2009年10月27日

ありがとう

t02200124_0800045010924059001.jpg

犬が大好きでずーっと一緒に暮らしている私は

個人的に、保健所での刹処分について大きな疑問と

どうにかしてなくせないものか、という想いを持っています。


私の住んでいる地域ではないけれど

廃品回収車のように、「犬・猫回収車」が

定期的に回っている地域が、まだ日本中にあります。


年間、殺されている犬猫たち

1日に換算すると1000頭・・・

安楽死なんて、言葉だけ。

鉄の壁に追いやられ

日に日に隣の部屋へ移動させられ、最後はガス室です。

のたうち回って悲鳴をあげ、殺されていきます。

こういう映像は、心ある方が現状を知って欲しいと

公開しているものがあります。



業者が持ち込んだり

飼い主がもういらないと持ち込む以外に

迷子で保健所に連れて来られた子であっても

期限内(地域によって違う。3日くらいの所もあるらしい)に

引き取り手が現れない場合、殺される。

動物愛護法なんて、ウソじゃん!

と思っていたら、それは狂犬病法によって殺されるそうです。

現在、日本で狂犬病は発症していないのに・・・


そんな中、熊本市だけは刹処分をやめよう!と

画期的な活動をしています。

先進国と言われる国の中で1番

動物に関してひどいことをしている

ニッポン。

本来なら、動物虐待した人ももっと罰せられるべきだし

アニマルポリスが必要だと思っています。


また、テレビでも時々やっているけど

悪徳ブリーダーがいることも事実。

お金のため

毎年「流行」と言われる犬種に子どもを産ませ

母親犬は、4年で歯がボロボロ

生きていけなくなることもあるそうです。

それで産まれた子も

売れない、となれば3ヶ月でも保健所行き。

あまりに、ひどすぎます!!


たまたま知った

動物愛護法をもっとよく変えて下さい!

「刹処分所」ではなく

健康と福祉を確保するための施設を作って下さい!

インターネットでのペットの生体販売禁止を!

違反する業者に対しては登録取り消しを!

などという署名に

自分で署名するだけじゃなくて

ちょっと近くにいる人たちに

「こんなことがあるんだ」とお話し始めたら

それがどんどん広がって

たった3週間なのに200人の方々が

署名をしてくれました。

見ず知らずの方々も含め

本当にどうもありがとうございます。


私は犬の曲も、数曲あったり

CDジャケットもトコの写真だったりするので

もし機会があれば

犬たち、猫たちの命を少しでも救えるような

そんなお手伝いも音楽を通してして行きたい・・・

と思っています。


本当は、保健所から

全員引き取ってあげられたらいいんだけど

現実、今私のそばにいるワンを

1匹ずつしか見れないけど

その命の最期の時

世界一シアワセだったって思ってもらえるよう

大切に一緒に暮らすこと

これが、それぞれ個人でやれる

最低限の動物との接し方だと思います。








posted by 宮西 希 at 23:22| Comment(0) | 希の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: