2007年12月07日

灯油

高いので、なかなか買わずにいたら

うちの灯油がスッカラカンになっちゃいました。

しょうがないので、今日こそは買わなきゃと

配達灯油を待っていました。


音楽をならしながらやってくる灯油屋さん。

いつも、ポリタンクに入れ終わったら

「ピンポーン」とチャイムを鳴らして呼び出してくれます。

それが、今日は車が止まってから、チャイムがいつもより早かった。

「ん?もう入れたの?」と慌てて下に降りて、外に出ると

「すみません・・・1880円なんです・・・。

 入れてもいいですか?」

入れる前に、確認して、何度も謝って・・・

高くなっちゃったのは、おにいさんのせいじゃないのに・・・

これからまたもっと、高くなる一方なのかなぁ?という話をして

「その可能性があるのなら、じゃあ2缶買っちゃいます」

と2つ買った。

よく考えると、いつの間にか2倍の値段になってたんだね〜。

「もういい加減、止まってほしいんですけど・・・」

おにいさんは散々申し訳なさそうにしていたから

ひょっとしてお客さんに「え!そんな高いの!!」とか

言われちゃったりしているのかもしれないよね。

ずっと低姿勢で

しかも灯油をしまってある場所まで2つも運んでくれて

ホントにありがとうご苦労様ってお礼を言いました。

石油の高いのは、誰が悪いワケじゃないけど、生活必需品は

もう少し税金がかからないようにするとか

なんとかして欲しいよね〜。






posted by 宮西 希 at 00:06| Comment(0) | 希の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]