2009年09月21日

みんなおんなじ

t02200391_0480085410925067743.jpg

今週は、動物愛護週間です。

私は動物が、特に犬が大好きで

現在も私にとって3代目のワンになる

トコと一緒の生活を送っています。

トコを含めて

私と今まで一緒に暮らした犬は

みんな、ご縁があって巡り会った

「運命のワン」たちばかり。



1匹目は、捨て犬で近所をウロウロしていた小さな仔犬を

うちの家族として迎えました。

2匹目は、知り合いの方のおうちで生まれた仔を

譲って頂きました。

私の曲「夢見るドラゴン」の主人公、リュウくんです。

3匹目は「トコとお散歩」の主人公トコですが

彼女も、たくさん生まれたので

誰か飼ってくれる人を探している、という

里親募集という中から頂きました。


3匹とも、みんな血統書とかそういうものがありません。

とってもかわいい家族です。


毎日お散歩の最中、たくさんの犬の飼い主と出会います。

みんな「自分のワンが1番かわいい!」と

愛して止まない方々です。

「それが1番、ワンたちにとって幸せ(^^)!」

と私も思うので

たくさんの「自分の犬自慢」を

ほほえましく聞いています。


でもたまに、珍しい犬種だと思われるようで

トコについて、何の犬種かと尋ねられることがあるのですが

そこで、MIXです、雑種ですって言うと

とたんに「あ・・・あら・・・。そうなの・・・。」と

明らかにテンションが下がって

会話がプッツリ途絶える人がいます。

「いい犬かと思ったのに」

なんて言われたこともあるんです。



いい犬って、何なんでしょう???




人間の勝手で、その年の流行の犬を作り出す人がいて

それをファッションで飼い

いらなくなったといって保健所に連れて行くという人間が

まだ、この世にいるのが現状です。


犬のコンテストにも、人間が勝手に作った基準があって

しっぽを切られたり

耳のたち具合が良くないと矯正されたり・・・

人間は、何様のつもりなの??!!

っておもっちゃう。


ペットショップで若いカップルが

当時流行だったトイプードルを買っていき

二日後に「この犬、ウンチするんだもん。汚い」って

返してきたという話を聞いたことがあって

唖然としたこともあります。

なんなんだ!いったい!!!


ちょっと前にも

「○○と△△ので新しいMIXを作り出しました」と

まるで新犬種のように

新しい名前をつけてテレビで紹介していて

というか

「新商品」のようにめずらしさをアピールする内容に

違和感を感じました。

それが、好きでよく見ていた動物番組だったので

がっかりです。

たしかに、かわいいんです!

だけど、人間が儲けるための「売れる・売れない」の物差しで

勝手に作り出すということが、どうも許せない。


テレビで、そんな紹介するよりも前に

動物愛護週間なんて名前だけにならないよう

この1週間くらいは、もっとアニマルポリスのこととか

保健所の現状とか、ペットショップの現状とか

メディアにもたくさん取り上げてもらえると

いいのですが・・・。



私は、人間の都合で

「作られる」「処分される」動物がいるということが

とってもとっても、イヤです!!

何とかできないかと、ずーっと思っています。

具体的に私に出来ること・してきたことは

ホントに小さなことばかりだし

毎日続けて出来ることといえば

1匹ずつではあるけれど

実際に私の隣にいるワンたちが、最期にお別れをするとき

「世界一幸せなワンだった!」

と本人(犬)が感じてくれるくらい

楽しい、嬉しい時間を、たくさんたくさん過ごして

う〜んと大切に可愛がってあげることと

君がいてくれることで

私も幸せなんだよ〜って伝えてあげることだと

いつも思っています。



どんないのちも、おんなじいのち。

人間社会で「肌の色も人種も関係ない」っていうのと同じで

「毛の色も、犬種も、大きさも、耳のたれ具合も

しっぽの長さも関係ない!」

み〜んな、かわいい大切ないのち。


牛も馬も犬も猫も・・・そして人間も

おなじどうぶつの中のひとつ。




posted by 宮西 希 at 23:57| Comment(0) | 希の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: