2017年02月01日

LIVEやります!


春になったら、ライブやります!


本当は1年前は、このライブで育休明けにするつもりでいたのですが

なんとな〜くいつの間にか復帰してしまいましたので

いつものような、ライブにしたいと思いまするんるん


CD未収録曲や、新曲もお届けいたしますので

みなさまお誘い合わせの上、会いに&聴きにいらしてくださいね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月1日(土)ちょっとひとりKOTO 2017 〜春爛漫〜

   <場 所> 恵比寿 天窓Switch
           渋谷区恵比寿3−28−4 B1F
           TEL:03-5795-1887
   <時 間> 開場12:30 / 開演13:00
   <料 金> 前売り¥3,500 当日¥4,000(税込)
         《別途 1ドリンク¥600 》        
         全席自由
  <サポート> Gt/重実信之
   
  ☆チケット発売中☆    2/14(火)〜   
    【店頭・電話予約】恵比寿天窓Switch
     【メール予約】 タイトルを「4/1チケット予約」として
             お名前・お電話番号・メールアドレス・
             予約枚数を明記の上 info@kotist-nozomi.com
             までお申し込みください。

     ☆3日以内に「予約受付完了メール」が届かない場合
      こちらにメールが届いていない可能性があります。
      その際はお手数ですが、なるべくフリーメール以外のアドレスより
      再度お申し込み下さいますよう、お願いいたします。

<お問い合わせ>恵比寿天窓Switch 03-5795-1887



posted by 宮西 希 at 09:00| Comment(2) | コンサート

2017年01月17日

1月25日にCDが発売されます!


1月25日発売のCDについて、 詳細情報ですぴかぴか(新しい)

jazzladyproject.jpg

LADY総勢17名による実力派ジャズ・ユニット

“JAZZ LADY PROJECT”がお届けする至極のスクリーン・ミュージック・アルバム

「CINEMA LOVERS 〜映画(シネマ)に恋して〜」

に、宮西 希も参加しています。



それぞれがソロや様々なプロジェクトで活躍している

実力派メンバーにより結成されているこのユニット

ピアノ、ベース、ドラムに加え、サックス、フルート、ヴァイオリン、箏、ヴォーカルなど

カラフルでバリエーション豊かなアレンジによる映画音楽の名曲が

全12曲収録されています。


私は、元スクエアの和泉宏隆さんアレンジの

「ミッション・インポッシブル」に参加

「男と女」にちょこーっとだけ参加

それから「スマイル」をアレンジ、及び演奏しています。


この「スマイル」は、箏ならではのアレンジなのですが

ジャズボーカルが歌っている、という形で

世界中で「スマイル」はたくさんアレンジされていますが

こういうのは、絶対に他にないっという出来になっていまするんるん


また「ミッション・インポッシブル」は

さすがの和泉さんのアレンジで、私は本当に勉強になりました。

音楽的なことももちろんですが

人間的に本当に尊敬できる方でで

この曲に参加でき、本当に光栄でした。


箏については、和泉さんは私にすっかり任せてくださって

それだけでなく、私の案をみんな取り入れてくださって

とっても感動しました。

やはり世界広しと言えども

こんな「ミッション・インポッシブル」は

他のどこを探してもない!と断言できますexclamation



もっと詳しくは、キングレコードのページをご覧くださいませ!


(※レコ発ツアーに宮西 希は参加いたしませんので予めご了承ください。)



