2021年04月07日

保護犬しーちゃん・その12「成長ぶり」


我が家にやってきて早くも5ヶ月になり

しーちゃんは着々と成長しています。

一瞬見ただけなら、普通のペットとして見えるくらい

随分と人間にも慣れ、ほかのわんこたちとも交流できるようになってきました。


最近10日ほど、実家のわんこ小春を預かっていたのですが

小春ともすっかり打ち解けています。

IMG_6807.jpg


そして、これまではしっかりと歩行訓練をしてきたので

野犬特有のグチャグチャ歩きは鳴りを潜め

しーちゃんだけの時はきちんと私の左側で歩いてくれますが

やってみたら、小春と一緒にお散歩できました!

IMG_6748.jpg

これなら、先住犬がいらっしゃるおうちでも

問題なく暮らせますぴかぴか(新しい)



しーちゃんは「おすわり」はしっかりと覚えており

ご飯の時はもちろんのこと

お外で「怖い!」とパニックになりそうな時に

必ず「おすわり」をかけるようにしています。

外でパニックになってしまうと、リードをしていても1mくらい飛び上がって

タイミングが悪ければ車にだって轢かれてしまうかもしれません。

そういう危険から守るためにも

パニックになりそうな状況の時は、早めに「おすわり」です。


そんな時、しーちゃんはガタガタ、ブルブル震えながら

小さく小さく縮こまっておすわりするので

危険は回避できています。


もっと経験を積んで、通常、車は自分を襲ってはこないことや

信用できる飼い主(里親さん)といれば

怖いことはないよ、安心していいんだよ、ということがわかれば

パニックになる程怖がったりはしなくなってくるでしょう。


この「おすわり」は、トレーニングの中でも基本で

これがきちんとできれば、ドッグランなどで自由に走り回れるところで

ノーリードにすることもできるようになります。

というのは、呼び戻しをして「おすわり」ができれば

またきちんとリードをつけることができるから。

反対にいえば、それができなかったら

ノーリードにはできませんあせあせ(飛び散る汗)



もう1つ大事なトレーニングは「アイコンタクト」

野犬だったコは、特に怖がりで人と目を合わせようとはしないのですが

時間をかけてトレーニング中。

しーちゃんは名前を呼べば、顔を向けてくれるようにはなっているので

ご飯をあげる時など「見て」でアイコンタクト取るように練習中です。


それにしても、随分と可愛らしくなってきましたよるんるん

私が玄関から入ってきた時が、1番かわいい揺れるハート

あんなにもピンと立っているお耳が

左右にぺターンと寝てしまうほど、私の帰宅を喜んでくれます。

それがたった1分のゴミ捨てだったとしても

ルーちゃんと一緒になって、帰宅をものすご〜く大歓迎してくれるので

これが里親さんだったら、もうメロメロになっちゃうだろうなぁ〜ハートたち(複数ハート)

と思いながら、いつも思わずニンマリしてしまいます。


IMG_6755.jpg

この交差点も、交通量がある時間にわざと数分佇んで

行き交う車が、しーちゃんには何もしない、襲ってこないということを

なんどもなんども体験させたのですが

最初はガタガタブルブル、うんぴーも漏らしちゃうほどでしたが

今ではこの余裕!

本当にこの1ヶ月で、すごい勢いで成長しています。

本当のおうちに行っても、思ったより時間かからずに

馴染んでかわいい姿を見せてくれるだろうな、と

思えるところまできました。


あとは、本当のご家族さまからのご連絡を待つばかりるんるん

しーちゃんを暖かく、優しく迎えてくださるご家族さま

大募集中ですexclamation



*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。
 募集番号:355583

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。











posted by 宮西 希 at 21:54| Comment(0) | 保護犬しーちゃん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。