2010年12月12日

インド料理で打ち上げ

今日は年内ラストの邦楽の舞台。

主に子どもたちと一緒のステージでしたが

みんなよーくがんばりました

ひとつは私とのセッションで

みんながよく知っている曲を一緒に弾きましたが

ちゃんとした箏の曲にもチャレンジ。

最初、正直ちょっと難しすぎるだろうと思っていた曲も

いつのまにかみんなバリバリ弾いていて

びっくりしました


で、今夜は、前からお友達に美味しいよ

と聞いて行ってみたかったインド料理で

打ち上げ〜(with my師匠)

t02200124_0800045010914136033.jpg

もちろんビールもインドのビール。

t02200124_0800045010914135984.jpg


本場インドの方がやっていらっしゃるお店で

気さくにキッチンの中まで見せてくれました。

t02200391_0480085410914136055.jpg


中でナン焼いてるの、見えますか〜?










posted by 宮西 希 at 21:43| Comment(0) | コンサート

2010年12月10日

「ちょっとひとりKOTO」〜MESSAGE OF LOVE〜

来年のことを言うと、鬼が笑うって言うけど

笑って下さいっ(笑)・・・というのは

来年2月3日のコンサートチケットの電話予約が

今日からスタートexclamation

あ、しかもコンサートの日

鬼の日だわ・・・



ちょうど寒い寒ーい頃ですが

ハートがあったかーくなるような

コンサートにしたいと思ってます。

どうぞみなさま、お誘い合わせのうえ

聴きに&あったまりにいらしてくださいねるんるん


_____________________________


2011年2月3日(木)  Kotist宮西 希LIVE 
      「ちょっとひとりKOTO」〜MESSAGE OF LOVE〜

[会 場] 恵比寿天窓Switch        
       (渋谷区恵比寿3−28−4 ATOビルB1)
            
[時 間] 開場 18:30 開演 19:00
                     
[料 金] 前売り 3000円 / 当日 3500円(Drink別)
     (中学生まで前売り、当日共\2,000 ドリンク代別)


<お問い合わせ・チケット> 
     恵比寿 天窓Switch TEL.03ー5795ー1887
     電話予約は、12月10日(金)16時〜開始です。
 
恵比寿 天窓SwitchのHPはこちら
  
_____________________________


お待ちしております揺れるハート









posted by 宮西 希 at 10:27| Comment(0) | コンサート

2010年12月07日

伝統芸能を担ってゆく重み

日本の伝統芸能を背負って生きてゆくのは

本当に大変、重いことです。

私の周りにも何人も、歌舞伎を含む伝統芸能の人間がいるけれど

ほんとうにみんな小さな頃から芸事に打ち込んで

今に至っています。



学校時代、舞台のために学校に来れない人も多々いました。

長唄などは、やはり歌舞伎座などでの仕事も多いし

お能に関しては、家元の内弟子に入ってしまっているので

学校には毎日は通えず、大学は本科ではなく別科に入り

週に2日の学校を楽しみにしてる人もいました。


みんな、本気で、芸事を極め

上を上を、目指して日々精進です。


箏の世界でも言われたことは

60才でやっと一人前だそうです。


伝統芸能は、生まれた家にも大きく左右されます。

それが運命を分けると言っても過言じゃないとおもいます。

それは、そういう家に生まれなかった人からしたら

本当にうらやましいことだし

どんなことをしても、その地位は手に入りません。

また、性別も、大きく運命を分けると思います。


でもその家に生まれてしまった人間にとっては

やっぱり、重い重いこと。正直、そうだとおもいます。


ほんとうに、小さい小さいところですが

「家に師匠がいる」という家に育った経験のある私も

子どもの頃から、休みの度にお稽古、舞台、

「写生会の絵を日曜日に仕上げて来る」のが小学校の宿題で

楽屋で書いていた記憶もあるし

中間テストや期末テストの真っ最中の日曜日も、舞台。

楽屋でずーっと、勉強していました。


大人になってから真相を聞かされましたが

身に覚えのないことで何度も怒られました。

それは、弟子に直接注意できないので

私に向かって言っていたそうです。

(そんなーって感じ・・・)

反抗して舞台に立たなかったこともあります。

学校から家に帰っても、母親ではなく先生がいる、というのが

すっごく嫌で、おばあちゃまの家に逃げたこともあります。


私は、伝統芸能としての箏曲の世界で

大事に大事に、多くの人々が伝えて来たものを

さらに伝え続けてゆくという役割は

自分には荷が重すぎるし、自分に向かないと思いました。


そして、Kotoを日本に住んでいる日本人なのに

「知らない、見たことない、聞いたことない」という人が多いのを

とっても不思議に思って、

もっと多くの人にラクに受け入れてもらえる音楽にしたくて

今の活動に至ります。


だから、伝統芸能の世界にどっぷり生きている訳でないのに

あんまり大きなことを言うのは良くないとはおもうけれど

少なくとも、その世界を少しは知っている私としては・・・


現在、伝統芸能の世界に生きている方々も

今後、どうするのか、どう生きてゆくのか

みんなしっかり考えた挙げ句

伝統芸能を背負って生きているんだと思います。


でもその中で、舞台の真ん中に立てる人は

極々、限られた、選ばれた人なんです。

その環境、地位はなかなか手に入りません。

その真ん中に憧れながら、周りで支えている人や

自分のポジションでしっかりがんばってる人がいます。

それから、何百年も前から

その芸をしっかり引き継いで来てくれた人もいます。(故人も含む)

しっかりその意味、ありがたみを感じるべきだし

今、ここにいる自分の存在の意味と価値を知るべきだと

海老蔵さんの事件を見ていて、おもっています。


早く元気になって、また大きくてキラキラしている舞台姿

見せて欲しいですね!

だって、海老蔵さんだって、そのために生まれてきたんでしょ?









posted by 宮西 希 at 23:54| Comment(0) | 希の考察

2010年12月05日

同窓会

昨日は高校の同窓会でした。

こんな忘年会シーズンに…って感じだけど

12月じゃ仕事忙しくて無理な人も多いのが分かっていたけど

ある事情から、どうしても今この時期に

みんなで集まろうと開催。


私が通ってた伊奈学園は、1時間目から6時間目まで

それぞれちがう時間割で勉強するので

(大学と同じようなシステム)

その代わりホームルームが3年間一緒です。

そのせいか、クラスメイト誰かしらみんな繋がっていて

ほとんどに連絡がつき

担任の先生も交えて5年ぶりの懐かしく楽しい時間になりました。

また来られない人たちも、近況を送ってくれて

それをみんな読みながらの、なんと6時間exclamation×2


t02200391_0480085410899706855.jpg


当時の学校のジャージを着てきた人がいたのには

大笑いっるんるん


在学中の思い出話や、その後の話、今現在の話

やっぱりこの学校でよかったって

今更ながら思ってる、そんな話にもなりました。

私も、ホントそう思うexclamation


久々に、たくさん、飲みました。

刺激をたくさん受けたし

また私もガンバロウと思えたし

何かのご縁で同じ学校・同じクラスになって

一緒にいたのはたった3年間だけど

その後もずっと、仲間でいられるって

すっごくうれしい、貴重なつながりだと思う。


また会おうね揺れるハート






posted by 宮西 希 at 21:37| Comment(0) | プライベート

2010年12月01日

写真撮影

t02200124_0427024010892875024.jpg

都内某所の撮影スタジオで

新しい事務所に移籍をして初の

アーティスト写真の撮影がありました。


t02200124_0427024010892875019.jpg

カメラマンは

デビュー前から私を撮り続けてくれている内藤さん。

私としては、自分の音楽は

私の普段の生活から生まれる音楽なので

いつものままのありのままの自分に

なるべく近いカタチで、写真も撮りたいです。


t02200124_0427024010892875028.jpg

ヘアメイクはBASARAの野口さん&ナナさん。

そして今日の撮影での私のお相手は

ことじろうるんるん


t02200124_0427024010892875014.jpg

できあがりが楽しみ〜揺れるハート




posted by 宮西 希 at 23:58| Comment(0) | 仕事