2018年05月10日

大槌復興米「たえの酒」


2011年の東日本大震災での大津波で

壊滅状態になった岩手県大槌町。

津波跡地である菊池妙さんの自宅跡地に

お米の3本の種もみが流れ着きました。

海水もかぶり、津波で運ばれてきただろうこの種もみ。

のちに、DNA鑑定で「ヒトメボレ」と判明。

大槌復興米と名付けられ

たくさんの地元の方やボランティアの手によって

大切に大切に栽培されて、毎年収穫量を増やしていきました。


そして、上閉伊酒造はこのお米を使ってお酒を作り

「たえの酒」として発売されました。

先日、私も震災直後に釜石でお世話になった

正福寺のお嬢さんである友人から

この「たえの酒」をいただき

ゆっくり味わわせていただきました。

IMG_2211.jpg


私も、震災から1ヶ月経たない頃に

大槌町に自分の足で立ったので

風景だけでなく、匂いまで忘れられずにいます。


あそこに、自然にお米が流れ着いて芽ぶくなんて

自然ってなんて強いのだろうと思います。

この「たえの酒」はそんなお米を

たくさんの方々が、つないでつないで一つのお酒にしたので

生きる強さとともに、とてもやさしい味がします。

IMG_2213.jpg


上閉伊酒造さんは、以前私も飲んで大好きになった

「ズモナビール」を作っている酒造。

このビールは、私はいろいろな地ビールを飲んできましたが

日本のビールの中で1番ドイツっぽくておいしい!と思ったビールで

我が家では、普段ビールを冷やさずに常温で飲むのですが

冷やしてもまろやかなビールで

とっても飲みやすくて大好きです!


震災後に私の実家からお譲りしたエスティマくんが

活躍してくれた酒屋さんとも強いつながりがあるそうで

上閉伊酒造、応援しています!


上閉伊酒造

ここから、ネットでも購入できます!


たえの酒はこちらから購入可能です。

NPO遠野まごころネットの

ソーシャルファーム&ワイナリー


皆さまも、飲んで応援!

どうぞよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)


posted by 宮西 希 at 00:20| Comment(0) | プライベート