2008年03月30日

さくら

t02200165_0320024010931046493.jpg

約束したわけじゃないけど

さくらは毎年、必ず咲いてくれる。

するとなぜか、みんなうれしくなる。

1年中、さくらのこと考えているワケじゃないのに

この時期になると、日本人でよかったなぁとか思ったり。

人をうれしい幸せなキモチにできるさくら。

ピンクと言うけど、決して自分からは主張しない

ピンクよりも控えめな控えめな淡い色が

またなぜかグッとくる。

それでいて、それがたくさん集まると、品の良い華やかさになる。


t02200293_0240032010931046487.jpg

こちらは庭のサクラ。

外の大きなさくらより少し、咲くのが遅いけど

凛と気高い。

そして静か。

やっぱりさくらって

古き良き時代の日本人女性のイメージ?



誰もが知っている箏の「さくら」という曲は

メロディーこそ「あぁさくら・・・かな」と思えるんだけど

箏曲としての数々の「さくら」の曲たちは、私は実は

このさくらの花たちと、ぜんぜんイメージがマッチしないんだよね。

ちょっと激しいものとか

なんかコワイ…って感じちゃうのもあったり(^^;)


そういう私の「Sa Ku Ra」も

古い桜の大木、しかも夜のイメージなので

なんかあんまり、というか全然ソフトではない…。


今「さくら」を弾くとしたら

やわらかい「さくら」が弾きたいって思う。

やっぱり、シンプルでやさしい・・・のがイイ。








posted by 宮西 希 at 16:10| Comment(0) | 希の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: