2011年03月30日

MOTTAINAI


節電生活が続き、家の中の照明を暗めにしたり

スーパーやコンビ二も天井の照明が消えていたり

電気のついていない幹線道路、首都高速を見たり

あらゆるところ、あらゆる場面で

つい20日前にはしていなかった状態に遭遇しています。

キレイでやっぱり大好きな

東京タワー、お台場や横浜の観覧車などが消灯していると

正直ちょっぴりさみしかったりもしてしまいます。


でも、実際の生活の中で実感している事が

「全然、これくらいで、やれるじゃんグッド(上向き矢印)

ということ。

いかに今まで、いらない電気をつけたり無駄が多かったか

この明るさでも、十分買い物できるということや

食事も出来るということなど

気づいている方も多く

私の周りでもよく会話に出てきます。


数年前、環境の分野で平和賞を受賞したマータイさんが

「日本にはいい言葉がある」

「これを世界共通語にしよう」と紹介した言葉

『MOTTAINAI』(もったいない)

この言葉を、本当の意味で実感して使えていなかったのは

世界的にはとても恵まれた暮らしをしてきた

私たち日本人だったのかもなぁ・・・


今なら、本当の意味で心から言える気がするし

その通りに行動できる気がするよねぴかぴか(新しい)




posted by 宮西 希 at 23:49| Comment(0) | 希の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]