2019年07月25日

保護犬くろすけ3


うちに来て2日目、早くも私が触るのは大丈夫になって来て

目やにが固まっていたのもおとなしく取らせてくれましたし

なんと、口の中も見れました!


1年2ヶ月のセンターで、誰にも触られなかったそうだけど

(大きいので何かあったら困る、ということのようです)

それ以前、野良犬だったことも合わせると

きっと人間の暖かみを、全く知らないのだと思う。


私が手を挙げてから、地元のボランティアさんが

檻の中に入って、初めて触ったりおやつを差し出したりしてくれたけど

全く顔を上げないどころか匍匐前進してしまう。

動画を送って頂いたのですが

まるで「このまま消えてしまいたい・・・」と

泣いているようで

胸が痛かった失敗


でも逆に言えば、人間と接してこなかった分、極端な話

殴られたり叩かれたりもしたことがないようで

ただ怖くて固まってしまうだけで

攻撃性は一切なく、小さい娘に対してもルカに対しても

唸るようなこともありません。


この辺り、里親さんを見つけるに当たって

かなり高ポイント!!おやゆびサイン



さて、くろすけさんに人間との生活に少しずつ慣れて頂くべく

ゲージから出る練習で、ご飯などは外に置くようにしました。

IMG_8605.jpg

すっごく屁っ放り腰ですけど^^;


そして、リードをつける練習。

IMG_8599.jpg


3日目の朝は、ベッドにいる私たちを覗きに来たのですが

前日までずっと垂れていたしっぽがピーンと立っていました。

お!少し前に進んでるかも!と思い1日がスタート。


部屋のとんでもないところにウンチマークしちゃって

その流れで抱っこする羽目にあせあせ(飛び散る汗)

暴れるかな?ひょっとして噛み付くかな?

と思ったけれど、全く無問題!

抱っこしてもおとなしくしていました。

そのまま部屋に解放してみたら、しばらくずーっと部屋をウロウロ。


ルカが護衛のように、どこに行くにもついて歩き

最終的には私の手から卵焼きをGET






(後ろで流れている変な歌は

気になさらないでくださいたらーっ(汗)


この日、ルカはだいぶ神経使って疲れ果てたようで

早くからぐっすり寝ちゃいました。

くろすけの護衛に加え、娘も守ろうとしていたし

私へも気も使い・・・

ルカ、ホントに色々ありがとう揺れるハート




*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。







posted by 宮西 希 at 01:38| Comment(0) | 保護犬くろすけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。