2007年12月17日

六本木

今日は、高校から大学まで同じ所ですごした尺八の

安島瑶山くんのリサイタルに

サントリーホールまで行って来ました。

彼は高校の時はフランス語専攻なので、フランス語が堪能!

来年、日仏交流150周年ということで

フランス生まれのハーピスト福本しのぶさんとの

和と洋の融合をテーマにした2時間。

来年、フランスでもコンサートするそうです。

お二人とも、とても実力のある方々なので

フランスでも拍手喝采になることは、まちがいないでしょう!!

 
今回客席で聴いていて

「しっかり和」のものと「しっかり洋」のものが

お客様にとってはどういう風に聞こえるのか

どう聴きたいと思っているのか、というのが感じられて

とても勉強になりました。


ここ数年、融合とかコラボレーションというテーマのコンサートは

各地でたくさん見ることがありますが

ただ「一緒にやりました〜!」という、どうも独りよがりなものも

わりと見て来ました。

一緒にやるだけなら、誰でもどんな楽器でもできるけれど

その中でそれぞれの楽器の特徴や長所をきちんと出して

短所を補い合う

そんな音楽の作り方が出来ているものが、私は好きです。

今日は、本来箏で弾く曲をハープで対応していたのですが

アレンジもハーピストならではのアレンジであったり

尺八でしか出せない音色をふんだんに使うなど工夫されていて

箏のアレンジにも参考になるハープの奏法などもあり

勉強させて頂きました。


t02200293_0240032010931950954.jpg

コンサートは早い時間で、夕方には終わったので

その足で六本木のミッドタウンへ。

この写真とは別のX'masのイルミネーションが

(庭一面青色ダイオード!!)

TVなどでよく見られますが

あまりに寒くて寒くて、外でずっと見ている気にはなれず・・・


そのまま西麻布まで食事(・・・飲み)に行って

さらに六本木ヒルズでもちょっとお店に入って(・・・飲んで^^;)

帰ってきました!







posted by 宮西 希 at 01:28| Comment(0) | コンサート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]