2014年02月06日

今話題の作曲家とゴーストライター

テレビは見ない私も今日のニュースをネットで知って

思わずテレビ見た!

指示書って紙を見たけど、あれは

音符も分からないくせに

PCのおかげで曲ができちゃった人が書いた

って感じがするわね。


私は彼を知らないし、曲も聞いたことないけど

日本人はセンセーショナルなのが好きだからね〜。

その背景を利用した感じ?

だいたい

壁に頭を打ち付けて曲を作ってるパフォーマンス見て

笑えて笑えて!麻原彰晃を思い出した!

そういうの、見てた方々も、騙されちゃったのかなぁ?

曲って、そんなふうに、できてこないわよ♪


今だから言うけど、私もデビューする時

「もっと不幸な生い立ちや病気とかないのか?」

って言われた(笑)

バカじゃない?と思ったわ。


ゴーストライターだって、暗いよ。

音楽やってる人って、もっと明るいしイキイキしてる。

ゴーストライターって仕事は、確かに世の中に存在するけど

もっと自分の作品が好きだったら、幸せな顔してるはず。

私も聞いた話では、ゴーストライターの方は

自分である人のゴーストライターって誇り持って発言していた。

そうではなくて影でだけ認められて満足してるんだもん。

その考え自体、私からしたら、根暗!

音楽家は、ある程度自分の主張ができないと

生きていけないたと思う。

逆に指示がないと、動けない人なのかな?

(指示書があるから、安心してる?でもそれはそれで、彼は知識も才能あるよね!)



リスナーさんには、自分の価値観で

良し悪しを判断してほしいです。

人がいいと言ってるから

海外で売れたから

背景がドラマチックだから

話題になっているから

ではなく

1人もいいと言ってなくても、自分が好きだと感じたら

イイじゃん!これ!って。

世間で話題になってるからではなく

この音楽がイイ!って思ったから選んだんでしょ?

スケートの高橋くんは。

じゃあ、振り回されずに滑れるはず!

ガンバレ!

posted by 宮西 希 at 22:26| Comment(0) | 希の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]