2015年08月25日

ROLAND A-33

ずーっと愛用して来たRolandのA-33。

キーボード自体に音源がないので

(つまりキーボードだけあっても、音が出ない)

普通にキーボードを弾きたい方々には

人気のないものだったかもしれませんが

ピアノタッチに非常に近く(発売当時)

音楽制作をする人の中では、結構有名な楽器。


ずーっと使って来て、とても手に馴染んでいたのだけど

このところ、電気の通りが悪いのか、急に音が変わったり

ランプが着いたり消えたり・・・


ついに、作業中にもかかわらず、まったく電源が入らなくなりました。

しかもアダプターが異様に熱くなったいる...!


Rolandはとても電話でのサポートも対応が良く

これまでも、音源が調子悪かった時なども

随分助けてもらいましたが

試しに乾電池を入れてみても動かなかったA-33。

もちろん、製造中止だし修理用のものも既にもうない。

電話の方から

「こんなに長く使って頂いて本当にありがとうございます」

と言われてしまい、あぁもう寿命なのね・・・

と泣く泣くあきらめることに。

ついでに、今の私のシステムで使えて

オススメの楽器を教えてもらいました。


ちょうどアレンジの仕事中

キーボードないとどうにもなりません。

あせって、1番近くのイシバシ楽器に行こうと思って

というのは、毎回何かあるごとに

他の楽器屋に行こうと思っていても

結局なぜか、助けてもらうのはイシバシ楽器渋谷店なのです。

今回も、その自宅から1番近いイシバシ楽器に行こうとして

ネットで大体の値段を調べていたら..,


なぜか、またイシバシ楽器渋谷店の「大特価」ページにつながり

何か訳あり?と問い合わせると

メーカーから直で、数限定で卸されているものらしい。


たしかに・・・Rolandでオススメのキーボードを聞いたときも

「イシバシ楽器の渋谷店に行けばありますので」と

わざわざ言われた・・・!


ネットで購入のものだけど、電話で説明を受け

お店の方もこちらがプロで仕事しているのを話から分かったのか

「ないと困りますよね!なるべくすぐ送れるよう手配します!」

と、夕方だったにもかかわらず、その日のうちに出荷できるよう

手配してくれました。


このお店、以前にも

今まで使えていたProToolsというソフトの開発会社が

急にProToolsにセキュリティロックをかけて

それを正規ユーザーの証拠がないと解除できない

という「iLok」というシステムを作っちゃって

いきなり訳が分からず使えなくなった時

しかも、サポートはすべて英語という・・・あせあせ(飛び散る汗)

そんな時、ProToolsをここで購入したというだけで

イシバシ楽器の渋谷店に電話したんです。


そしたら「困っている方とても多いんですよ」

「この楽器屋に来るミュージシャンやエンジニアの方から情報集めて

このお店独自でマニュアル作ってあります」

と、それはそれは丁寧に、親切に教えてくれたんです。

販売店なのに、すごいアフターフォロー!


とても感激して、またこのお店で買おうと思ったのですが

結局今回も、ここでお世話になりました。

やっぱりご縁もあるのかもしれないけど

対応のいいお店は、助かるから使うよね!



IMG_4191.jpg

長いことお世話になったA-33

ほんとうにありがとうぴかぴか(新しい)

見た目とってもきれいだし

捨てるのはとても心が痛い。

どうしよう・・・しばらく飾っておこうか...



IMG_4224.JPG

新しく来たA-88

完全なるピアノタッチるんるん

しっかりハンマーで叩いている感じ!

こうなってくるとINTEGRA7という

最新音源が欲しくなって来ちゃうけど

かなり値段が張るので

今の音源、まだもっとがんばってよ〜!





posted by 宮西 希 at 16:06| Comment(4) | 仕事

2015年08月17日

迷惑メール

今さらながら・・・っていう気もするんですけど

正月やGWなど大型連休の頃は、なぜか迷惑メールが増える。

この夏休み(お盆休み)期間も

1日に100通近い迷惑メールが入ってくる。


読むわけもないのに。

オレオレサギの方がよっぽどひっかかるのに。

なんで、いまさら、メール????

もう、ほんっと迷惑。


「迷惑メールフォルダー」に振り分けるのが少しでも遅いと

同じところから、怒濤のように送られてくる。


ただ、不特定多数の方からメールを頂くことも多いので

最低限のフィルターしかかけられず

タイトルが怪しい英語のメールは、毎回中身は一切見ずに捨てます。


送る人って、一体何のメリットがあってやってるのか

すごく疑問。


迷惑メールに振り分けられた発信元のアドレスは

もう送信できないようにしてくれればいいのに。






posted by 宮西 希 at 13:28| Comment(4) | 仕事

2015年06月16日

コラムが掲載されています

Column Latteというコラムがたくさん読めるサイトに

私のコラムも掲載されました。

もちろん、箏(Koto)について書いています。

オフィシャルサイトの「kotoのkoto」にも

詳しく載っていますが

より広く、箏のことなど知らない方にも

簡単にサラッと知って頂けるようにと思って書きました。


Column Latte


掲載はまだ1話ですが

数話は書く予定でするんるん

よかったらご覧になってくださいませ!



posted by 宮西 希 at 18:19| Comment(0) | 仕事

2015年04月20日

邦楽の舞台なので和服(^^)

昨年30周年記念の演奏会だというのに

4日前に、あろうことか右手を骨折したうちの母。

すべて私が立ち回って、怒濤の5日間だったのも

もう1年前。

今年はゆるりと、いつもの会場で

いつもの通りお弟子さんたちの勉強会。


たま〜には、和服の写真なども載せてみたりるんるん


11102747_895378817171119_9086072450513209371_n.jpg





posted by 宮西 希 at 00:14| Comment(0) | 仕事

2015年03月01日

お弟子さんのうれしい話


私のところに習いにいらしている方々は

中には初心者もいらっしゃいますが

本気で箏と向かい合いたい

すでに他の師匠についたいるのだけど

POPSや私のような曲を弾きたい

箏で自分で作曲・編曲して弾きたい

という方もいらっしゃいます。


よくお問い合わせを頂くのですが

私の楽曲は、販売しておりません。

それは作曲した私の手を離れ

私の想いと違うカタチ・勝手な解釈で弾かれてしまうのがイヤという

私のワガママからです。

絵の場合、アーティストの手を離れても

形を変えずにそのまま、とっておけるけれど

音楽は、もしかしたら想いだけは通じても

譜面だけではなかなか奏法や表現は伝わらないし

まったく音楽がかわってしまうこともあります。


そんなことで販売をしていないのですが

先日、あぁこの方にだったら

私の曲も教えていってもいいなぁ!と思いました。

その方は、本当に遠くから飛行機で通って下さっているのですが

それだけの熱意をお持ちなので

こちらがお伝えすることの吸収力はハンパなく

私の一言、一音も聞き漏すまいと

身体全体、心いっぱいで私の音に向き合って下さいます。

もともと学生の時に音楽を専門的に勉強していたこともあり

練習の仕方も、おそらく普通より効率的なやり方なのでしょう

ここはこういう風に弾くといいんじゃない?とお伝えした個所も

次のレッスン時にはしっかり習得し

他の表現も試したりの研究までしていらっしゃる程。


それだけの方なので

この数年で、地元においてお仕事を頼まれることが出てきました。

そのためのアレンジや奏法などを、レッスン時にお手伝いするのですが

それ以上のがんばりとセンスで、毎回良い作品が出来上がり

ステージでの演奏もきっと素晴らしいものに仕上がっているのでしょう

その後も続けて、どんどんお仕事を頼まれるようになってきました。


これは私にとっても、本当に本当にうれしい話ですぴかぴか(新しい)

そんな彼女のがんばりを見て

先日作曲していらした新しい曲を見ていたら

少しずつ、私の作品もお伝えしてみたくなりました。


もちろん彼女は作曲家でもあるので

どんどん新しい作品を作って、箏で弾いていってほしいし

私がなかなか伺えない地域なので

そういう場所で、箏の良さを伝えていってほしいし

音楽のあったかさをどんどん広げていってほしいとおもっています。


こういう嬉しさって

自分がステージで頂く拍手とはまた違う嬉しさ!


最初、私はステージに立つことが1番好きで大切なことだったので

個人的に教えることは、まったくしていませんでした。

でも、熱心に教えて欲しいと言って下さる方々のお話を聞いているうち

1対1であっても、音を伝えるということには変わりないのでは?

と思うようになり、現在に至っています。


私が死んだら私の音楽も終わり。

伝統音楽と違い、私のポリシーは今でもこれです。

CDなどで残ったとしても

それはその場その時の、空気を通じて、直に伝わるものとは違う

いわば、再現。


だけど、私が直にお伝えした方が

何かしらご自身の音楽に影響を受けて下さって

さらに新しいカタチを生み出していってくれたら

おもしろい!と思うし、すっごく楽しみ!





posted by 宮西 希 at 00:42| Comment(0) | 仕事