2017年09月22日

WANCOTT


ワンコのための施設、WANCOTTにてミーティングがあって

ルカとDaughter-Kと両方連れて伺いました。

IMG_9642.jpg

ワンコの施設だから「ルカも連れてどうぞ」はわかるけれど

「子どもさんも一緒に」とおっしゃっていただけて

やはりこのところ、社会が変わってきているんだなぁというのと同時に

たまたま、そのような環境に恵まれていることを

とてもありがたく思い

お言葉に甘えて、ふたりとも連れて行きました。



まず、ワンコのためのホテル

IMG_9643.jpg

小さな檻に入れられたまま数日預けるのではなく

こんな素敵な、そして広々したスペース

各部屋の前にフリースペースもあり

ゆったりと遊べるし、いいですね〜ココ!


介護施設もあるのですが

今日はたまたま、プールで歩行訓練しているワンコがいました。

IMG_9647.jpg

ダイエットのために、ここを使って運動するワンコもいるそうです。


室内のドックラン

IMG_9649.jpg

IMG_9651.jpg


フリースペース

IMG_9648.jpg

IMG_9645.jpg


驚いたのは、室内なのに全然

本当に全く、匂いがしないこと!

ワンコ用トイレも、いくつも設置されているのですが

匂いに敏感な私でも、全く気になりませんでした。


赤ちゃん用のオムツ替えベッドが設置されているトイレもあり

色々な世代の方が、ワンコと楽しめるスペースです。


WANCOTT

詳しくは、HPをご覧いただければと思いますが

横浜にあります。

地下に駐車場があり、そのままエレベーターで

ワンコと一緒に4階へ上がれます。

普通にホテルにお泊りにもいいし

私も経験しましたが、ワンコの介護生活になった時

ほんの1日、2日介護施設に預けることで

人間も、生活を立て直したり

リフレッシュして、また一生懸命介護することができるんですよね。

そんな時、是非利用したいと思える施設でした!












posted by 宮西 希 at 22:14| Comment(0) | ペット

2017年05月21日

ワンコ無事保護


私の住んでいる町で搜索されていたワンコ

昨日の午後、佐島で無事に保護されました。

朝早くから、前日目撃された付近を搜索していた方々が

佐島にいることを確認。

私は午前中は参加できていなかったのですが

気が気じゃなく

午後になって、やっぱりそちらに足が向かいました。


運良く?島に逃げ込んだので、島を渡る橋を封鎖し

人としても、捕獲網としても、完璧な包囲網体制でしたが

朝早くには、1度捕まえた!と思いきや

抱きかかえた腕から抜け出して

なんと、海にダイブしたそう。

かわいそうに、本当に怖い思いをたくさんしちゃったね。


島にいるうちに保護しないと

またどこまで走って行ってしまうかと思っていたから

捜索してきた人たちも、みんな必死だったんだよね。


私たちが佐島に着いた時「神社の裏の森に逃げ込んだ」とは聞いていたけれど

行ってすぐに、森の端っこでルカが立ち止まってやたらとクンクンした場所があり

まさかなぁ、私たちまだ来たばかりで

そんなすぐ当たらないだろう、と思っていたのですが

その後すぐ、オリーブが森の外を歩いて行ったので

もしかするとルカの鼻は合っていたのかもしれません。

最後はオリーブを茨城県の保健所から引き出し

3ヶ月一緒にいてくれた早川さんの車に自ら近づき

一人でオリーブの方へ向かった早川さんが呼んだら

尻尾を振って、自分から寄ってきた!

やっぱり、網より愛だよね揺れるハート


私は1番最後にちょっと参加しただけなのに

1番近くでそれを目撃してしまって

朝早くから頑張っていた方々に申し訳ない気持ち・・・

IMG_8249.jpg

IMG_8250.jpg

IMG_8280.jpg

IMG_8260.jpg

みんなそうだと思うけど

感動して、涙ウルウルでした。

持っていた餌やおやつをあげたら

むさぼるように食べていました。

IMG_8258.jpg

12日間の大冒険を終えて

身体中ダニだらけだったけど

オリーブは元気で、なんだかとっても楽しそうだった。


保護犬が譲渡されたその日に逃走したこと

見ず知らずの方々同士が

ワンコ好きというだけで自主的に集まって

みんなで捜索したこと

オリーブが10日間滞在した棚田周辺では

顔を見ればみんな「オリーブ見つかった?」と話してくれていたこと

捜索に参加できなくても

町中の方が、情報を拡散し、ここにいた!と情報をくれたこと

女の子のワンコが、葉山の山の中から

横須賀の海まで半日で移動できちゃうこと


いろいろ感じることがありました。


そして、こんな素敵なところが

すぐ近くにあるって知ることもできたし

IMG_8264.jpg

一緒に参加したワンコ友達とも

距離がまた縮まった気がして嬉しかった。


イノシシとも戦っていた姿を見られていたオリーブ

車にも、海の事故にもあわず

無事で本当に良かった!

