「ね!わかった?こうやるの」

と振り返るルカ。


IMG_0884.jpg

IMG_1133.jpg


実家の小春との時間も、フクちゃんにとっては

人間は怖くないんだ、と気づいて

私たちに近づくいいきっかけになったようです。

IMG_1058.jpg





出発の日、目を覚ますと

私のすぐ隣にフクちゃんの姿がありました。

普段、ルカが寝ている位置ですが

この日はきっと、ルーちゃんが譲ってくれたんだね。

IMG_3081.jpg


フクちゃんの本当のおうちは

我が家からは、少し離れているところですが

とってもとっても素敵な

日本を感じられる風景が目の前に広がる場所です。

IMG_2960.png

里親さんはIさんとおっしゃるご夫婦。(旦那さまは顔出しOK)

初めて一緒に歩いた時も

あれだけビビリで、いまだにうちの夫にはビクビクしているのに

フクちゃんは落ち着いて手を繋ぎ

時々顔を見上げながら歩くのです。

その姿を見て

「間違いない。やっぱりここだなexclamation×2」という思いが確信に変わりました。

IMG_2963.png


Iさんは、実は以前にも保護犬と一緒に暮らしていた方で

保護犬に対してのご理解はとても深く

それも安心なことなのですが

そのおうちにはニャンコ達が3頭いるのですが

なんとそのうちの2頭は

奥様がミルクボランティアをなさっていた仔を

そのまま引き取ったとのこと!


ミルクボランティア、通称ミルボラとは

ちょうど今の時期、仔猫さんたちが生まれる季節に

乳飲み子の状態で保健所に持ち込まれたり保護されたニャンコたちを

母猫に代わってミルクで育てるボランティアさんのこと。

実は保健所では、授乳して育てる人手がないので

もう少し大きくなった仔猫なら、譲渡対象になるのに

乳飲み子は、殺処分されてしまうのです。

そこで、ミルボラさんが必要なのです。


人間の授乳と同じく、ほぼ2時間おきに

ミルクをあげるだけでなく、排泄を促すこともします。

ずーっと何ヶ月も続くことではないとはいえ

もう、ほんっとうに大変な、愛情がないとできないこと。


ニャンコと一緒に暮らしたことがなく

ニャンコについては詳しくない私の唯一の心配は

そうやって育ったニャンコさんたちと

フクちゃんがうまくやっていけるか、ということ。

ルカのニャンコを見るとガウガウ言って追いかける姿しか見たことないので

内心、だいぶ心配しました。

が、杞憂に終わりましたグッド(上向き矢印)

だって、見てくださいこの笑顔!

IMG_2959.png

目線の先に、白いニャンコがいるのですが

初めて見るものなので「なに?これ?」といった感じで

全く攻撃もせず。

一緒にお二階に上がっていって

まるでずーっと前からそこが自分の居場所だったように

私のことを見下ろしていました。

IMG_3028.png

でも逆に、猫さんの方が強いんですってね!

のちに、フクちゃんは先制猫パンチを喰らいましたわーい(嬉しい顔)


フクちゃんは、里親さんから

新しくSUNNYというお名前をつけて頂きました。

明るくて前向きで

うちにいた後半に見せていた笑顔にピッタリなお名前でするんるん

IMG_3097.jpg

IMG_3099.jpg


たった4〜5ヶ月の頃に、兄弟犬と一緒に保健所に入れられて

20180211.jpg

狭い檻の中で1度も太陽も見ず

寒い冬はコンクリートの床に震え

暑い夏でも毛も刈ってももらえず

風も鳥も虫も知らないまま

怖くて怖くて、怖さしかない世界を

ずーっと2年半も耐え続けて来て

20180601-1.jpg

やっと、幸せを掴んだフクちゃん。


これからは、どんなことがあったって

Iさんたちが守ってくれる。

君のこと、1番に考えてくれる。

IさんたちがSunnyのことを幸せにしてくれるように

SunnyがIさんご夫婦の幸せになれるよう

太陽のように明るい存在でいてね!

