2019年05月20日

初舞台

IMG_8132.jpg

私は3歳の時に、初舞台を踏みました。

今年3歳の娘も、この週末に初舞台を踏みました。

伝統芸能の世界で「3歳で初舞台」は

珍しいことではないのですが

私が3歳半だったのに対して

娘はまだ3歳と1ヶ月。

この年頃の子どもにとって、1ヶ月の成長の違いはとても大きく

ちょうど1年前に、この舞台に立つと決めた頃は

まだ、歌は歌えても

楽器なんて両手でバンバン叩くくらいしかできなかったので

正直、難しいかなぁ〜

失敗して嫌な思いする方がかわいそうだし

無理だったら4歳にするか・・・

と考えていました。


当日は、演目が始まる直前に舞台袖で椅子に座らせると

案の定「うたた寝」を始めました。(笑)

これは「子どもの舞台あるある」の1つで

あぁやっぱり (^_^;) とほっぺをペタペタして起こし

お茶を飲ませて、舞台へ。


(ちなみにもう1つのあるあるは

 本番直前に「おしっこー!」です 笑

 それで舞台も客席もみ〜んなで待ったことがあります(^.^) )


いざ始まると、ノーミスで弾ききって

あとで「(客席に)ジージとバーバがいたよ〜!」と言うほど

客席を見る余裕もあったようです。

私もそうなのですが

まだ、人前に立つとか、舞台に立つということを

怖いと思わないうちに

ステージの楽しさを知ってしまうことは

後々、強みになるかなと思います。


次の日になって、初舞台の感想を聞いたら

「嬉しかった!」「おもしろかった!」と。

普段、自分の映っている動画を何度も繰り返しみているのですが

初舞台の動画は繰り返さず

以前に「次はこれ弾く?」と言っていた曲を

歌い始めています。

お!意外と過去は振り返らないオンナだ!

どこまで続くかな?





posted by 宮西 希 at 20:44| Comment(0) | 仕事

2019年04月22日

春になって


今年の春、3歳になったばかりの娘が

幼稚園に入園しました。

56527876_2784083538300628_6027560985856835584_n.jpg

早生まれの彼女

この歳で周りの子達と1年違う(すでに4歳になっている子もいる)となると

体格的には、非常に差を感じますが

精神的には、かなり上をいっているらしく

幼稚園から帰宅して

「ピンクの服着ていた女の子、今日もずーっと泣いてたよ。

なんでだろうね?」

と話す余裕っぷり。

0歳児の時から、私に置いていかれ

あちこちに預けられ、結構鍛えられたのかな。


私が選んだ幼稚園は

保護者の活動がほとんど一切ない幼稚園。

幼稚園に来たら、すべて幼稚園にお任せください!っていう園。

「入園式の後、役員決めで大変な思いをした」という話を

つい最近も聞いたばかりですが

そんなもの、ないんですぴかぴか(新しい)

ハロウィンの衣装ですら、幼稚園で貸してくれるそう。

そして、夜は8時まで延長保育してくれます。

働くママに助かる園。


入園するにあたって、準備するものがあるけれど

幼稚園から配られた「Mother to Mother」という活動のチラシに

(貧困で子どもを学校に行かせられないカンボジアのママたちが

 日本の幼稚園・学校などで使うための袋を手作りして

 日本のママがそれを買う、という相互支援活動)

いたく感激してしまい

裁縫する時間もあったのに、たくさん買ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)


そういうものなのかと思っていたら

入園式で周りを見ると、ほとんどの子たちは

みんな自分のママの手作りの上履き袋を持っていた・・・がく〜(落胆した顔)

娘は、自分の袋を気に入っているみたいだけど

私としては、ちょっとサボりすぎた感を思い切り感じたので

幼稚園のバックにつける目印のキーホルダーを

(まだ文字が読めないので、自分のカバンがわかるようにつける)

急遽、ルカをモデルに作ってみました。

これなら、売っていないし

片耳垂れているなんて、絶対うちのルカだってすぐわかるし。

57411785_2802602163115432_2810528784917200896_n-1.jpg

ただの、自己満足(笑)


そんな娘、私と同じ3歳で初舞台を踏むべく

今、張り切って練習しています。

幼稚園に行く前の、ほんの5分10分でも

弾いています。

そう!その「たった5分」が大切!

たった5分でも、毎日積み重ねるととても大きいのだ!

大人になると、5分しかないから〜とやらない人が多いけど

私も、そのたった5分の練習を大切にしています。

途中までになってもいいから、5分弾くるんるん


初舞台は、本人が「楽しかった〜グッド(上向き矢印)」と思ってくれれば大成功。

記念みたいなものだから

成功体験と達成感を感じてもらえたらいいなぁと思っています。


57111760_2793876060654709_8125399519199232_n.jpg







posted by 宮西 希 at 11:11| Comment(0) | プライベート

2019年03月22日

春日部でのコンサート


先日3月16日に開催されたコンサート

私の育った春日部市の、シルバー人材センター主催で

本当にたくさんのお客様にご来場いただいて

大盛況の中、無事に終了しました。

私にお声をかけて下さった関係者の皆さま

当日、動いて下さったたくさんのスタッフの方々

会場となった春日部中央公民館の方々

そして、お集まりくださった皆さま

本当にどうもありがとうございました。


私のコンサートは、1部の40分のみ

そしてスタイルも、私のソロという形でしたが

自分が思っていた以上に

春日部では私を待っていてくださる方が

大勢いらっしゃるということを実感し

本当に嬉しいコンサートになりました。


実は、写真が全然なくて!

後日、地元のテレビでコンサートの様子が放映されたものから

少し、様子がわかりそうなものを・・・

IMG_6727.jpg

IMG_6736.jpg

IMG_6739.jpg


この日、雨の予報でしたが

ちゃんと晴れて(さすが私!)

地元のソプラノ歌手の方の公演もあったこともあり

お客様はなんと、臨時席を何十個も用意して頂いたほど!


なるべく、皆さんが知っていらっしゃると思われる曲を

選曲したつもりではいたのですが

Kotoっちゃいましたコーナーのジングルは

「分からなかった」というお声も多く(スーパーマリオ)

もっと広い層のリサーチをしなければと反省あせあせ(飛び散る汗)


びっくりしたのが

ステージを終えた時に、私に話しかけてくださったのが

立野小学校のときの隣のクラスの担任の先生!

1度も受け持ちはなかったのですが

学年主任の先生だったので、もちろん私は覚えていましたが

1学年400人弱いた中で

逆によく、私を認識し、さらに何十年も覚えていてくださったと

本当に驚きました。

先生曰く「休み時間など、教室のオルガンで

アニメソングや当時流行っていた曲をなんでもずーっと弾き続けていて

絶対忘れられない生徒だった」とのこと。


・・・やってたんですね、すでに(笑)


そして、幼稚園の先生も私の大好きな色の花束を持って

ステージまでいらしてくださいました。

こういうの、地元ならではで

本当に嬉しかったです!

ゆっくりお話ししたかった!


もう1つ驚いたのが

私のデビュー以来のCDを全部持って

聴きに来てくださった方がいたこと!

あえて今、デビューアルバムに

今日の日付で、サインが欲しい!とぴかぴか(新しい)

これも私、すごく感激しました!

ずっと私の知らないところで

私の音楽を聴き続けて、待っていてくださる方がいるって

こんな嬉しいことはありません。


コンサートの次の日まで、春日部に滞在していましたが

ご近所の方からもたくさんお声をかけていただき

「待っていたのよ〜!」とも言って頂いて

何年も何年も、大変な時も淡々と続けて来たつもりではいたけれど

ホント、まだまだがんばれる!と思えました。


また、春日部ではコンサートしたいです!

今度は、ソロではなくて

トリオやバンドなどで演奏できたら最高ぴかぴか(新しい)


その前に、次の作品、ちゃんと仕上げなきゃね!

春日部の皆さま

本当にありがとうございました!






posted by 宮西 希 at 15:47| Comment(0) | コンサート

2019年02月23日

デモ音源作り真っ最中


IMG_6337.jpg

このところ、デモ音源の制作に時間を費やしています。

先日は作品に入れたくて試しに笙を吹いていたら

向こうから同じような音が…

ラッパ咥えてムスメが現れた(笑)

同じ種類の音って分かってるのですねぇ!


IMG_6349.jpg

笙は演奏前後に(演奏途中でも)

必ず暖めなければならないのですが

この小さくて丁度いい電熱器、探すの大変だったんです!

たくさん探して人にも聞いて

当時秋葉原の専門店で買ったけど

今ならネットで買えるんだろうな。


舞台にそのまま出せるように

缶に入れた状態で(消防法に関係)入れられる

桐の箱を作ってくれたのは

私の育った春日部にある和楽器屋さんのサトウ楽器さん。

桐の箱は、ステージの見栄え上という単なる私のワガママ。


デモ音源制作は、主に

娘の寝た後から明け方にかけてやっているけど

さすがに箏や笙の音出しはできず

さっきなんてお風呂沸かしている15分で箏を1Take録った!

そういう時って今しか時間ない!って思うから

一発OKで録れるんだよね。

要は集中力ってことなんでしょうか。

でもさすがに寝不足続きで、今日は頭と肩が重い。

今夜は早く仕上げて長く寝よう。





posted by 宮西 希 at 01:08| Comment(0) | 仕事

2019年02月17日

バイオリンのNAOTOくんとのこと


今日は朝からずっと

FM岡山のDJ牛嶋俊明さんから何度もメール。

バイオリンのNAOTOくんが昨日から

ニューアルバムのプロモーションで岡山にい番組出演する際に

私を長いこと熱く応援して下さっている牛嶋さんが

気を利かせて私の話をしてくれたらしく

昨日のその番組の同録や今日の公開放送

さらには彼のライブの動画や写真を

次々に送ってくださった。


NAOTOくんと私は実は同級生

東京藝大の体育の授業で知り合った。

しかも、藝大なのでバレーボールもフワフワのビーチボールで

正直言うと「ケガしたら嫌だから〜」と

ほとんどの学生が壁に沿って座り込んで2時間ずっと喋っている中

(体育の先生たちも怪我されたら責任問題だからか黙認)

「なんで⁇どうしてビーチボールなのさ⁈本物のバレーボールはないのか?」

と言い出し、バリバリバレーボールをしていたのが私たちあせあせ(飛び散る汗)


「ケガ?しないようにやればいーじゃん!

ケガするような下手なことした自分の責任でしょ」

って感じが、同じだったんだよね、それで仲良くなった。


ホント言うと、同じ副科ピアノの先生と

考えが合わずに揉めたのも、私たち2人たらーっ(汗)

副科ピアノでも、音楽高校から来た私はもっと色々勉強したかったんだけど

最初に一方的に決められちゃった曲しかやらせてもらえず

もっとやりたいですって意見しちゃったんだよねバッド(下向き矢印)


卒業の時、2人ともそれぞれまわりに

「よく卒業したね!」と言われて

(要は、よく卒業できたねってこと)

卒業証書持って並んで写真を撮った。

今思えば、貴重な写真かも。

卒業してしまえば自由に行ける!そういう思いが

2人とも他の学生より強かったのかもしれない。


後に車を安く譲ってもらったり

私のデビューアルバムに参加してもらったりもした。

それぞれ藝大では

クラシック界・邦楽界からはみ出した存在だったみたいだけど

後にこうして、お互いにこちらの世界で

ミュージシャンとして生きていけるようになって本当に嬉しい!

(NAOTOくんは生きていける、なんて通り越して

 大活躍の人なんだけどぴかぴか(新しい)

今日みたいに人づてで、しかもON AIR上で話題になるなんて

本当にありがたい!


今夜、久しぶりにNAOTOくんにメールした。

今更感があって一切繋がっていなかったSNSも

さっきフォローしてみた。


NAOTOくんのニューアルバム

ぜひ聴いてみてください!

凄くカッコいい!

バリバリRockだったりPOPSだけど

クラシックをきちんとやってきている人にしか弾けないバイオリンです。

私の大好きなキラキラした音色!

有名人のNAOTOくんのことを、私が今更言うことでもないけれど

メチャメチャおススメです!


NAOTO Official site
(動画も見ることができます!)






posted by 宮西 希 at 00:49| Comment(0) | プライベート