2018年05月29日

「発達とは鈍感になること」という話(高齢者の運転免許に思う)


高齢者の運転による事故が後を絶たないのは

個々の問題であるように見えて、実は社会全体の問題だと思うのだけど

どうして、高齢の方々には遠慮しがちなのだろう?


だって、どんなに健康で頭もしっかり冴えていても

18歳未満は、絶対に運転免許は渡さないでしょ?

高齢者だって同じ。

どんなに健康で、頭もしっかり冴えていたとしても

ある年齢(ひっくり返して81歳とか?笑)超えたら

運転免許は渡さなければいいのに。


18歳って

「もうすでに大人のつもり」の若者が

少しは冷静に、自分を客観視できるようになる年齢だと思う。


反対に

「いつまでも若いつもり」の高齢者が

冷静に、自分を客観視できなくなるから

「行けると思った」なんて

言い出すんだ。

きっとね、もう少し若い頃は

「もうすぐ赤だ!」とか認識する反応も早かっただろうから

もしかしたら行けたのかもしれないし

無理だ!と判断できて止まっていたのかもしれない。

今回の事故は、それを90歳まで続けちゃってた結果なんじゃないかなぁ。



日本は少し

年をとること、いろいろなことができなくなることが

マイナスの印象過ぎるんだと思う。

もっと、年を重ねることが良い印象で

「運転免許、卒業〜!イェーイ!」って言える社会になると良いよね。


この間、とある大学で受けた講義で聞いた話だけど

「発達」って、実は「鈍感になっていくこと」なんだって!

生まれたての赤ちゃんは、敏感すぎて

例えば少しの物音にも、ビクッ!!!と驚いてしまう。

これが、少しずつ「鈍感」になることが

「発達」というんだそうです。

発達=鈍感になっていかないと、生活しづらいわけです。


発達障害とは、鈍感にならない、敏感すぎるままの状態であることが多く

だから少しの物音や光でパニックになったりしちゃうそうです。


究極の話をすれば

年をとるということは、鈍感を極めていくということ!

それが「発達」なのです!

だから、年をとるってすごいんだぞ!

発達の極みなんだぞ!


そういう風に、堂々と鈍感になっていけるといいね!

そして、感覚が鈍ってきたら

発達しきった証拠なのだから

堂々とできないことは「できない」って

威張って言っていいと思うんだ。


それが、人間の発達の極みなのだから。


そして、発達しきった方々はすごいことなのだから

社会全体でリスペクトし

出かけたい時くらい、無料でタクシーで動けるよう

そういうところに税金使ってくださいよ。


国民の感覚に「鈍感過ぎ」の国会議員さんは

つまり、年齢に関係なく、早々と発達し終えた方々なのだから

サクッとご隠居されて、遊んで暮らしてはいかがかしら?











posted by 宮西 希 at 23:36| Comment(0) | 希の考察

2018年02月13日

時間の使い方


もうすぐ、大事なライブが控えているのですが

娘が来てから、自分の弾きたいときに

弾きたいだけ弾く、ということは当然のことながらできません。

できたとしても、本当にお昼寝している1時間半〜2時間。


他にも、娘がいては危ない家事も

この時間に済ませておきたいし。


そうなってから

今までより、短時間で集中しての練習が

逆に出来るようになった気がします。


だってステージって1発勝負だし

普段からそういう風に弾いていればいいんだわ!って

精神的な訓練にもなっている感じ。


そして、腕の疲労が減ったと思う!

今は「抱っこ」で腕や首、肩、腰に負担が来る時期。

そこに練習なんて、本当に腕を痛めちゃうので

抱っこもなるべく少なく、とか

抱っこする時は座って、とか

腕に負担のないようにしているし

もちろん3週に1度のペースで整骨院に通って

体のメンテナンスは欠かしてはいないけれど

「練習時間って、短い方が色々いいことあるんじゃん!」

なんて、自分に良いように解釈し

納得させています(笑)


実際に私は「練習大好き人間」だし

もっと弾いていたいのは山々!

でも、それができない!というじれったさ。

子どもを持つと、こんなところでも、精神的に鍛錬されるのね。


大体からして、こんな朝早くにブログを書くなんて

今までなかったしあせあせ(飛び散る汗)

昔は朝方、5時とかに寝ていたけど

真逆の生活になっています。


子どもなんていたら、音楽活動なんて絶対できない!

