2022年04月08日

小学校入学


277587145_7718809608161305_4590566269641146526_n.jpg

娘が無事、小学校1年生になりましたぴかぴか(新しい)

自分で選んだ赤いランドセルを背負って、ご満悦です。

277754971_7718809671494632_5734046703560171018_n.jpg

私は、自分の小学校の入学式に入院していたため出られず

そのまま登校拒否になってしまったような子どもだったので

(今の私からは想像できないでしょexclamation&question

無事にスタートができてホッとしています。


IMG_1618.jpg

入学式の次の日。

通学班登校ではない地域ですが

幼稚園でも一緒だったご近所の2年生のお嬢ちゃんが

張り切って一緒に手を繋いで連れて行ってくれています揺れるハート

かわいいねぇ〜この3人の後ろ姿るんるん


最初は緊張感を持っているから起きれたけれど

これから毎朝、ちゃんと起きられるかなぁ?私が…あせあせ(飛び散る汗)



posted by 宮西 希 at 11:18| Comment(0) | プライベート

2022年03月31日

あっという間の3月

FB866675-0BAA-4E6E-8111-2F1A0FF4B578.jpeg



39144D72-665A-4DAD-89D4-C4329FAC9890.jpeg



この3月は、巣立ちの鳩を見守ったり

娘の母をいつもよりしっかりやっているうちに

終わってしまいました。

8FD5FF19-98FA-4E72-A23E-59C71BC4DC76.jpeg

本当に全然ステージも、音楽活動もできていないまま

やるとしたら、娘に教えることかなぁ。

E739A46F-884E-43FF-8FAA-292C3D3D8B6B.jpeg


ちなみに3回目のワクチン接種も終了注射器(血)



4月からは1年生の母になります。

卒園式は私が行ったので、入学式は夫が行く予定。

本当なら両親共に参加できたら良いのだけど

少し感染が収まってきた?と期待したけれど

どうやら無理そう

私、小学校の入学式は縁がないのね…

自分の時も出られなかった涙ぽろり


でも、桜をみるとやっぱり

日本人って心癒されますね。

同じ桜の樹の下で娘とのツーショット写真を

今年も撮りました。

いつまでこんな、一緒に写真撮ってくれるんだろう?


posted by 宮西 希 at 23:03| Comment(0) | プライベート

2021年02月10日

初めての爪箱


AB2E3710-329B-495B-8BA6-2E10FC2604D7.jpg

娘のお爪を入れる袋は最初からあったのだけど

もう昔から使っているもので古く色褪せ

でももったいないから…と娘も納得して使っていました。


でも、とうとうヒモが切れた

(というか娘が噛み切ったなぜ噛んだexclamation&question


最近、とてもよくお箏を練習するので

では少しランクアップして「爪箱」を買いましょう、と。


本当はこんなコロナの真っ最中に行きたくないのだけど

歯列矯正のためにどうしても行かなければならず

都内に出かけた帰り(当然、車移動)

碑文谷の琴光堂さんに寄りました。

あらかじめお電話してあったので

きれいな爪箱をたくさん並べて待っていてくださいました。


娘はその中から、一番最初にこれを手に取り

その後3つほど選んで散々迷いに迷って

結局最初に選んだものに決めました。

(そんなものだ)


毎日、少し強めのバネが入っている爪箱の蓋を

パカッ!と音を立てて開けて箏を弾き

弾き終わった爪を入れたら、指を挟まないよう

バチンと蓋を閉めています。


でもせっかくこんな綺麗な箱なのに

娘はさらに化粧箱に入れちゃうんだな。

わかるけど…あせあせ(飛び散る汗)

CEF52AAC-A0B6-47D1-B312-4F57FBF4CF85.jpg



posted by 宮西 希 at 10:00| Comment(0) | プライベート

2021年02月04日

娘のお爪


1110169F-24CD-4A15-AFD4-A0DFF8939E20.jpg

娘のお箏のお爪が小さくなって、作り直し。

2歳の時に初めて作り

既製の爪の輪では大きすぎるので、輪の中に絹のシートを挟み込み

木綿糸を巻いて輪を小さくしていました。


3本の指にはめるので

大きくなるにしたがって二重巻きの木綿糸を一重にしたり

部分的に外したり

人差し指に使っていたのを中指にローテーションしたりと

色々やりくりしてきましたが

ついに親指は、木綿糸を全く巻かなくてもピッタリ指に合うようになりました。

(でも本来なら中指用)