IMG_2919.jpg

SUNNY、本当におめでとう揺れるハート






posted by 宮西 希 at 22:59| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年05月14日

保護犬フクちゃん・その7


いつもルカと一緒の保護犬フクちゃんですが

ひとりで獣医さんへ行きました。

車の中では、いつもより広く感じる後ろの座席に

ポツンと座り、ちょっと寂しげ。

IMG_2891.jpg

IMG_2895.jpg



実は3カ月前の初診時は

怖くて怖くて獣医さんにお口が出ちゃったのですが

場所に慣れてもらうため

何度か診察なしで通う練習をして

今回はすんなり「ちっくん」もできました。

待合室でもこの落ち着きぴかぴか(新しい)

8BAE0DC0-D3F2-4028-A70F-D29AAA16737E.jpg

本当に、目が優しくなったなぁ。


そして「大丈夫?」と聞いたらこの笑顔!

240671FC-10AC-4AC4-982E-5F1EA4A67597.jpg

診察後「自信ついたんでしょう!」と言ったら

「うん」と振り返りました揺れるハート

491723EC-8AF8-44AB-B34B-AAD83B78BC45.jpg

いい子だいい子だハートたち(複数ハート)

B441FDFA-0C6F-4078-B5AC-2A16E1522D50.jpg


もう、どこに行ってもペットとしてやっていける。

もう大丈夫。

本当によく成長してくれたなぁと思います。

くろすけの時もそう思ったけれど

ここまで一緒になってフクちゃんを

ケアしたり、リードしてくれたルカと娘のKちゃんなしには

成し得なかったです。


「一般譲渡不可」とされた保護ワンコの成長ぶりは

人に慣れているワンコのそれとは比べ物にならないほどで

「預かり」として、最高に充実感と幸せな気持ちを感じまするんるん

心が満たされるっていうか…

信頼した瞳で見つめられると、もう揺れるハート


さあexclamationもう一踏ん張りです。

本当のご家族に繋がる赤い糸を手繰り寄せる日々。

君が変わる必要がなく、そのままを受け入れてくれるご家族

そして、人間もワンコも必ず両方が幸せになれるおうちを

探しますぴかぴか(新しい)




*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。











posted by 宮西 希 at 23:13| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年04月15日

保護犬フクちゃん・その6 里親募集開始します!


フクがうちに来てから4ヶ月を迎えようとしています。

最近のフクちゃんは

リードをつける時など、前みたいに逃げ回らないで

怖がりながらも、あまり問題なく装着できるようになり

お庭で走り回る際にも、相当気をつけながらですが

ノーリードで走れるようにもなって来ました。

そして、そのあとにリードをつけたい時

例えばルカは

「手をつなごう〜!」と言うと

ちゃんと側に来て「ついて」で座って

大人しくリードをつけさせてくれますが

それを見ているフクちゃんも

なんと!お庭の隅っこに

自らやって来てお座りして、つけさせてくれるようになりましたぴかぴか(新しい)

ものすごい大きな進歩るんるん

IMG_2397.jpg


車でのお出かけも慣れて来て

先日はこんな良いお顔で笑ってくれました。

IMG_1851.jpg


私がパソコンの前で作業をしていると

足元に、こんな風に丸まることも増えて来ましたし

IMG_1821.jpg

お料理をしていると、キッチンの足元で伏せをしています。

本当に随分、慣れて来てくれました。


娘ともこんなことができるようになりました。

IMG_1858.jpg

まだ2歳(2018年1月に生後4〜5ヶ月の状態で収容)と

とても若いフクちゃんですので

お子さんとキャーキャー言って遊んだり

元気に走り回ったりという生活も

一緒に楽しめるかと思います。


ただ、そうは言っても保護犬です。

しかも、一般譲渡対象から外れたワンコです。

一般対象外とはつまり、元野犬や噛むこともあったワンコだということ。

でもそれは、学ぶ機会がなく社会性を身につけていないだけだったり

本人(犬)にとって、その時に噛む必要があった、ということで

本当に殺される!という、究極の経験をした子たちだからなのです。

どんな善良な市民(人間)であっても

強姦に襲われたり、殺人犯に凶器を突きつけられたら

相手に精一杯の抵抗をするでしょう?

