2009年03月29日

むつのを

長野では、久しぶりに「むつのを」公演に参加してきました。

デビューするよりずっと前から参加しているこの団体は

邦楽界で活躍するプロの演奏家達の

出身学校や流派の違いなど、一切関係ない集まりで

子ども達のための公演や、学校への公演だけでなく

実際に邦楽器を体験してもらうことなどもしています。


私は学校を卒業してから

通っていた大学の先輩にご紹介頂いて

参加するようになったのですが

まだ学校出たての若い人から

もうベテランもベテラン、大ベテランまで

1つの音楽を作るチームとして

誰にでも発言権があります。


もちろん先輩が後輩に

「こうしたほうがいい」とかいうのもあるけど

若い人にもちゃんといろんな場面で

発言権があるということが

本当にすばらしいと思います。


これは邦楽界においてはとてもめずらしいことで

誰もが皆、相手をちゃんと立てているし

本当にスゴイなぁ〜!いい音出すなぁ〜!

よくあんなに弾けるなぁ〜!

という人がたくさんいるけど

競争の世界ならどこにでもあることではありますが

「人よりも自分が前へ!」

ということをする人が誰もいないんです。

本当に、雰囲気が良い、気持ちのよい団体です。

これはみ〜んな、自分にも自信があるからこそ

相手を認め合っているんだと思うし

主催の先生のお人柄で集まったからだと思っています。



私としては、久々に邦楽界の演奏をしたような感じですが

「こういう弾き方、いいなぁ」

と参考になるものもたくさんあって

すごく勉強にもなったし、忘れてたことも思い出せたし

懐かしい先輩たちとも楽しい時間を過ごせたし

今までお話する機会のなかった方々とも交流を持てたし

数年前に私のラジオ番組にゲストで出演してくださった

「ZAN」の小湊くんとは初めて一緒に飲んでよくしゃべったし

とても楽しくていい時間を過ごすことが出来ました。


最近いわゆる邦楽界のお仕事はできていないけど

いろんな意味でこの「むつのを」は続けていきたいなぁと思いました。






posted by 宮西 希 at 22:59| Comment(0) | コンサート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: