2017年08月14日

飯沼誠司さんの講習


先日、ライフセービングの飯沼誠司さんのお話を伺う機会に恵まれました。

私の音楽活動の1番最初、デビューする前からデビュー後数年間を

ずっと支えてくれたマネージャー兼プロデューサーさんは

実は日本のライフセービングの第一人者で

その頃からライフセービングについての話や

救急処置の話など、よく聞いていました。

なので、前知識は少しだけあったのですが

考え方ややり方は、時代によっても変わってきたりするし

そもそも、聞いただけのことで、実際のレスキューに立ち会うこともなく

今回、もう1度基本的なお話を伺い、実習もするという

とてもいい機会に、とても嬉しく思いました。


飯沼さんは、もちろん日本のライフセービングのトップクラスの方ですが

本当に水に関する思いがとても熱い!

水は、ともすれば事故に直結し命をも奪うもの。

だからその時のための「措置」だけでなく

「予防」やそのための「教育」について

本当に熱心に、全国に広め歩いています。

特に、子どもたちへの水を安全に楽しむための教育は本当に大事ですよね。


そして、思いが熱いだけでなく

お話が本当にとーっても上手なんです。

同じことを伝えるにしても、話し手が変わるだけで

聞いている側の記憶に残るかどうかは

ずいぶん変わってくると思うのですが

飯沼さんのお話は、引き込まれる!

話術だけでなく、やっぱりそれだけのスター性があるというか。


水をはじめとする事故、救命措置が必要な場面は

もちろん、ないに越したことはありません。

だけど、いざ!という時

何か一つでも、手助けになるような対処をできればいいなぁ

飯沼さんの講習を直に受けたのだから

それくらいできないといけないですね。

時々頭の中で復習をして

教えていただいたことをキープしていきたいと思います。












posted by 宮西 希 at 23:41| Comment(0) | プライベート

2017年08月06日

レッスン中のDaughter-K


いつもお弟子さんのレッスンには

ルカとDaughter-Kを連れて行っています。

ルカはレッスン中はすっかり寝入ってしまい

おとなしいし邪魔にはならないのですが

Kはともすれば、抱っこをせがみ

用意したおもちゃよりお弟子さんの方が気になって仕方なく

よって、ほとんど抱っこし続けているのですが

音楽を聴いているのは確か、かな〜?と思っていました。


今日、砧地(きぬたじ)と呼ばれるリズムを練習中

Kは私の左隣に、私と同じようにお箏に向かって座っていたのですが

私の弾くリズムと一緒になって、両手で絃をひっぱたいていました(笑)

(柱の左側を垂直に叩くので、音は全然出ていないあせあせ(飛び散る汗)


「砧」というのは昔、日本や朝鮮などで行われていた

石の上に布を広げ、それをトントントントン叩く

洗濯の方法で

その規則正しく打ち響く音を、箏で表現した

単純に繰り返すリズムのことを「砧地」というんです。

だから、基本のリズムとしたらとっても単純で簡単なので

kにしてみればもってこいの遊び。

両手を額まで振りかざし、バンバン絃をひっぱたいていました。


こうやって音楽を覚えていけるのって

1番いいカタチですね〜ぴかぴか(新しい)


私も、母親のお弟子さんの音を聞いて育ちました。

音楽は、仕事にしようとすると本っ当〜〜〜に大変だから

仕事にはしないで欲しいけど

自然に覚えられて身につく環境はとても贅沢なことだし

弾いていて(叩いていて)楽しいならそれが1番るんるん

お弟子さんにはご迷惑にならない程度に

一緒に聞いて、覚えていって欲しいと思います。





posted by 宮西 希 at 00:33| Comment(0) | 仕事