昨晩のビールとワインは、おいしかったですビール




posted by 宮西 希 at 11:16| Comment(0) | ペット

2017年05月20日

ワンコ捜索10日目


私の住む町で、保護犬のオリーブが

里親さんにトライアルに入ったその日に迷子に。

もう10日。

私も、時間を見つけては捜索に参加していますが

いるんです、捜索している方々のすぐそこに!

IMG_8233 (1).jpg

なのに、保護できないんです。


でも、保護犬は本来、怖がりさん。

それなのに捕まえようと、追い回されちゃったりもして

余計に警戒心が増しています。


最初はみんな、犬連れで捜索していたのですが

とうとう、ワンコを見ても逃げてしまうようになり

さらに山なので、イノシシの罠や電気柵が多く

自分たちのワンコも危ない、ということで

ここ数日は、人のみでの捜索になっています。


昨晩、10日間いた地域の

隣の地域にある古民家レストランで

ゴミを漁って魚を食べていたのを

レストランのオーナーさんが気づき

捜索されている犬とは知らないまま

ドッグフードとロールケーキ(ロールケーキくれるところが素敵揺れるハート)を

置いておいてくれたのだけど

知らないうちにきれいに食べていたそう。

その後、目撃情報が途絶えていたら

今日の昼に、一山超えて海の方で発見された!


信じられない移動スピードと移動距離に

人間たちは慌てて、チラシを配りつつ追いかける。


私は小さな子どもがいるので

本当にできる範囲での参加ですが

いろいろ考えさせられます。


里親さんにトライアルに入った、その日に迷子になるなんて・・・

それも、そのおうちに1時間もいなかっただなんて。


来てすぐの時間は、ルカが1番寂しい顔をしている時間だった。

ルカを抱きしめながら、辛かったでしょうって

絶対私がどんなことあっても一緒にいるからねって

楽しいことたくさんしよう!

幸せだって思えるように、私が必ずするから!って

約束している頃だった。


それを、気付いたらいなかった、だなんて

本当に、保護犬とはどういうコなのか

わかって迎えたのか疑問が湧きます。


でも、オリーブのおかげで

今まで行ったことのなかった集落に毎日通って

こんなに素敵なところがあったなんてぴかぴか(新しい)

と感激しています。

だって、棚田なんですよexclamation

写真はちょっと、お天気悪いけど

IMG_8229.jpg

こんなに良いところが、近所にあったの

知らなかった!


それに、その集落の方々と顔見知りになって

なんだか楽しい。


早くオリーブ、保護されるといいのだけど・・・

車と海、イノシシに気をつけて、元気でいて欲しいです。





posted by 宮西 希 at 01:00| Comment(0) | ペット

2017年05月15日

迷子のワンコ探し

日本で1番、登録犬数が多いという(本当なのかな?)