と思っていたけど

意外と、なんとかなっちゃうもんだ。


IMG_1214.jpg














posted by 宮西 希 at 07:44| Comment(0) | 希の考察

2018年01月05日

謹賀新年


IMG_0906.jpg

2018年、あけましておめでとうございます。

お正月、私の住んでいる地域はとっても穏やかなお天気で

本来なら箏奏者はお正月は演奏の機会が多かったり

私も番組に出演させて頂いたりが多かったのですが

今年の私はのんびりと過ごしました。

IMG_0951.jpg


IMG_0880.jpg

IMG_0879.jpg

近所の神社に初詣。

毎年すごく混むのですが、今年も1日はすごい人だったので

2日に参拝。

ずーっと雅楽の「越天楽」がかかっていて

それがうちまで聞こえてくるのですが

なんで、同じ曲のリピートを

十何時間も、4日間も、続けるんだろ?

もっと、他の曲もかければいいのに〜

と、毎年気になって仕方ありませんあせあせ(飛び散る汗)

IMG_0908.jpg

IMG_0884.jpg

今年は戌年で、会うたびにみんなに

「いいねぇ〜!君の年だよ!!」と言われますが

何がいいんだか、わからないルカでするんるん

でもお正月は、美味しいものを

たくさん食べられるから、うれしいねぴかぴか(新しい)

うちは、いつでも美味しいものは

ワンコも含めて家族みんなでいただきまするんるん



今年も、み〜んなHAPPYに

穏やかに過ごせますように。

音楽活動も、徐々に増やしていけたらと願っています。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。








posted by 宮西 希 at 17:41| Comment(0) | 希の考察

2017年12月29日

2017年を振り返る

IMG_0833.jpg

この1年は、今まで生きてきて1番

表で箏を弾かなかった1年でした。

音楽を仕事にしているミュージシャンはみんなそうだと思いますが

弾く時間=自信となって

ステージもきちんとできるのだと思います。

それが、できなかった1年でした。


子育てをしている間は、フリーランスの私はとても厳しい立場で

特に年度末生まれの子どもなので、保育園はまず無理です。

(次年度4月入園のための申し込みが11月のため

 11月以降月に生まれた子は、まず入れないんです。)

それでも、子育て支援センターにも定員オーバーで預けられないことが多いので

ファミサポさんを3人も充てがって頂いたり

子連れでミーティングに来ていいよ!とおっしゃって下さるお仕事関係の方がいたり

そんな周りの方々のおかげで

なんとか、この1年で、少しは動ける体制を作ってこれました。


そして、実は

今年から新しい事務所に所属しました。

以前に一緒にお仕事を何度もさせていただいた

ソプラノ歌手の故 中島啓江さんのいらした事務所です。


本当のこというと

妊娠がわかった時点で、当時のマネージャーさんというか

エージェントには辞められてしまい

出産前に大きなお腹を隠して行ったライブも

ほぼ自力でやりました。


出産後2ヶ月も経たずに頂いた

G7での演奏という大きなお仕事も

今までの繋がりのある周りの方々の温かいご協力のもと

実は、マネージャーなしで動いていました。


もちろん、産後復帰ライブも

全て自力で行いました。


やはり「子どもを産むと仕事しづらい世界」に

何十年もかけてきた自分の腕が、負けてしまわないよう

自分の音楽が、潰されてしまわないよう

しっかり前を見続けることは

精神的にとても難しいことでした。


そして、女性ならきっとお分かりだと思うのですが

子どもを産んでみて、自分の世界がガラリと変わった時

「自分」を評価されることより

絶対的に自分を必要としてくれる存在を大切にすることの方が

命を守る上で、どうやっても大事だなぁと

思うものなのです。


さらに言えば、仕事やお金のことを考えずに

子育てをできる環境というのが

子どもを産んだ後の女性にとっては、やはり1番幸せな時間なんです。


私の周りのミュージシャンが、やはり産後に

「もう、音楽はいいかなぁ・・・」

とつぶやいたのを

何度か聞いてきましたが

「10年後、20年後を考えてみて!もったいないよ!」

「今は子どもといるのが幸せな時間だけど、そのうち手が離れていくよ!

そしたら自分、なにするの?さみしくない?」

と言い続けてきた私は

もちろん、自分にもそう言い聞かせてきました。

娘は特に、私に似たのか気が強く、すでに自立心旺盛なので

きっとサッサと自分の世界を作っていくだろうと感じます。


でも、動ける体制がなければ

ミュージシャンが表立って活動することはなかなか叶いません。

ありがたいことに、私はまた新しく

サポートをしてくれるスタッフさんたちに囲まれることができました。

新しい事務所の方々以外にも

マネージャーなしで活動していた時期には

本当にたくさん助けていただき、手を差し伸べていただきました。

そういう方々のおかげで

またこれから、活動ができそうです。


来年から、少しずつ動き出します!

現在、月1ペースでミーティングを重ねています。

今までのように、日帰りで長崎、とか

そんな無謀なことはできないけれどあせあせ(飛び散る汗)

今までの何十年もの積み重ねは

たった1年ちょっとでダメにはなっていないと思っています。


やることがたくさんたくさんあって

1日も本当にあっという間!

夜の10時にはとっくに就寝している、という

今まででは考えられない生活で

(だって夜の11時に夜ごはん食べるのも、おかしいことではなかった)

今も、娘の昼寝の間に練習時間を取ろうと努力しても

1曲弾きだした途端、起きてしまったりバッド(下向き矢印)


そんな中で、どうやって音楽の時間を増やしていくか

本当に苦悩しています。


だけど、こうやって子どものことだけになりがちな時期なのに

やりたい!と思うことがあるのは

そしてそれを応援してくれる周りの環境があるということは

女性として、とても幸せなことだと思うので

スローペースになっても焦らず

ちゃんと1つ1つ、音を大切に大切に

紡いでいきたいと思っています。


今年1年も、本当にありがとうございました。

来年から、またあちこちで皆様とお会いして

音をお届けできることを

楽しみにしています!



posted by 宮西 希 at 18:13| Comment(0) | 希の考察

2017年09月02日

日野さんの報道について思うこと


このところTVで、子どもたちのステージ発表の場で

Tpの日野さんがドラムの子を叱ったことが話題になっています。

と書くと「叱った?あれは暴力でしょ!」

というご意見もあるかもしれません。


私は、音楽をセッションする場において大事なのは

もちろん個人の技術もさることながら

周りに対してのリスペクトと協調性だと思っています。

プロとしてではなくとも、舞台に立ったことのある人間なら

多分おわかり頂けると思うのですが

一人が暴走することで、舞台の全てが壊されちゃう。


セッションって、自由に見えると思うけれど

きちんとルールがあって、マナーを守ってやっているもの。

それをわかっている人なら、暴走はしないと思うし

わかっている人しか、舞台ではやっていけないんじゃないかなぁ。


ステージって、演奏している人たちだけじゃなくて

ステージを作ってくれているスタッフさんも含めて

音響さんや照明さん、大道具さんや

運営してくれている方、受付してくれている方

みんなが力を貸してくれているからこそ、できるもの。


本番での暴走は、こういう方々全員へも

がっかりさせるものですよね。


教育の場でもあった、今回のステージで

たくさんの方が見ている前で、スティック取り上げて

手を挙げたという出来事。

確かに、シチュエーションは悪すぎですけど

特に、大きな音のする楽器は

「自分よがり」が効いちゃうんであせあせ(飛び散る汗)


箏なんて、暴走したくたって

音小さいから、無理だし(笑)


でも、本当に相手を尊重し

一緒に大切に音楽を作ろうと思っている本物のミュージシャンは

音の小さな楽器に対しても、きちんと場を作ってくれます。


その昔、まだデビューしたての頃

BEGINのお3人、ギターの押尾コータローさんたちと

ご一緒させていただいた時のこと。

箏で私がどういうことができるかご存じなかったので

「箏でアドリブソロは難しいかな?」

「メロディーそのもの、弾いてくれるだけでもいいよ?」

と心配してくださっていました。

さらに、歌の方が音がちょっと合わない、とのことで

急遽Keyが変更になり

「箏、大丈夫なの?」と

皆さん私を、とてもとても心配してくださり。


しかも皆さんのギターはラインでとっているのですが

私はマイクでしか、音はとれず

これはちょっと私の音量は厳しいなとは思っていたんです。



まぁでも仕方ない

諸先輩方とのステージだし

そこに一緒に存在できていれば十分!

と思っていたのですが

本番で私のソロの時になったら

急に皆さん、スーッと音量を、小さく小さ〜くしてくださって!


音響さんも当然、私の方を上げてくださっていたと思うんですが

ステージ上で演奏している皆さんが

本当に全部、私に譲ってくださったんですよね。

弾きながら、本当に嬉しかったし感激しました。

これが、本物のミュージシャンだよなぁって。



いろいろな場面で、音の大きさで負かされて

なんか箏って存在感、ない?というシーンは

それまでたくさんあったので

本物のミュージシャンたちは

どんな相手も、きちんと尊重して、合わせて

「舞台を生かす」ということを大事にする

ということを、実感した出来事でした。


今回のドラムの中学生

きっと、自分の演奏に自信がある子だと思う。

それを、あれだけステージにぶつけられて

スティック取り上げられても素手で叩くなんて

本当にガッツのある子だと思います。

うまく伸ばせば、すごいドラマーになるんじゃないかな?

こんなことで話題になっちゃって

ちょっと傷ついているだろうけど、それは自業自得ってきっとわかっている。

舞台は一人のものじゃないって、ものすごく叩き込まれたと思う。

きっと将来、箏みたいな楽器に対しても

ちゃんと譲ってくれるようなミュージシャンになれるよう

日野さんは叩き込んだんだと思う。


こんな報道に負けないで

がんばって実力伸ばしてほしいなぁって思います。










posted by 宮西 希 at 17:10| Comment(0) | 希の考察