2016年09月07日

重量税にひと言!


愛車が車検を控えている。

重量税というものが、必ずかかってくるのは当然知っている。

私が不満なのは、大切に大切に乗っていれば乗っているだけ

重量税がどんどん上がるってこと。


私の車は、18才になる。

最初の数年は他の方が乗っていたから

私との付き合いは、18年ではないけれど

楽器のことじろうやおじゃじゃを乗せ

トコを乗せ

今ではルカや、Baby-Kも乗せ

年間数万キロ走ってもらいながらも

大切にしている。


のに!

年数が上がれば上がる程

税金が上がるって、どういうこと?

私の車の重量税は、50400円。

税金がかかるから、早く新しいのに乗り換えろって言ってる?

エコカー推奨しているんでしょうけど

ものを大切に、長年乗っていることこそ、ECOじゃないの?

ものが溢れている日本、感覚、おかしいよ。

ドイツでは、日本とは逆に

長く乗っている車の方が、税金がかからないのよ?


「もったいない」って言葉

ほんっと、言葉だけって思う。

東京オリンピックだってそうだけど

あるものを、まだ使えるものを

大切に使うことの方が価値がある。

少なくとも、私はそう思う。


…って、税金が高すぎるって

タダの、愚痴です(笑)



posted by 宮西 希 at 23:21| Comment(1) | 希の考察

2016年06月11日

おっぱい検査


今週は、定期的に通っている乳腺外来に

おっぱい検査に行きました。


本当は出産前に、半年に1度の検診の予約があったのですが

長期入院していたため行かれず・・・

新規で予約をとると数ヶ月後になるクリニックですが

延期、という形をとってくださって

出産後の今週、受診しました。


授乳中だと、マンモグラフィーは受けられませんが

超音波の検査は可能です。


お仕事で一生懸命の女性たち

そして、子育て中のママたち

日々の忙しさに、どうしても自分のことは後回しになりがちだけど

ほんの数十分なのだから

ちゃんと検査しましょうね!


今回も、私のおっぱいは異常なし。

そして、きちんと次回の予約を、半年後に取ってきました。


今週は有名な方の乳ガンが発表され

こういうことが報道されると

自分も検査に行かなきゃな!と思う方も多いかとおもいます。

思っただけじゃだめよ!

是非そのタイミングで予約を取りましょう。


ホントに、マンモグラフィー

痛くないんだから!

何度もやってる私が言うんだから、ねるんるん


いつも書きますが

女性だけの問題ではないですよ!

男性のみなさんも、ご自身の大切な人に

検診に行くよう、勧めてくださいね!









posted by 宮西 希 at 14:40| Comment(0) | 希の考察

2016年05月02日

同級生

このところ、同級生との関係に恵まれているなぁ〜と思うことが多々。

先日、出産のお祝いにと地元の中学校の同級生たちが

わざわざ我が家まで来てくれたのだけど

その時期というのが、とても絶妙!

私の体調が落ち着いた頃を見計らった頃で

でも、Babyのまだ生まれたて感が残っている頃。

ちゃんと気遣いがあって、来てくれてとっても嬉しかったぴかぴか(新しい)

彼女たちは、ママとしてはみんな大先輩!