私の住んでいる葉山。

Baby-Kから進化したDaughter-Kを、いつも預かってくださる方から

回ってきたメールは

「保護犬が、一時預かりさんから

里親になるという方にトライアルに出たその日に

お家を飛び出して迷子になっている」という情報。


私もすぐに、ワンコ友達やペットシッターさんに

メールで回したのだけど

私の仲良くさせていただいている

この間もワンコ約20頭とその飼い主でBBQしたばかりの方の

お知り合いの方が保護していたワンコでした。


思いの外、近いところのお話で

いてもたってもいられなくなり

今日は、ルカとDaughter-Kを連れて捜索へ。


一昨日、目撃情報のあった山のふもとから

車でウロウロしていたら

同じようにウロウロ探している車にも遭遇。

みんな保護犬活動している人たち。

なので、私は車の入れないような小道を行こうと

ルカを連れ、Daughter-Kをベビーカーに乗せ歩いてみた。

車で感じているより、歩いてみるとすごい坂道で

半分ルカに引っ張ってもらいながら、今日は足腰鍛えました。

先日やったギックリ腰

治っててよかった。


住民の方たちも「ワンコ、まだ見つからないのか?」と

たくさん話しかけてきてくれ

情報は浸透している様子。

私も、ほんの20分前に〜というタイミングで遭遇できなかったけど

今日も、住民の方からの目撃情報がいくつかありました。


もう迷子になって5日。

昨日は1日大雨だったし

疲れているだろうし、お腹空いているだろうし

新しいお家に行った途端の出来事で

不安でいっぱい、心細くて仕方ないだろうなぁ。


保護犬というものに注目していると

実は、迷い犬の数が多いことに驚きます。

保護犬ということは、それまでに捨てられたり色々な事情で

放浪していた時期がある、ということ。

そして、人間に恐い目に遭わされているワンコもいます。

まして、1度「保健所」と呼ばれるセンターに入ったワンコは

殺される・・・という空気を直に味わったこともあるわけで

人間になかなか懐いていない場合も多い。

だから、子どもの頃からペットとして飼われているワンコより

逃走もしちゃうし、人を見ると逃げていっちゃうワンコもいるのでしょう。


1度、信頼関係をしっかりと結べば

ワンコは絶対に飼い主の元を離れません。

1度ひどい思いをしたワンコでも

新しい飼い主さんが見つかって、うんとしっかり信頼関係ができれば

それは同じだと思います。


捜索は明日も続きます。

早く見つかるといいなぁ(涙)

そして、新しい飼い主さんを信頼してくれるといいなぁ。












posted by 宮西 希 at 00:26| Comment(0) | ペット

2016年11月17日

ふるさと納税でペットの保護施設建設


11月16日は、私にとって4代目のわんこ「ルカ」が

私と家族になった日でした。

ルーちゃんは、保健所に収容されてたコで

生まれた日時も、場所もわからないので

出会った年の11月16日を1歳の誕生日ということにしました。


今年で3歳。(推定)

ルーちゃんの大好きな鶏肉をたくさん焼いて夕ご飯にし

ケーキでお祝いしました。

IMG_6994.jpg

うちに来た当時、あばら骨が見えるほどガリガリで

栄養失調のため毛もバサバサ。

毛玉がひどく、刈り上げられた状態でした。

保健所から引き出し、仮に預かってくれていたボランティアさんが

私のうちに届けてくれ、お帰りになると

ものすごく寂しそうな、元気のない顔になってしまいました。

IMG_1598.jpg

それまで相当怖い思いや辛い思いをしてきたのでしょう

いろいろなことに怯え、手を触るのでも最初はビクビクしていました。

初日、ルカの新しいベッドのある寝室に

呼び寄せるのにかかった時間は1時間以上。

「ベッドにどうぞ!」という誘導に安心して乗ってくれるまで

さらに時間がかかりましたが

その時に見せてくれた顔が、こちらです。

IMG_1601.jpg


そして、1週間後すっかり安心した頃のルカがこちら。

IMG_1675.jpg

どんどん表情が変わっていくのが

わかっていただけると思います。

特に、冒頭の現在のルカの写真と、2枚目のうちに来た直後の写真は

同じわんこだとはなかなか思えない表情をしているなぁ

と、私も思います。

現在は、とても有能な育児アシスタントを務めてくれています。

Baby-Kが泣けば1番に飛んでいき

私が洗濯物を干したりトイレに行ったりして帰ってくると

必ずBaby-Kに寄り添っていてくれます。

レッスン中に撮った写真なのですが

Baby-Kはルカの手をしっかり握って眠るほどです。

IMG_7018.jpg



私は今まで、わんこを「買った」ことは1度もありません。

その時その時に、困っているコやご縁のあったわんこと

家族になってきました。

なんとなくですが「大型犬のミックス」にこだわっています。

どうしてかというと、一番貰い手が少ないからです。


私の住んでいる地域は、たくさんのボランティアさんのおかげで

殺処分はゼロを達成しています。

なのでルカは、殺処分をまだまだたくさん行っている県から引き取りました。


でも、殺処分ゼロとは本当に解決したわけではないんです。

ゼロにするため、保健所から定期的にわんこを引き出し

二人で100頭のわんこを世話しながら暮らしている方を

私もよく知っています。


そこで今年のふるさと納税は

ドイツのティアハイムをモデルにした

殺処分をしない、個室やドッグランを備えた

文字通り「動物を保護する施設」を建設するための基金(神奈川県)に寄附しました。


こういう動物のための活動もできますので

たくさんの方々に知っていただきたいな、と願っています。


神奈川県動物保護センター建設基金

それが・・・このページが、少しわかりづらくあせあせ(飛び散る汗)

なかなか寄附をするページにたどり着けないので

一応、書いておきますねるんるん


1 緑色の「ふるさとチョイスから寄附をする」ボタンを押す

2 移動したページの上部「この自治体に寄附を申し込む」という赤いボタンを押す
  (ボタン下の情報もしっかり読んでくださいね)

3 「寄付金の使い道を選ぶ」の中から「神奈川県動物保護センター建設基金」を選択




posted by 宮西 希 at 23:46| Comment(0) | ペット