2020年08月12日

保護犬フクちゃん・その10「無事保護!」


たくさんの皆様のシェア・応援のお陰様で

里親さん宅から逃走していた「ふくちゃん→Sunny」は

昨日深夜、41日ぶりに無事に保護されました!

本当に多くのシェアをして頂き、情報も頂戴いたしました。

ご心配ご協力くださいましたすべての方々

多大なるお力をお貸しくださった

東京わんにゃんシェルター&アダプションの大野さん

そして捕獲機・捕獲サークルを設置し実際に捕獲してくださった

KDPの菊池さん

最後まで諦めずに、毎日毎日給餌と

大量のカメラチェックを欠かさずしてくださった里親さんに

本当に心から感謝申し上げます。

どうもありがとうございました!

捕獲サークルの扉が閉まったあと

当然ですがパニックになり

走り回って菊池さんにも何度も吠えていたそうですが

私たち家族とルカが駆けつけ「ふく!」と呼ぶと、ちゃんと私を見て

ルカを放したら網越しにルカの方へやってきて次第に落ち着きました。


せっかくここまで来ても捕獲の際のショックで亡くなるコもいるので

本当に心配しましたが

私がサークル内に入り「お座り」をかけたら

ちゃんとアイコンタクトを取ってお座りし

おとなしくリードをつけさせてくれました。

私たちのこと、覚えていてくれたんだ…(涙)


KDPの菊池さん、本当にすごい!としか言いようがありません!

菊池さんがいらっしゃらなかったら

生きて、無事に保護できなかったと思います。

たまたま菊池さんと繋がりがあった私のこの強運と

菊池さんに出会わせてくれたトコちゃんにも感謝ですぴかぴか(新しい)


途中、私の父の看取りがあり、捜索に参加できない時期がありました。

そのことで無責任だとお叱りを頂いたり

預かり保護の責任なのだからと私の電話番号をネットに公開されてしまったり

色々考えさせられることもありましたが

それをすべて一緒に受け止めて

私を守ってくださる姿勢を見せてくださった大野さんには

本当に救われた思いです。

もし、私の電話番号をGETした方がいらしたら

この際だからわんこ友達になりましょう!

お気軽にお電話くださいね!


096462ED-ADAF-4342-9838-CECCED1A280B.jpg

真夜中に帰宅、ネクスガード入りご飯を食べるサニー。

ノミダニ感染症の疑いがあるため

ちょっとかわいそうですが捕獲から朝までの数時間は

このクレート内で過ごしてもらいました。


3B941350-7B46-4109-8F0B-A40D93A5C306.jpg

今朝1番で健康チェックのため病院へ。

いつもの先生がお休みで院長先生の診察でしたが

落ち着いて「ついて」「おすわり」もでき

血液検査も難なく終了。

脱水以外は体調も特に問題なし!



98B019F7-93B6-493D-9E11-D4BC63D197F8.jpg

病院から帰宅後、1時間半かけてお庭でダニを取る。

気持ち良いのか疲れからか、だんだんリラックスしてウトウトモードへ。


A8E62F12-415C-4739-A0B3-F3C93ADF2D36.jpg

3度洗いのシャンプーを終え、外で乾かして家に入ると

そのままトイレでちゃんとうんぴーとピッピ!

えらいぞ〜ぴかぴか(新しい)

ご褒美をもらいました。


0C76DE3C-23EC-4D29-9823-B8D757BF43D9.jpg

その後いつもいた場所でホッと一息。

もちろんお疲れモードなので、そのまま寝落ち。

2598A045-A8C8-4028-A34D-A1DC775517B6.jpg


しばらく、預かりである私の家でゆっくりしてもらって

これからのことを考えていきます。

皆様本当にありがとうございました。


ふくちゃん→Sunnyの捕獲作戦中

たくさんの迷子犬の情報を知りました。

今、迷子になっているすべてのコたちが

それぞれのおうちに無事に帰れるよう

心から祈っています。








posted by 宮西 希 at 18:47| Comment(2) | 保護犬フクちゃん
この記事へのコメント
ああ、、、フクちゃん!! (涙)
経過を見守ることしか出来ませんでした。元気で良かった。
定位置に落ち着く姿は、里親さん宅へ行ってからふた月半の間の事が、何もなかったかのようですね。
ルカさんがいて、ご家族がいて、、、そこからの独り立ち?は、だいぶ戸惑ってしまったのでしょうか。
Posted by ひろこ at 2020年08月12日 22:39
コメントありがとうございます。

どの子もやはり、預かりから里親さん宅へ行った際は
戸惑いはあると思います。
ルカも、うちに来た時そうでした。
でも、独り立ちというよりは家族という群れの中に入る、という感覚なので
その戸惑い以上に強い「君はうちの子!」「何があっても私たちと生きて行くんだよ!」という里親さんの言動と、実際に何があってもついてくるようになるためのトレーニングを、里親さん自身がワンコにしてあげられるといいですね。
Posted by 宮西 希 at 2020年08月13日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。