2017年12月11日

12/8にお問い合わせ下さった方へ


12/8にドコモの携帯からお問い合わせいただいたメールに

いくら返信しても、エラーで返ってきてしまいます。

メールを読んだところ、お急ぎだろう(今週のことだろう)と思ったのと

他にも参考になる方がいらっしゃるかも?しれないので

(可能性は低いですがあせあせ(飛び散る汗)

このブログでお返事致します。


お問い合わせの際は、お名前やご連絡先を明記の上

せめてパソコンからのメール

特にお問い合わせアドレスからのメールを

受信可能に設定し直してくださいね!!!

よろしくお願い致します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お問い合わせありがとうございます。

休符に音を止める、ということはいたしません。
休符のマークに、2種類あることはご存知でしょうか?
ただの「丸」と「丸の中にさらに点があるもの」の2種類です。

ただの「丸」は、西洋の楽譜でいうところの四分休符。
「丸の中にさらに点があるもの」は、奏者のアクションとしては休み(何も弾かない)ですが
実は前の音をずっと伸ばしているという意味。
つまり、下記の楽譜をご覧いただければ、参考になるかと思いますが
最初の「さくらー」の「らー」は2分音符ということです。

sakura1.JPG

1番最後の小節の4拍目だけ、ただの「丸」になっていますが
撥弦楽器である箏は、当然のことながら弾いた瞬間からどんどん音は衰退していきます。
ですので、4拍目にはすでに音の響きが消えているので
(楽器の良し悪しによっては、実際には余韻が残っているかもしれませんが)
ただの白い「丸」なのです。

厳密に言えばそういうことなのですが
世の中には、これをご存じない方が楽譜を作っていらしたり
そんな細かいことは考えていない楽譜も存在します。

でもいずれにしても、スタッカートと
何か特別に指示のある楽譜以外で(現代曲などにはたまにある)
絃を触って音を消す作業をすることは一切ありません。
(「弦」も、弓を使う楽器ではないので「絃」が正解です。)


私も何度も学校で教えていますが
学校でお箏を教えるのは、楽器の準備のことや何面もの箏のチューニング
教える曲のことなど、様々なご苦労がおありかと思います。
今の時期ならクリスマスソングなどをお箏で弾くと、生徒たちの受けも良く楽しいかもしれません。
「ジングルベル」などは、お箏本来のチューニングで弾けるのですが
地元のお箏の先生の中に、西洋音楽の知識をお持ちの頼れる方がいらっしゃったら良いのですが
なかなかそうもいかないようですね。

生徒さんにとって、一生に1度しか触れない機会であるのなら
ぜひ本物を教えてあげてほしいと、常々思っています。
そのために何かお役に立てることがあれば、いくらでもお伝えしたいと考えていますので
いつでもお声をお掛け下さいね。

Kotist 宮西 希

==============================================
kotist宮西 希 オフィシャルメール
info@kotist-nozomi.com

kotist宮西 希 オフィシャルサイト
http://kotist-nozomi.com

株式会社ピュアハーツ 
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-9-7 ニッカビル2F
TEL03-6304-0188
担当マネージャー:平山 訓
==============================================


2017/12/08 17:13:

中学校の音楽の教師をしています。
今、お箏の授業を1、2年生で行っています。質問があります。休符のときの奏法です。
休符のときは弦の振動を止める程度に左手の人差し指、中指を弦(休符の直前に弾いた弦)に添えていますが、
これは合っていますでしょうか?

posted by 宮西 希 at 02:30| Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。