2015年04月11日

浪江町の今の様子

浪江町での様子。

昔、双葉町でのコンサートで

浪江町の方々は私のCDをたくさんたくさん買って下さったんです。

その私のCDもたくさん、津波に流されてしまっているでしょう。

そんなこともあり双葉・浪江は私には特別な思いがあります。

この日、波江出身のシンガーソングライター

門馬よし彦さんに案内していただきました。

11102708_885930094782658_6855080118686729539_n.jpg

彼の「ここがオレの部屋だったとこ〜」と指差す写真

手前右側にタイルが残っているのが玄関だな〜と分かります。

ここに、暮らしがあったんだということを

実感させます。

11040962_885930161449318_7854828206447479641_n.jpg

彼は知り合いの近所のお家にも

かならず手を合わせタバコを手向けていました。

一緒に住んでいた友達や知人を失くしたら

だれでもそういう気持ちになるでしょうが

そういう思いをしている人がものすごく大勢いて

しかもまだ帰れない・見通しが立たないという気持ちまで

本当に想像して、わたしたちは日々忘れないで

暮らしていかないとな…とおもいます。


11077562_885930198115981_2445562844111169017_n.jpg

波江は、まだ帰っては行けない地域になっていますが

線量はちっとも高くない。

むしろ、こうやってきちんと測っていない首都圏や

その他の地域の方がどうなんだろう?


除染した土が入った、大きな大きな黒い袋が

たくさんたくさん積まれている町並みを見ながら

そうおもいました。


「仮置き場」だそうですが

「仮」設住宅もですが

いつまで「仮」なんでしょうね。

もう4年、経っています。





10984256_885930121449322_5582955629871483613_n.jpg

家から20歩で海。

「ここで毎朝、海を見ながら歯磨きしてたんだよね」って。


11078125_885930148115986_7437805110391799709_n.jpg

100歳のお祝い。この方、どうしただろう・・・。


11096471_885930178115983_7472842767384561209_n.jpg

あの年も、最初に復活したのは草花たち。







posted by 宮西 希 at 16:25| Comment(0) | 東日本大震災Music for You
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: