2019年07月23日

保護犬くろすけ2


くろすけがうちにやって来た次の日。

1年2ヶ月も、保健所の緑の床の上で

隅っこに頭を向けたまま動かなかったのだから

そんなにすぐに、人間に心を許してくれるわけがない。

とにかく数日は、待つに徹する。


でも、怖がっている彼に言葉をたくさんかける。

くろすけのいるゲージの前を通るたびに

何か一言二言、声をかけていく。

すると、それまで顔を伏せていたのに

私が前を通るたび、目で追うようになって来た。

ゲージの前に座り込んでみたら、目が合った。


IMG_8586.jpg


大丈夫そうだな、と思えたので

ゲージの中で卵焼きを一つ、あげてみたら

怖々だけど、私の手から食べた。

これは、ひょっとすると最初に思ったよりも

早く慣れてくれるかもしれないぞ!


調子に乗って、オヤツもあげてみた。



お!いけるかも。




*お問い合わせは「ペットのおうち」よりお願いいたします。

*譲渡は先着順ではなく、もしも相応しい方からのご応募がない場合には
マッチング成功まで募集が続きます。
これはあくまでも様々な条件の相性(マッチング)であって
応募してくださるご家庭を否定するものでは決してありません。
何よりもワンコ達の「安心」「安全」「幸せ」を優先して
里親様の選定を行なっておりますため
ご希望に添えない事もございます事をご理解下さいますようお願い申し上げます。










posted by 宮西 希 at 00:44| Comment(0) | 保護犬くろすけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。