2015年06月16日

コラムが掲載されています

Column Latteというコラムがたくさん読めるサイトに

私のコラムも掲載されました。

もちろん、箏(Koto)について書いています。

オフィシャルサイトの「kotoのkoto」にも

詳しく載っていますが

より広く、箏のことなど知らない方にも

簡単にサラッと知って頂けるようにと思って書きました。


Column Latte


掲載はまだ1話ですが

数話は書く予定でするんるん

よかったらご覧になってくださいませ!



posted by 宮西 希 at 18:19| Comment(0) | 仕事

2015年04月20日

邦楽の舞台なので和服(^^)

昨年30周年記念の演奏会だというのに

4日前に、あろうことか右手を骨折したうちの母。

すべて私が立ち回って、怒濤の5日間だったのも

もう1年前。

今年はゆるりと、いつもの会場で

いつもの通りお弟子さんたちの勉強会。


たま〜には、和服の写真なども載せてみたりるんるん


11102747_895378817171119_9086072450513209371_n.jpg





posted by 宮西 希 at 00:14| Comment(0) | 仕事

2015年03月01日

お弟子さんのうれしい話


私のところに習いにいらしている方々は

中には初心者もいらっしゃいますが

本気で箏と向かい合いたい

すでに他の師匠についたいるのだけど

POPSや私のような曲を弾きたい

箏で自分で作曲・編曲して弾きたい

という方もいらっしゃいます。


よくお問い合わせを頂くのですが

私の楽曲は、販売しておりません。

それは作曲した私の手を離れ

私の想いと違うカタチ・勝手な解釈で弾かれてしまうのがイヤという

私のワガママからです。

絵の場合、アーティストの手を離れても

形を変えずにそのまま、とっておけるけれど

音楽は、もしかしたら想いだけは通じても

譜面だけではなかなか奏法や表現は伝わらないし

まったく音楽がかわってしまうこともあります。


そんなことで販売をしていないのですが

先日、あぁこの方にだったら

私の曲も教えていってもいいなぁ!と思いました。

その方は、本当に遠くから飛行機で通って下さっているのですが

それだけの熱意をお持ちなので

こちらがお伝えすることの吸収力はハンパなく

私の一言、一音も聞き漏すまいと

身体全体、心いっぱいで私の音に向き合って下さいます。

もともと学生の時に音楽を専門的に勉強していたこともあり

練習の仕方も、おそらく普通より効率的なやり方なのでしょう

ここはこういう風に弾くといいんじゃない?とお伝えした個所も

次のレッスン時にはしっかり習得し

他の表現も試したりの研究までしていらっしゃる程。


それだけの方なので

この数年で、地元においてお仕事を頼まれることが出てきました。

そのためのアレンジや奏法などを、レッスン時にお手伝いするのですが

それ以上のがんばりとセンスで、毎回良い作品が出来上がり

ステージでの演奏もきっと素晴らしいものに仕上がっているのでしょう

その後も続けて、どんどんお仕事を頼まれるようになってきました。


これは私にとっても、本当に本当にうれしい話ですぴかぴか(新しい)

そんな彼女のがんばりを見て

先日作曲していらした新しい曲を見ていたら

少しずつ、私の作品もお伝えしてみたくなりました。


もちろん彼女は作曲家でもあるので

どんどん新しい作品を作って、箏で弾いていってほしいし

私がなかなか伺えない地域なので

そういう場所で、箏の良さを伝えていってほしいし

音楽のあったかさをどんどん広げていってほしいとおもっています。


こういう嬉しさって

自分がステージで頂く拍手とはまた違う嬉しさ!


最初、私はステージに立つことが1番好きで大切なことだったので

個人的に教えることは、まったくしていませんでした。

でも、熱心に教えて欲しいと言って下さる方々のお話を聞いているうち

1対1であっても、音を伝えるということには変わりないのでは?

と思うようになり、現在に至っています。


私が死んだら私の音楽も終わり。

伝統音楽と違い、私のポリシーは今でもこれです。

CDなどで残ったとしても

それはその場その時の、空気を通じて、直に伝わるものとは違う

いわば、再現。


だけど、私が直にお伝えした方が

何かしらご自身の音楽に影響を受けて下さって

さらに新しいカタチを生み出していってくれたら

おもしろい!と思うし、すっごく楽しみ!





posted by 宮西 希 at 00:42| Comment(0) | 仕事

2014年12月20日

執念の・・・ブログ移行!!