posted by 宮西 希 at 15:20| Comment(0) | 仕事

2016年12月31日

この1年


2016年は、私の人生においてもポイントになる年だったと思います。

大きなお腹を抱えてのステージ

お腹が隠れる衣装と、いつもどおりのハイヒールで

お客さまにもですが、私の友人にも妊娠はバレませんでした。


その後、産休に入るつもりがお仕事をいただき

無理を承知で動いていたところ、切迫早産で緊急入院。

春に、ちいさなちいさな女の子が生まれました。


正直、この世界は女性が結婚するとか、子どもを産むなどすると

仕事ができなくなる場合も多いです。

これまでも、そういうシーンを目の当たりにしてきました。

「じゃあ、もういいでしょ?」って。

私の周りでも、去っていった人間はいます。

仕事は、当分来なくなるだろうし

そのままにされるかもしれない…

それに現実問題、少なくとも、1年は育休としないと…と思っていました。


それが、蓋を開けてみると、産後2ヶ月も経たない時期に

日本で行われたG7サミットの中での演奏、というお仕事をいただきました。

産後復帰のお仕事として、こんなに早く

こんなステキな機会をいただけるなんて

「音楽をちゃんと続けなさい」って

カミサマが言ってくださっているんじゃないかと思ってしまいました。


他にも、出産前から「子ども産んでも一緒にイベントに参加してください!」

と言ってくださって、私が参加できなかった回のイベントが終わった時に

わざわざ「次回は○月だから、出演してね」と、お電話くださった方もいたり

まだまだ一時預かりにBaby-Kを預けられないころ

打ち合わせに「子連れでいいよ〜!」と言ってくださった方もいたり

子どもを育てながら仕事をしたい女性を

受け入れ、応援してくれる風潮も、少しずつ感じられています。


また、今までにつながりのなかった方面から

レコーディングの依頼があり

そちらは、年明け1月25日に

キングレコードからCDが発売されます!

詳細はまた後日アップしますが

私にとって、憧れでしかなかった大御所の方と

ご一緒させていただき、本当に勉強になりました。


もちろん、今後ずっとBaby-Kを育てながらの音楽活動になるので

急に何日も泊まりで出かけたり、なんて無計画なことはできないですが

幸い、私の住んでいる自治体の育児サポートは

わりと良い方なので

周りの方々に、大いに甘えながら

音楽はしっかりと続けていこうと思います。


まずは、春になったら東京でライブを行うつもりでするんるん


来年も元気に

今までよりもやることが増えた分アクティブに

1日、1秒ずつを大切に

そして周りにいてくれる方々を大切に

今年あまりできなかった分、新しい曲もなるべく増やして

活動していきたいと思っています。


どうぞ皆様も、良いお年をお迎えくださいぴかぴか(新しい)


IMG_7220.jpg



posted by 宮西 希 at 17:08| Comment(1) | 希の考察

2016年11月24日

レコーディング中


今週は、とあるプロジェクトのアルバムに参加していて

レコーディングしています。

それがこのスタジオ、なんと私のデビューアルバムをレコーディングしたスタジオで

懐かしいし、嬉しいしぴかぴか(新しい)


IMG_7029.jpg


このアルバムは、私の音楽からすると完全AWAY状態。

そこでお会いする方々も、全員初対面!

しかも、その音楽に箏をどうやって入れたらいいのか

アレンジャーさんも手探り状態。

でも、今までにないものなので、面白いものになりそうです!


特に、和泉宏隆さん(元 T-SQUARE)アレンジの曲は

かっこよすぎてシビれますぴかぴか(新しい)

それに、和泉さんは大御所であるのにも関わらず

とても温和で、優しいしちょっとお茶目なところもご披露されながら

音楽的には「箏はわからないから〜」と

私の意見を取り入れて下さって

やっぱりすごい方っていうのは

技術やセンスだけでなく

人間的に素敵なんだなぁぴかぴか(新しい)

ご一緒させていただけて、本当に光栄でした。


IMG_7043.jpg

本当は今年1年は産休…くらいのつもりでいたのだけど

色々な方からご連絡頂いて

今回のレコーディングのお話になりました。


Baby-Kは、本来なら0歳児は預かっていただけないところを

子育て支援センターの先生方にご考慮いただいて

預かっていただけているし

(就業証明書などないし、毎日の仕事でないので通常の保育園に入れられず)

0歳の乳飲み子をおいて、深夜〜朝帰りの生活を

許してくれて、代わりに早く帰宅し、家事育児してくれている夫など

周りの協力なしには、今の私はお仕事できません。

音楽は絶対、続けたい!

その意思を、みんなが尊重してくれて助けてくれて

本当にありがたいです。


私のレコーディングは、あと1日を残すのみ!

