2009年06月28日

MJ

MICHAEL JACKSONが突然亡くなって

世界中のメディアで取り上げられている。

あまりにたくさんの曲が流れるものだから

私も急に弾いてみたくなって

彼の曲の中で1番好きなものを、さっき弾いてみた。

英語の名前(人名も曲名も)を覚えるのが大の苦手な私は

タイトルは調べないとすぐには分からなかったけど

同じようにタイトルは知らなくても、

すぐ弾けるくらい耳で知っている曲は、たくさんある。


これって本当にすごいこと!

それだけ世界中で、彼の曲は浸透しているってこと。


彼の音楽的な才能や、パフォーマーとしてのセンスや努力は

計り知れない、素晴らしいものだし

人々から賞賛されたり、羨ましがられたりされる程

大したものだったと思う。


同時に周りに人が多い分

翻弄されることも多かったとは思う。

だけど彼ほどの人であっても、ありのままの自分の

全てを認めてあげることができなかったのかな・・・。

昔のCDジャケットの写真のかわいらしい笑顔を見ると

このままでいいのに・・・と感じてしまう。

そんなに自分自身を、変えたかったのかな・・・と思ってしまう。


たくさんの人が関わる社会にいると

他人を認めることって、すごく難しいよね・・・。

でもそれ以上に、「そのままの自分」のことを

自分で受け入れて、愛して、認めてあげるということが

1番何よりも、難しいんだよね。。。


他人を「受け入れられない」と思えば

その人から離れればいいけれど

自分のことを認められず愛せない時は

どうすればいいんだろう?

姿かたちも含めて、自分の望むものに変えてゆくしかないのかな・・・。


私も「他人を受け入れること」もそうだけど

「そのままの自分を認めてあげること」の難しさには

すごく悩まされてきてるけれど、ある人から

「そのままでいいんだよ、ありのままでいいんだから」って

言ってもらえたときの安心感は、とても幸福なものでした。

そういう言葉が、自分で自分を認められる一歩になるんだなって

実感したことがある。


彼は本当にパフォーマンスはカッコイイし

音楽的にも良いフレーズが多いし、優しい声を持っている。

それで、それが形となって世の中にちゃんと残されている。


もし、自分を自分で認められない人がいたとしても

きっと、周りの人は例えばこう思ったりするでしょう?

その人の良い所とか特徴をちゃんと客観視して

「◯◯が、あるんだからいいじゃない!」って。

でも、本人にとっては

そうじゃないところのコトなんだよね、きっと。

MJほどに、大勢から認められている存在であっても

やっぱり「そのままの自分」を

無条件で愛せなかったってことなら・・・

そう思うとなんだか、亡くなったことだけでもさびしいのに

ちょっと、痛みを感じてしまう1日でした。


ちょうど数日前、「これ箏で弾いたら良さそう!」と

チェックして書き留めた曲は、Jackson5の曲でした。

やっぱりイイ、心の中に浸透する歌声・・・


音楽以外のゴシップでばかり話題になっていた時も

「でも、子どもを抱いている時の顔ってとっても優しいな」

って思ってた。

未来のために、子どもたちのためになど

世の中がこうあって欲しいというメッセージも

歌としてもいくつも残されている。

彼の存在は、いなくなってからも価値があると思う。







posted by 宮西 希 at 13:01| Comment(0) | 希の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]