執念の・・・なんて言うとちょっと怖いけど(笑)

私のブログは2007年8月にスタートしまして

私がプライベートで使っていたという理由で

あるプロバイダさんに申請し公式ブログとなりました。


その後、事務所が変わる時に

それまでのブログを、ぜ〜んぶ、存在自体、消されてしまいました。

契約書を私の名前でなく、事務所名で書いていたためです。

結構たくさんの記事を書いていたし

なにより、皆様からのコメントも消されてしまうのが申し訳なく

もう1度、そのプロバイダに問い合わせをした所

「新しい事務所と契約をし直してくれれば

そのまま続けて使って下さって結構です」と言われました。

そこで、自分で新しいブログを再度立ち上げ

そちらへ記事を少しづつ移行していたのですが

その作業をやめ、移行した記事も消して当初のブログ1本にしました。


ところが、何があったのか、突然3日前に

「あの案内は、間違った案内だった」

「記事はあなたのものではなく、事務所のもの」

「当初の予定通り3日後に全て消します」

と言われてしまって

悔しくて悔しくて、私は3日寝ずに、本当に3日徹夜を続けて

フラフラになりながら、それまでの記事をぜ〜んぶ

新しいブログにとりあえず移して、保存をしました。

(自動でインポートできなかったたらーっ(汗)


新しいブログ(2本目)へは、本当に移行しただけで

きちんと整理もせず、保存しただけ。

だって、本当に急過ぎて時間がなかったの。

保存さえしておけば、なんとかなるだろう!

いつかなんとかしよう!と・・・


2本目のブログは、広告ばかり多くて

ちょっと子ども向けというか遊びのものが多かったのと

いろいろヘンなメールやコメントも入ってきてしまうこともあり

現在、3本目の落ち着いて運営できるブログで書かせていただいています。


ここでずっと続けていけるな、と思えた3本目のブログに引っ越ししてから

ちょこちょこと時間を見つけては

今までの7年分のブログを、移行し続けてきました。


それが・・・!!!


それが、ついに、終わったのです!

7年分の記事って、結構な数。

しかも写真もあるし、文章をコピーするだけではないので

ほんとうに、時間がかかって(涙)


でも、執念でがんばりました。

7年越しです。これぞ執念です。

悔しかったから、とは言え、私は執念深いオンナです。

やったー!

私が書いてきた記事なんだから、私のものよ手(チョキ)


やったーるんるん








posted by 宮西 希 at 15:45| Comment(0) | 仕事

2014年09月15日

富山

久々に伺った富山。

今回は飛行機での移動。

いつものようにANAでことじろうもお世話になります!

IMG_1301.jpg

今回のお仕事は「絵本ランド」というイベントで

ステージは2カ所。

1つ目はファボーレというショッピングモールでのステージ。

IMG_1303.jpg

お買い物中なのにも関わらず

思いのほかゆったりずーっと座って聴いてくださっている方も多く

一応子ども向けプログラムで・・・ということでしたが

昔の子どもさんたちが聴いていてくださっていました。

けっこうステージからの会話が成り立って楽しかったです!

IMG_1306.jpg

1日同じワゴンタクシーにお世話になったので

ことじろうは、ヘッドレストを外してもらって

ゆったり寝たまま移動♪

IMG_1310.JPG


2本目のステージは射水市の絵本館。

IMG_1317.JPG

ステージにはいろんなアーティストさんが。

花*花さんとは、昔コンサートでご一緒させて頂いたので

お会いしたかったんですけど、ニアミス!!

IMG_1318.JPG

絵本館にはちゃんとステージがあってビックリ!

こういう施設って、東京など都会にはあまりないかも。


本当は中の絵本たちをじっくり読みたかったんだけど

「裏から入って楽屋に直行、ステージと楽屋の往復

そして裏口から帰る」という

私たちのお決まりのコースなので仕方ないんですけど

今度ゆっくり、プライベートで来てみたいな☆



飛行機移動・・・つまり日帰り。

せっかく富山まで来て、日帰り・・・

うまい酒とキトキトの魚が・・・と

せめてものますのすし!

IMG_1319.JPG


むかし、室井滋さんの「きときとのさかな」っていう本を

読んだなぁ〜ってなぜかこの日、ずっと思っていたんですけど

そしたら富山空港で、目の前を室井滋さんが!!!

帰りの便がおんなじ飛行機でした。

私の勘が良いのか、思っていたら呼び寄せちゃったのか?!







posted by 宮西 希 at 22:36| Comment(0) | 仕事