2018年11月29日

神戸でJAZZミュージシャンと!


先日、神戸に呼んでいただいてのお仕事でした。

神戸は、昔Kiss-FMでしばらく番組をやらせて頂いていたこともあり

局のイベントや、そのほかにも色々お声がけいただいて

よく伺ってコンサートなどしていた場所でもあり

私にとって、思い入れのある場所です。


今回のお仕事は、とあるパーティーでの演奏で

8割くらいが外国からのお客様。

しかも、いつも私と一緒にやってくれるミュージシャンではなく

神戸のJAZZミュージシャンとの演奏。

本番の4時間半前に会場入りし

そこから、楽器の準備、音響調整

そして初対面の方々とのリハーサル!


私はJAZZYな演奏はするけれど

ちゃんとしたJAZZをきちんとやっているわけではないので

大丈夫かなぁと、少し心配もしていましたが

無事に楽しく演奏できました。

IMG_5344.jpg

IMG_5346.jpg


今回、一緒に演奏してくださったのが

左から尾原やよいさん(Pf)藤田洋さん(Dr)

リーダーの五島健史さん(Tb)砂川雅城さん(Wb)

47053859_329464854548392_1957250359525113856_n.jpg



モザイク広場の見えるこのホテルには

今までもイベントやパーティでの演奏で伺っていますが

(なぜか神戸は、国際的なパーティーやイベントが多い)

やっぱり、この景色は何度見ても好きです!

IMG_5357.jpg


翌日、帰りの新幹線を新神戸駅で待っていると

とっても珍しい新幹線が入ってきました。

写真を撮りまくっている方々もいて

私も、珍しいので数枚写真を撮ってInstagramに載せたところ

皆さんから

「それは相当ラッキー!」

「1日1編成しか走ってないんですよ!」

と教えてもらいました。

福岡〜新大阪間しか走っていないので

東京の方では見られないのですが

それを、たまたま見れちゃって

運が良かったみたい!

20181128_105917.jpg


IMG_5347.jpg

IMG_5348.jpg

先頭が撮りたくて

走り出した新幹線を追いかけるように撮ったら

たまたまタイミングが合いました。

IMG_5349.jpg

なんでも、以前エバンゲリオンの車両だったのを

変えて、キティーちゃんになった新幹線だそうです!


って、ここに載せた情報は

全部、私のSNSに寄せて頂いた情報です。

みんな、物知りだね〜!



posted by 宮西 希 at 20:37| Comment(0) | 仕事

2018年11月04日

横浜・関内ホールミニライブ


20181103_110937~2.jpg

横浜の関内ホールがリニューアルして

とってもキレイになりました。


昨日は、目の前の通り「馬車道」のお祭りの最終日で

リニューアルの時に新しく作られた

正面玄関前のステージでライブを、と

お声をかけていただきました。


最近、急に寒くなってきたので

しっかり着込んで行きましたが

準備している間から

直射日光が楽器に当たって、ちょっときついかも!

と思ったくらい

日差しが眩しくていいお天気で

午前中のステージは少々暑いくらいでした。


20181103_110252.jpg

馬車道には、その名の通り

馬車が走っていてとても優雅!

世代も様々な人々が行き交う中で

カバー曲を中心にステージ。

IMG_5098.jpg

この馬車を引っ張るお馬さん

本当は2頭いて、馬車も2台だったそうですが

なんと1頭が体調不良で

急遽、昨日は馬車は1台になったそう。

ちゃんと体調不良を感知して

大事なイベントの日であっても

お休みにするあたり

とても大事に可愛がられているお馬さんなんだなぁと

話を聞いて、ちょっとほっこりとなりました。


IMG_5099.jpg



新横浜から新幹線に乗るときだけでなく

私は結構よく、崎陽軒のシュウマイ弁当をお供にします。

そういえば、震災直後に

電気なども不安な釜石に行く際も

崎陽軒の真空パックのシュウマイを

いくつか持って行きました。

横浜でのお仕事ということで

用意されていたのは、やっぱりこれ!

IMG_5103.jpg

普通のシュウマイ弁当ではなく

チャーハン弁当というところが

また嬉しい!

IMG_5105.jpg


お弁当食べて、午後もステージ!

と思ったら、なぜかポツポツと降ってきているので

実際に外に出て、弾けるかどうか見てください、とのこと。

でも、私が出たら案の定、雨は落ち着いて

予定通りステージ開始。

リクエストも頂きながら進めて

あと1曲で終わりかな?と思っていたら

雨がひどくなりそうだとのことで

早めに終了、ということに。

雨?降ってる?と思ったほど

私は全然濡れていないので

最後までやらせて頂きましたが

私がまったく雨に濡れていなかったのは

場所と、雨の降る方向のせいだったようで

今日連れて行った「おじゃじゃ」は

尻尾の方が、すでに少し雨に当たっていました。

知らなかったー!

ごめん、おじゃじゃ。

ちなみに、楽屋ですぐ拭いて

帰宅後すぐ乾かしました。

大したことないので、大丈夫です!





posted by 宮西 希 at 13:00| Comment(0) | 仕事

2018年10月17日

やんちゃな頃のアーティスト写真


昔の写真を発掘。

kotokatugi01.jpg

2000年頃は、まだ

和楽器で私みたいな活動している人はほとんどいなくて

いくら「古典音楽じゃない」とか「POPな感じです」だとか言っても

メディアも含めリスナーさんには固定観念があり

私の楽曲を聴いてもらうまでにたくさんのハードルがありました。


それを一気に崩そう!と

このようなスタイルのアー写を撮ったけど

裸足だしジーンズだし

しかも破けてるし

まぁ〜〜散々邦楽界の方々からは叩かれました!

(地方のお箏の先生からクレームの電話がかかってきたほどです 笑)


でも私はすごーく好きな写真です。

kotokatsugi.jpg

ちなみに担いでいるのは

スタンダードなお箏ではなく

その半分くらいの大きさのソプラノ箏。

キラキラした高音が出るので

私のCDの中で、装飾の音として

たくさん使われています。

どの音か、探してみてくださいね!



10月26日(金)ちょっとひとりKOTO 2018 〜秋うらら〜

<場 所> 南青山MANDALA
       東京都港区南青山3−2−2 MRビルB1
       TEL:03-5474-0411
<時 間> 開場18:00 / 開演19:00
<料 金> 前売り¥4,000 当日¥4,500(税込)   
       全席自由(ドリンク別)

<サポート> Pf/大山泰輝  Bs/鳥越啓介
   
 
☆チケット予約受付中
【メール予約】 タイトルを「10/26チケット予約」として
        お名前・お電話番号・メールアドレス・
        予約枚数を明記の上 info@kotist-nozomi.com
        までお申し込みください。

☆3日以内に「予約受付完了メール」が届かない場合、こちらにメールが
 届いていない可能性があります。その際はお手数ですが、フリーメール
 以外のアドレスより、再度お申し込み下さいますようお願いいたします。





posted by 宮西 希 at 17:50| Comment(0) | 仕事

2018年10月13日

Instagram


もう本当に、流行りのものには

ことごとく乗り遅れるタイプで。


だいたいからして私の学年は

当時流行りの「ワンレンボディコンのお姉様方」が

お立ち台で踊っている姿をテレビなどで見ながら

高校生時代を過ごし

もう少ししたら、そんな流行りにも乗れると思いきや

いざ私たちが大学生になった頃は

「ルーズソックスの高校生」が流行りで。

ことごとく、流行りからは外れている学年。


個人的にも、世の中の流れに非常に疎くて

いろんなアイテムも、毎回、随分経ってから手を出す。


Instagramも、アカウントは産休中に作ってはいたけれど

実際のお友達ばかりとつながっているくらいで

あまり真面目に写真をアップしていませんでした。

そろそろ、やってみようかなと

ようやくそんな気になったので…

Kotist 宮西 希Instagram


とりあえず、昔のものも含め

ステージの写真を発掘して載せてみようかな

と思っています。

それと、なんとなーくKotoちゃった動画を載せてみたら

すごい反響でびっくりした!ので

時間があれば、またKotoって載せてみますね!



posted by 宮西 希 at 16:12| Comment(0) | 仕事

2018年09月20日

学校での邦楽の授業について


学校の音楽の授業時間に、和楽器を「必ずやるように」と

指導要領が変わってから、早くも15年以上経ちました。


私はこの、学校の邦楽教育を必修に、という活動団体に

若い頃にお手伝いで参加していたこともあり

現場の様子を見聞きしていました。


学校の音楽の先生は

西洋音楽を学んで、先生になりますが

邦楽は、日本音楽。

まず、まるで言葉(音名)が違います。

言語で言うと文法である音楽理論も違います。


そこに、例えばお箏の先生が教えに行っても

通じない部分が結構あるようで

そのうち、洋楽邦楽の両方をわかっているということで

学校の先生方の勉強会に

講師として呼んで頂いたり

実際に学校で授業をしたりということが増えてきました。



やはり、音楽の先生には

「西洋音楽の言葉を使って」日本音楽の理論をお伝えするほうが

早いです!

それと、伝わります。


また、現場でよく聞く声として

中学校で「さくらさくら」を教えようとしたら

小学生の時にやった〜!と言われて

教える曲がないってこと。


最近は、J-POPなどの譜面を使って

学校の授業で箏で弾く、お箏の先生も増えているようですが

それらは、せっかく日本音階で並んでいる箏を

わざわざ、ドレミファソラシドに並び替えて弾いている方が多いです。


勿体無い!

日本音階で並んでいるからこそ

箏らしいフレーズが弾けたりするのに!


でも、日本音階でJ-POPを弾く弾き方を

お箏の先生たちが、ご存知ないんです。



私は、学校で子どもたちに

例えば、ちびまる子ちゃんやビートルズを

日本音階で、弾かせています。

日本音階で弾くと、ただ音を出すだけでなく

箏独自のフレーズが生かせたり

箏特有の奏法を、子どもたちでも簡単にできるので

急に和を感じるビートルズになって

それはそれで面白い!ってなります。


学校では、ぜひ、日本音階のままで

子どもたちの身近な曲を教えましょう!


興味のある学校の先生がいらしたら

教員研修や、実際の子どもたちへの授業に伺いますので

ぜひ、お問い合わせください。

50FB2A83-9594-4DEF-9EC6-90C7D76787D3.jpeg

CD3737A0-1945-43A2-B602-5A361A106CF6.jpeg





posted by 宮西 希 at 13:44| Comment(0) | 仕事