2021年09月10日

密フェスに思う。ライブやりたい!


ミュージシャンやパフォーマーは、みんな、みんな

「ステージやりたい!ライブやりたい!」

って思っています。


コロナ禍で、我慢を強いられているのは世界中の人々。

確かに、日本のコロナのスタート時、ライブハウスのクラスターがあって

音楽関係はそれで槍玉に上がっちゃって、一気に仕事できなくなってしまったけど

ミュージシャンやパフォーマーだけが、我慢しているわけじゃない。


本来ならパフォーマーというのは、人を楽しませること、癒すこと

良い気分になっていただくことなどに、生き甲斐を感じる人種ですから

こんな時に、何もできないことがもどかしくて

それは自分一人の力じゃ何もできないのはわかっているけれど

不甲斐ないような気持ちにもなっちゃう。


私もこれまでには当然、メロディーが出てくる時と出てこない時とありましたが

こんな気持ちが続いていると、時間があって書き溜めておけば良いとは思うのに

作品もあまりできないし、練習もする気にならないし

正直に書いちゃうとこの1年、音楽やり続けるのは

本当にしんどいなぁって思うことも多いです。


はっきり言ってコロナ禍になってから、業界関係の仕事をやめた方が結構いるので

コロナが落ち着いても、仕事場も、人脈も

1から作り直さないといけないものがたくさんある。

今から、もう1度1から作り直すの、しんどいなぁって。


だけど、例えば自分が死ぬ時に、どういう人生だった?と聞かれた時

やっぱり音楽やっている姿を思い浮かべる終わり方が良いな〜と思うし

例えば娘に、あなたのママはどんなママ?という質問が来た時に

音楽やっている人って思って欲しいな、って思います。


本当はライブやりたいなぁって思うんですけど

空気を振動させて、倍音まで響かせることで

あの心地よい空気ができる「箏」という楽器を弾いている私としては

無観客でやるのは何か違う気がするし

かと言って会場で人が集まっていただくとしても

会場が必死で感染防止をして、そこが安全だったとしても

お客様が会場までいらっしゃる道すがらで感染したとなったら

その後、私の音楽を聴くたびにイヤな思い出になっちゃうだろうし…

と思うと行動できずにいます。


今は違うお役目があるという風に考えて行くしかないのかな〜と

感じてはいたのですが

今朝、お散歩中にお会いした方に、ズバリ

「今は違うお役目があるのよきっと」と言われて

うわぁ、それが答え?!とビックリ。


そうか、そうなのね。


小さい頃、容赦なく人に預けて出かけてばかりいたけれど

もっと娘と一緒にいなさいってことかもしれないし

ワンコ達をもっと、かまってあげなさいってことかもしれないし

保護犬、もっとがんばってたくさん出してあげなさいってことかもしれない。


なんか、気持ちが動くような出来事が、たくさんあればきっと

そのうち曲も生まれてくるような気がする。


練習という形じゃなく、なんとなーく遊びでポロポロと箏を弾いていると

実は1番、私自身がその音色に癒されているのがわかる。

今は、それで良いのかな〜。



posted by 宮西 希 at 17:33| Comment(0) | 希の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。