自身の出産や子育てのこと

果ては、自分達が中学生の時のことなど

たくさんたくさんお話がつきず

あっという間に夕方になってしまいました。


そして高校の同級生たちからは

使い終わったBaby用品をたくさん譲り受けました。

私と繋がっている高校の同級生は、バリバリ働いている子が多く

私と予定日が1週間違いの人もいたくらい

結婚も出産もここ数年でしている子も多い。


しかも私が頂いたものも

元々は別の同級生が使っていたものだったりして

これは◯◯ちゃんからもらったものだよ〜

こっちは元は△△ちゃんのものだよ〜

と、直接会って、頂いてきたわけじゃないけれど

つながりを感じてとても嬉しくなって

そのことをきっかけに久しぶりにメールしてみたり。


卒業して何年も経ってからでも

集まれば楽しくて

気兼ねなく頼れて

そんな同級生が何人もいること

幸せだなぁと改めて感じました。





posted by 宮西 希 at 16:11| Comment(0) | 希の考察

2016年04月21日

熊本の地震

地震列島と呼ばれる日本

数年に1度は大きな地震が起こるのは

常に肝に銘じておかなければならないとは言うけれど

やはり、悲しいことつらいことですよね。


東日本大震災の時と、私も状況が変わって

今は産後1か月の身なので、力強い行動ができずにいます。

5年前にも同じことを書きましたが

その時その時で、人の役割ってあるはずなので

今回は現地に行ってサポートができませんが

出来る行動は少しずつだけれども、私も始めました。


いろいろな情報が出てくると思うけれど

東日本大震災の時のことを思い出して言うと

支援物資は、現地で仕分けをするのがものすごく労力がいるので

仕分けしなくて良いようにするのが大切です。

具体的には

・1箱に1種類のものを入れる。

・表に、中身が分かるようマジックで大きく内容物を書く


それと特に衣類ですが

「まだ使えるからいいだろう」と使ったものをおくるのではなく

新品を差し上げるべきだとおもいます。

申し訳ないけれど「ゴミに出す代わりに送ったの?」というものも多く

現地ではそれが、非常にやっかいなものでした。

「自分がもらって嬉しいもの」が基本ですよね。


私がたくさん動いている時

「自分には何もできない」「義援金送ることしかできない」

など、おっしゃる方が多くいましたが

義援金、とってもいいことだと思うし

気持ちを向ける、ということ、そしてそれを伝えることは

現地の方々を強く励ましたり、あたたかい慰めになったりするものです。


長くかかると思います。

長いフォローをしていけるといいですよね。

私もできることを、地味に続けていこうとおもいます。






posted by 宮西 希 at 00:03| Comment(0) | 希の考察

2016年04月01日

ご報告

私事ですが

先日、春の佳き日に女児を出産いたしました。


出産を迎えるまでしばらくの間、入院も致しましたことで

ご迷惑をおかけすることになってしまった関係者の方々には

心よりお詫び申し上げます。

同時に、妊娠時からいろいろご配慮いただいたり

これから先も一緒に仕事をしよう!とおっしゃって下さった

音楽関係者の方々

それから、出産に至るまで関わって下さった3つの病院の

医師・助産師・看護師の皆様

特に須郷先生、助産師の小林さん、池川先生

本当に本当に感謝しきれません。どうもありがとうございました。

また、レッスンが長期のお休みとなってしまったお弟子さん方々

その他、多勢のご協力いただきましたみなさまに

心より感謝申し上げます。

(長いことお留守番をしてくれたルカにも、ありがとうるんるん


1/23のライブは、実は8ヶ月半のおなかを抱えてのステージでした。

あの日の映像がPVとなったことも、私にとっては良い思い出です。


どなたもそうなのでしょうが

出産を迎えるまでの数ヶ月は

本当に毎日のように様々なことが起こって、ドラマティックでした。

私は特に、本が1冊書けるくらいの体験をしましたが

どの子も、こうやってストーリーを持って産まれてくるのだな〜と感じました。


これから、私の中でどんな新しい感覚が産まれてくるか

それが、どんな音色になり、どんな曲になるのか

私自身もとても楽しみです。

必ず、今回の経験を音に、音楽に生かし

この先もずっと、この先はもっと

幅広くの方々に寄り添えるような音楽を作っていきたいと

心新たにしております。


引き続き、しばらく産休を頂きますが

5月末に頂いているお仕事から復帰をさせて頂くつもりです。

全国の広い地域で展開したい、というとあるステージの企画のお話も

第1回を妊娠中のために出演できなかった「KAIKOKU」というイベントも

(「SAMURAI Z」をテーマ曲に使って頂いています。次回から参加予定。)

楽しみなことがたくさんあります!

活動再開までどうぞ少しだけ、お待ち頂ければとおもいます。


音楽活動に子育てが加わることで

たしかに大変なことも増えますが

たぶんタフな私なのでやれちゃうと思います!


これからも、応援、どうぞよろしくお願いいたします。


IMG_5488.jpg





posted by 宮西 希 at 22:42| Comment(3) | 希の考察