2017年08月06日

レッスン中のDaughter-K


いつもお弟子さんのレッスンには

ルカとDaughter-Kを連れて行っています。

ルカはレッスン中はすっかり寝入ってしまい

おとなしいし邪魔にはならないのですが

Kはともすれば、抱っこをせがみ

用意したおもちゃよりお弟子さんの方が気になって仕方なく

よって、ほとんど抱っこし続けているのですが

音楽を聴いているのは確か、かな〜?と思っていました。


今日、砧地(きぬたじ)と呼ばれるリズムを練習中

Kは私の左隣に、私と同じようにお箏に向かって座っていたのですが

私の弾くリズムと一緒になって、両手で絃をひっぱたいていました(笑)

(柱の左側を垂直に叩くので、音は全然出ていないあせあせ(飛び散る汗)


「砧」というのは昔、日本や朝鮮などで行われていた

石の上に布を広げ、それをトントントントン叩く

洗濯の方法で

その規則正しく打ち響く音を、箏で表現した

単純に繰り返すリズムのことを「砧地」というんです。

だから、基本のリズムとしたらとっても単純で簡単なので

kにしてみればもってこいの遊び。

両手を額まで振りかざし、バンバン絃をひっぱたいていました。


こうやって音楽を覚えていけるのって

1番いいカタチですね〜ぴかぴか(新しい)


私も、母親のお弟子さんの音を聞いて育ちました。

音楽は、仕事にしようとすると本っ当〜〜〜に大変だから

仕事にはしないで欲しいけど

自然に覚えられて身につく環境はとても贅沢なことだし

弾いていて(叩いていて)楽しいならそれが1番るんるん

お弟子さんにはご迷惑にならない程度に

一緒に聞いて、覚えていって欲しいと思います。





posted by 宮西 希 at 00:33| Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: