2020年09月30日

保護犬フクちゃん・その13「お見合いしました」

IMG_4364.jpg

「おかげさまで決まりました〜exclamation



出戻りふくちゃん、出戻って1ヶ月後から里親さんを再募集しました。

色々な方々がふくちゃんを気にかけてくださり

里親さん候補に、複数のご家族が手を挙げてくださいました。


今回、1度里親さん宅から逃走して捕獲からの再募集ということで

条件をかなり、つけさせて頂いた中での募集でした。

正直、私の頭の中にあった条件を全て満たすご家族は

いないのではないか?と思っていたのですが

その条件以上のご家族が、名乗りをあげてくださったのです!


そのおうちは、まだ世の中や人間に怯えているふくちゃんを

ルカのように守ってくれる先住犬が、2頭もいて

娘のように無邪気に遠慮なく遊びに誘ってくれるお嬢さんがいらして

(しかも娘と1歳違い)

今までに一緒に暮らしたワンコは全部で10頭

これまでにもおうちの周りにいた迷い犬を3頭も保護して

里親さんを探して受け渡すご経験もあり

その中の、大怪我をして触らせてもくれなかったわんこを

数ヶ月かけて慣らして保護、医療にかけ

ご自分のお家のコとして迎えているだけでなく

ママはなんとexclamation×2

ドッグトレーナーの専門学校をお出になった方というぴかぴか(新しい)


これ以上ないのではないかexclamation&questionという条件です。





お見合いに行ってみると

車のハッチバックを開けた瞬間

「かっわいい〜〜〜exclamation×2」の大合唱。


そして車を降りた途端、大怪我して保護されたという先住犬が

尻尾をブンブン、ブンブン振って大歓迎でお出迎え。

このことに、ご家族はとってもびっくりされていて

話を聞くと、このワンコは他のわんことのおつきあいが

あまり上手でなく

「こんな姿、初めて見た!」と口を揃えて仰っていました。


ふくちゃんは、というと

案の定最初はとても怖くて怖くて

よだれダラダラ、鼻水も垂れるほどでしたが

ママさんは上手に上手に近づいてきて

出会って1時間半で、頭をナデナデお顔もモフモフ

たくさんたくさん、触れるようになりました。


そしてふくちゃんは、撫でられるままに

なんと、来てからまだ数時間しか経っていないお家で

アゴまで床につけてリラ〜ックス揺れるハート

見ていた私も、こんなにスムーズにすごーいぴかぴか(新しい)とびっくり!


滞在中、ふくちゃんをずーっと触り続けていたママさん

そのすぐ横で、まるでふくちゃんに何かを教えているかのように

ママさんににピタッとくっついている先住犬のお姉ちゃま。

その横で、当たり前のようにわんこに囲まれて過ごしている娘ちゃんは

ママから保護犬というのはどういうワンコか

ペットショップのワンコが裏ではどうなっているか

保健所の現状、などを

しっかりと教わっていて理解しています。

娘と同じように、わんこへの接し方は花丸満点るんるん

それをニコニコしてみんなまとめて守ってくれそうな

優しくておおらかなパパさん

それを静かに穏やかに見守ってニコニコしているじいじ。


4時間にわたってふくちゃんに触れてもらいながら

たくさんお話をさせていただき

今後のふくちゃんのことを、お願いすることにしました揺れるハート


トライアルへの出発は週末。

今日は、その日のためにシャンプーもしましたよ!


色々なことがあったワンコですが

今のまま、このままのふくちゃんのままが

「かわいい、かわいい、大好き!」

そう言ってくださって

そのままがいいよ!と、お名前も

ふくちゃんのままにしてくださるのだそうです(涙)


あと数日、ふくちゃんをたくさんギュッとして

よかったね〜!と家族全員、笑顔で送り出したいと思います。

posted by 宮西 希 at 15:41| Comment(0) | 保護犬フクちゃん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。