ガンバってきまするんるん



IMG_7046.jpg

このアルバムのディレクター、足立さん。

私のことをデビュー時から見ていて下さった方ですが

お仕事するのは、なんと初めて!だった!

なので、記念写真。



IMG_7047.jpg

ある曲をアレンジされたギタリストの小川悦司さん。

共通のお友達のミュージシャンがいたりで話が弾みました。

キーが変わりまくりの曲を、箏で弾くのは至難の技。

アレンジもご苦労されたと思います。




posted by 宮西 希 at 14:35| Comment(0) | 仕事

2016年11月17日

ふるさと納税でペットの保護施設建設


11月16日は、私にとって4代目のわんこ「ルカ」が

私と家族になった日でした。

ルーちゃんは、保健所に収容されてたコで

生まれた日時も、場所もわからないので

出会った年の11月16日を1歳の誕生日ということにしました。


今年で3歳。(推定)

ルーちゃんの大好きな鶏肉をたくさん焼いて夕ご飯にし

ケーキでお祝いしました。

IMG_6994.jpg

うちに来た当時、あばら骨が見えるほどガリガリで

栄養失調のため毛もバサバサ。

毛玉がひどく、刈り上げられた状態でした。

保健所から引き出し、仮に預かってくれていたボランティアさんが

私のうちに届けてくれ、お帰りになると

ものすごく寂しそうな、元気のない顔になってしまいました。

IMG_1598.jpg

それまで相当怖い思いや辛い思いをしてきたのでしょう

いろいろなことに怯え、手を触るのでも最初はビクビクしていました。

初日、ルカの新しいベッドのある寝室に

呼び寄せるのにかかった時間は1時間以上。

「ベッドにどうぞ!」という誘導に安心して乗ってくれるまで

さらに時間がかかりましたが

その時に見せてくれた顔が、こちらです。

IMG_1601.jpg


そして、1週間後すっかり安心した頃のルカがこちら。

IMG_1675.jpg

どんどん表情が変わっていくのが

わかっていただけると思います。

特に、冒頭の現在のルカの写真と、2枚目のうちに来た直後の写真は

同じわんこだとはなかなか思えない表情をしているなぁ

と、私も思います。

現在は、とても有能な育児アシスタントを務めてくれています。

Baby-Kが泣けば1番に飛んでいき

私が洗濯物を干したりトイレに行ったりして帰ってくると

必ずBaby-Kに寄り添っていてくれます。

レッスン中に撮った写真なのですが

Baby-Kはルカの手をしっかり握って眠るほどです。

IMG_7018.jpg



私は今まで、わんこを「買った」ことは1度もありません。

その時その時に、困っているコやご縁のあったわんこと

家族になってきました。

なんとなくですが「大型犬のミックス」にこだわっています。

どうしてかというと、一番貰い手が少ないからです。


私の住んでいる地域は、たくさんのボランティアさんのおかげで

殺処分はゼロを達成しています。

なのでルカは、殺処分をまだまだたくさん行っている県から引き取りました。


でも、殺処分ゼロとは本当に解決したわけではないんです。

ゼロにするため、保健所から定期的にわんこを引き出し

二人で100頭のわんこを世話しながら暮らしている方を

私もよく知っています。


そこで今年のふるさと納税は

ドイツのティアハイムをモデルにした

殺処分をしない、個室やドッグランを備えた

文字通り「動物を保護する施設」を建設するための基金(神奈川県)に寄附しました。


こういう動物のための活動もできますので

たくさんの方々に知っていただきたいな、と願っています。


神奈川県動物保護センター建設基金

それが・・・このページが、少しわかりづらくあせあせ(飛び散る汗)

なかなか寄附をするページにたどり着けないので

一応、書いておきますねるんるん


1 緑色の「ふるさとチョイスから寄附をする」ボタンを押す

2 移動したページの上部「この自治体に寄附を申し込む」という赤いボタンを押す
  (ボタン下の情報もしっかり読んでくださいね)

3 「寄付金の使い道を選ぶ」の中から「神奈川県動物保護センター建設基金」を選択




posted by 宮西 希 at 23:46| Comment(0) | ペット