それと一緒です。


そういう悲しい思いをしてしまったワンコたちも

きちんと心のリハビリ・トレーニングを重ね

人間は自分のことを殺す生き物ではない、と認識し

人間との信頼関係を築いていけたら

さらにその信頼関係を築くのが、飼い主さんだとしたら

それは逆に、ものすごく飼い主さんに忠実なワンコになります。


もしも、お子さんのいらっしゃるご家庭で

フクをご希望してくださるのなら

お子さんにしっかり、その辺りを教えていただき

ご家族みんなで、一緒になってお勉強して頂ければ

一緒に暮らすことは可能だと思います。



こういう子の場合、私があまり教えすぎて

必要以上に私のことをボスだと認識してしまうと

本当のご家族に懐くまでに、また苦労してしまうので

今は、お座りと待て、そしてお散歩時の歩き方くらいしか教えていません。

でも、覚えは悪くないし

もっと教えて!もっと知りたい!遊びたい!という気持ちは感じます。


実際に、誰にでも笑顔を見せられるような

可愛いペットとしてのワンコになるには

まだまだ時間がかかりそうです。


逃走防止のための必要なこと

たとえば家の周りの塀は、高さのある越えられないものに変えて頂いたり

玄関は2重扉にして頂いたり

時にはリフォームをお願いする場合だってあります。

それらを「フクちゃんのため」だとご理解いただき

きちんと、問題のあるワンコをトレーニングし

(もちろん訓練士さんについて頂いて構いません。

 ただし、訓練士さんに任せるのではなく

 ご自身の手で、トレーニングできるよう

 人間自身がお勉強していただく必要があります)

今以上にペットとして可愛がられるワンコに

育て上げて頂けるご家庭を希望しております。


こんなフクちゃんですが

もし、一緒に暮らしたい!と思ってくださったら

1度「ペットのおうち」をご覧ください。

そちらより、ペットのおうちのアンケートを経て

問い合わせや、里親さんへの応募をしていただくことが出来ます。


「ペットのおうち」ふくちゃんのページ

どうぞよろしくお願いいたします❣️




*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。






posted by 宮西 希 at 21:20| Comment(0) | 保護犬フクちゃん

2020年03月07日

保護犬フクちゃん・その5


フクをうちで預かってから、2ヶ月半経ちました。

本当にゆっくりペースですが

徐々に、普通のわんこらしくなりつつあります。


写真をまだ撮れていないのですが

つっかけサンダルをボロボロにしてしまったので

おもちゃにあげてしまったのだけど

それを、ブンブン!ブンブン!!

振り回しては床に叩きつけ

一人でテンション上がってジャンプしたりしています(笑)



でもまだ、例えば「ゆったりと人間のそばで寝そべる」までは

行き着いていません。

怖くて縮こまってしまうので

IMG_1662.jpg

こ〜んなふうに抱っこして連れて行ったりもします。

大人しく抱っこされているから、まぁいいか!



ルカがやっているのを見ているので

ご飯の前には「おすわり」をするんだなぁ〜っていうことも

わかってきたみたいです。

怖がりながらも、座り始めました。

IMG_1769.jpg

しかも、ヨダレをポタッ…ポタッ…と垂らしながら

座っています(笑)


うちでは、どのワンコも

外から帰ってきたら必ずお風呂場直行なのですが

最初は怖くて逃げ回っていたお風呂も

怖いながらも、手足・お尻を洗うことは覚えてくれて

ビビって手もビクッとしながらですが

なんとか洗えています。


そして、初めてゆっくりブラッシングにもチャレンジ!