この小さな爪の輪に

絹のシートをはさみながらひとつひとつ糸を巻きつける作業は

かなり神経を使って肩も凝るのだけど

指に合わない爪で弾くなんてとても不幸なこと。

技術があっても、センスがあっても全く弾けません。


それをよーく知っているので、面倒くさいけど、がんばって作ってますexclamation






posted by 宮西 希 at 23:53| Comment(0) | プライベート

2020年07月29日

父を看取りました


先日、父が亡くなりました。

医師から緩和病棟へと言われたあと本人の

「(日々自動で予約されている)録画したTVが見たい

まだ予約したいしどんどん見ないとHDがいっぱいになっちゃう!」

「小春(ワンコ)と一緒にいたい!」という希望で自宅に帰り

妹と私も実家に戻って介護・看護をしていました。


在宅医療・看護師さん・ケアマネさんも

父への対応カルテの1番最初の目標欄に「愛犬と一緒に過ごす」と書いてくれてありました。

看護師のYさんも本当に人間的に素晴らしいあたたかい方で

Yさんがいてくださらなかったら父だけでなく私たちも

最後まで在宅で看取ることは無理でした。

本当に感謝でいっぱいです。


ラスト10日ほどは「妹が日勤・私は夜勤」と分担して

24時間つきっきりでの看護・介護をし

亡くなる少し前に小春の頭を撫で

最期は母と3人で静かに見送りました。

とてもたくさんのエピソードがあり書ききれませんが

私にとっては言い方がおかしいかもしれませんが

充実感を感じる時間にもなりました。


コロナのこともあり家族葬で送るつもりが

その前に少人数ずつのお別れの時間を設けさせて頂いたところ

葬儀社や私が予想していた倍の人数の方々にお参り頂きました。

1度しかお仕事していないのに

仲良くなりその後もゴルフ仲間として交流が数十年続いていたという方が

本当に何人もいらして

父の交友力・交流力、つながりを大事にする姿勢を見た思いです。


実は、季節の変わり目で亡くなる方が多いのか、葬儀まで6日も待つことになりました。

ゆっくり葬儀の準備ができたのですが

父は自分で遺影も選び

皆様へ「旅立ちのご挨拶」という手紙も書いていました。

車で小春を連れ放浪の旅をよくしていたのですが

その時に屈斜路湖で撮ったお髭姿の写真を遺影写真に指定してあり

こんなお髭の父は家族は誰ひとり見たこともないのですが(笑)

そういうユニークな部分も父の一面なので、そのまま希望通り進めました。

小春が迷惑そうな顔をしているのが、さらに笑えます!

DF0EAEF9-4DEE-49E8-B549-59DB22598F00.jpg


葬儀では、小春もルカも少しの時間一緒に式場に入り最後のお別れもできました。

プランにはなかった

「葬儀前にお別れの時間を設けたい」

「ワンコにお別れをきちんとさせたい」という希望に

柔軟な対応をしてくださった株式会社アートエンディングの渡辺さんには感謝しかありません!

しかも、葬儀後には母が今後やらねばならない手続きなども

丁寧に教えてくださったりフォローが素晴らしくて

本当に良い葬儀社でした。


ちょっと年齢的に早過ぎたなぁとは思うけれど

生まれるのはみんな0歳だけど死ぬのは年齢順じゃないから仕方ない。

最後は辛かったし痛かったと思うけれど

ギリギリまで旅やゴルフを楽しんだ父は、まぁ幸せな方だったかも。

いや、私や妹に24時間完全介護・看護されただなんて、幸せに決まってる。

長女の私の立場としてはいろいろあったけど

お金のことを一切言わずに音楽の勉強をさせてもらったことは本当に感謝しています。


IMG_3694.jpg

この写真は父が亡くなったあと、ある方から頂いたものです。

尺八の合宿時の写真なのですが、小春、こんな所にも行っていたのね〜!

知らなかったわ(笑)



実は問い合わせやメールも頂いていますが、ふくちゃんのこと。

24時間介護・看護になるまでは、徹夜してでもふくちゃん→Sunnyのいる所に通っていましたが

このような日々を過ごしていたため、捜索は私は途中離脱しているのが現状です。

が、ベテラン保護活動家に助けて頂いており

現在ふくちゃんの居場所は限定されていて(複数台のカメラで追っています)

そこで餌付けもほぼ完了、そろそろ頃合いを見て捕獲へと移るタイミングです。

IMG_3680.png


皆様にはご心配をおかけしていますが

そのようなことでネットでの詳細の拡散は控えております。

何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します!











posted by 宮西 希 at 11:57| Comment(0) | プライベート