これもルカを日々見ているから

ブラシ自体は怖くないらしく

こちらが拍子抜けするくらい、大人しくやらせてくれました。


とはいえ、最初はちょっと怖くて

私の足の間に、顔を埋めています。

IMG_1741.jpg


そのうち慣れてきてカメラ目線。

IMG_1749.jpg


この角度から見ると、確かにテリア系なのだなぁと思います。

IMG_1754.jpg

テリアが入っているのは、確実です。

なぜなら、同時に保健所に入れられた兄弟が

完全にテリア顔だからぴかぴか(新しい)


ブラッシング終了で、記念写真るんるん

ふーちゃん、ちょっと迷惑そうですがあせあせ(飛び散る汗)

IMG_1761.jpg



病院にも連れて行ってみましたが

まだ、私が支えていても診察台から飛び降りようとするし

獣医さんにもお口が出そうになります。

場に慣れてもらうため、診察とは関係なく

何度か病院に行って、診察室に入って、帰ってくる

というのを繰り返す必要がありそうです。


ちなみに、うちに来たときはおそらく12kg台だったと思われる体重は

15.4kgにまで増えました。

来た時、ふーちゃんのお尻は

骨ぼねしかったためにとんがっていたのですが

だんだん丸くなって来ました。

お顔も優しく可愛くなって

お目目も三角だったのが

まんまるになって来ました。


病院に上手に行けるようになって

マイクロチップを装着完了できたら

里親募集、かけようと思っていますが

まだまだ、先かなぁ。。。



*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。








posted by 宮西 希 at 01:38| Comment(2) | 保護犬フクちゃん

2020年02月16日

保護犬フクちゃんその4・少しずつの成長


うちに来てそろそろ2ヶ月。

ペースはすごーくゆっくりだけど

預かり保護のフクちゃんは確実に少しずつ成長しています。

お家の中ではこんなに落ち着いて座ることもできるようになってきました。

84D12925-4774-43D4-A1CB-232CE02BCBAD.jpg


リードやお散歩後のお風呂はまだ

ルカの助けがないとできないけれど

やっと家の外に出ることも出来るようになりました。

とはいえ、途中で固まってしまい半分は抱っこで連れて行く感じ。

D62D3FF7-A659-452C-A5BE-546208E608A9.jpg


ビーチでも、私の足の間なら

少しは安心するみたいです。

AD12C5B9-377B-4962-8482-FB09653287DA.jpg


855B9B58-EA12-40DA-AF9D-FFF3E746C289.jpg

この緊張ぶり!


お外では、ペットとしてヌクヌク楽しく生きているワンコたちとたくさん会って

「この世界、ホントなのか?」

「本当に人間を信じていいのか?」

と迷っている様子。


今までの恐怖心しかなかった世界からの脱出

早くできると良いけれど

それはフク本人(犬)の頑張りにかかっていると思う。

心が柔らかくなるのを待つしかありません。

どれだけ怖がるかというと

リードつけようとするだけで逃げ回りビビリうんぴーする程です。

ルカがびっくりする程上手にアシストしてくれるので

本当に助かっています。

CB08FB36-58F9-42C5-B2A6-8687A6EB6A7D.jpg

でもわりとかわいい顔しているでしょう?


そろそろ、動物病院に連れて行けるかな!

マイクロチップ入れて

お散歩を怖がらず行けるようになったら里親募集しようとは思うけれど

あと2〜3ヶ月はかかるかも。


体重は、抱っこして測ってみたら(やっとそれができるようになった)

14.5kgでした。

室内でも一緒に暮らしやすい大きさだと思います。

推しポイントは、何しろトイレが上手ぴかぴか(新しい)

野犬出身、子犬の頃から保健所の中にしかいなかったのに

最初からトイレシートにきちんとしてくれています。

この辺り、暮らしやすさとして高得点獲得でするんるん




*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。








posted by 宮西 希 at 22:04| Comment(0) | 保護犬フクちゃん