2018年05月29日

「発達とは鈍感になること」という話(高齢者の運転免許に思う)


高齢者の運転による事故が後を絶たないのは

個々の問題であるように見えて、実は社会全体の問題だと思うのだけど

どうして、高齢の方々には遠慮しがちなのだろう?


だって、どんなに健康で頭もしっかり冴えていても

18歳未満は、絶対に運転免許は渡さないでしょ?

高齢者だって同じ。

どんなに健康で、頭もしっかり冴えていたとしても

ある年齢(ひっくり返して81歳とか?笑)超えたら

運転免許は渡さなければいいのに。


18歳って

「もうすでに大人のつもり」の若者が

少しは冷静に、自分を客観視できるようになる年齢だと思う。


反対に

「いつまでも若いつもり」の高齢者が

冷静に、自分を客観視できなくなるから

「行けると思った」なんて

言い出すんだ。

きっとね、もう少し若い頃は

「もうすぐ赤だ!」とか認識する反応も早かっただろうから

もしかしたら行けたのかもしれないし

無理だ!と判断できて止まっていたのかもしれない。

今回の事故は、それを90歳まで続けちゃってた結果なんじゃないかなぁ。



日本は少し

年をとること、いろいろなことができなくなることが

マイナスの印象過ぎるんだと思う。

もっと、年を重ねることが良い印象で

「運転免許、卒業〜!イェーイ!」って言える社会になると良いよね。


この間、とある大学で受けた講義で聞いた話だけど

「発達」って、実は「鈍感になっていくこと」なんだって!

生まれたての赤ちゃんは、敏感すぎて

例えば少しの物音にも、ビクッ!!!と驚いてしまう。

これが、少しずつ「鈍感」になることが

「発達」というんだそうです。

発達=鈍感になっていかないと、生活しづらいわけです。


発達障害とは、鈍感にならない、敏感すぎるままの状態であることが多く

だから少しの物音や光でパニックになったりしちゃうそうです。


究極の話をすれば

年をとるということは、鈍感を極めていくということ!

それが「発達」なのです!

だから、年をとるってすごいんだぞ!

発達の極みなんだぞ!


そういう風に、堂々と鈍感になっていけるといいね!

そして、感覚が鈍ってきたら

発達しきった証拠なのだから

堂々とできないことは「できない」って

威張って言っていいと思うんだ。


それが、人間の発達の極みなのだから。


そして、発達しきった方々はすごいことなのだから

社会全体でリスペクトし

出かけたい時くらい、無料でタクシーで動けるよう

そういうところに税金使ってくださいよ。


国民の感覚に「鈍感過ぎ」の国会議員さんは

つまり、年齢に関係なく、早々と発達し終えた方々なのだから

サクッとご隠居されて、遊んで暮らしてはいかがかしら?











posted by 宮西 希 at 23:36| Comment(0) | 希の考察

2018年05月10日

大槌復興米「たえの酒」


2011年の東日本大震災での大津波で

壊滅状態になった岩手県大槌町。

津波跡地である菊池妙さんの自宅跡地に

お米の3本の種もみが流れ着きました。

海水もかぶり、津波で運ばれてきただろうこの種もみ。

のちに、DNA鑑定で「ヒトメボレ」と判明。

大槌復興米と名付けられ

たくさんの地元の方やボランティアの手によって

大切に大切に栽培されて、毎年収穫量を増やしていきました。


そして、上閉伊酒造はこのお米を使ってお酒を作り

「たえの酒」として発売されました。

先日、私も震災直後に釜石でお世話になった

正福寺のお嬢さんである友人から

この「たえの酒」をいただき

ゆっくり味わわせていただきました。

IMG_2211.jpg


私も、震災から1ヶ月経たない頃に

大槌町に自分の足で立ったので

風景だけでなく、匂いまで忘れられずにいます。


あそこに、自然にお米が流れ着いて芽ぶくなんて

自然ってなんて強いのだろうと思います。

この「たえの酒」はそんなお米を

たくさんの方々が、つないでつないで一つのお酒にしたので

生きる強さとともに、とてもやさしい味がします。

IMG_2213.jpg


上閉伊酒造さんは、以前私も飲んで大好きになった

「ズモナビール」を作っている酒造。

このビールは、私はいろいろな地ビールを飲んできましたが

日本のビールの中で1番ドイツっぽくておいしい!と思ったビールで

我が家では、普段ビールを冷やさずに常温で飲むのですが

冷やしてもまろやかなビールで

とっても飲みやすくて大好きです!


震災後に私の実家からお譲りしたエスティマくんが

活躍してくれた酒屋さんとも強いつながりがあるそうで

上閉伊酒造、応援しています!


上閉伊酒造

ここから、ネットでも購入できます!


たえの酒はこちらから購入可能です。

NPO遠野まごころネットの

ソーシャルファーム&ワイナリー


皆さまも、飲んで応援!

どうぞよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)


posted by 宮西 希 at 00:20| Comment(0) | プライベート

2018年04月29日

カレナさんの出発


昨年から、時々ここで皆さまにもお知らせしていました

里親募集の黒ラブミックス、カレナちゃん。

長く時間がかかりましたが

やっと里親さんとのトライアルになりました。


長くかかった理由は

最初にこのワンコさんを請け負った方が

本気でワンコ目線で彼女の幸せを考え、行動したからだと思います。


どの保護犬もそうですが

「マッチング」なんですよね。

お話がうまく進まなかった時に

里親に応募してくださった方は

とても寂しい思いをされたり

時には嫌な気持ちになってしまわれる方もいらっしゃいますが

人間のお見合いと一緒で

ワンコが幸せに暮らせるいろいろな条件が

なるべく合うご家庭を探します。


例えば、ですが

年齢の若くないワンコに、長い階段のあるお家はやはり苦労だし

先住犬との相性もあります。

そういう物理的なものも含めた条件などで

最終的に決まっていくもの。

決してそのワンコに対しての愛情の度合いなどで

決めているわけではないので

里親さんに応募なさる方には

それをご理解いただけると助かります。


もちろん、ワンコが幸せになれればそれば1番です!

っておっしゃってくださる方がほとんどだと思いますが

本当にこれは、ご縁のもの。


カレナちゃんはご縁のあった場所で

トライアルを数週間過ごし

うまくいけば正式譲渡!


トライアル前日に、私もルカ、娘を連れて

カレナにおめでとうを言いに行きました。

写真を撮ろうとしたら

「それよりも、なでなでしてよ〜!」と甘えてきたので

これしかないけれど。

IMG_2204.jpg



気にかけてくださったみなさま

どうもありがとうございました。








posted by 宮西 希 at 17:10| Comment(0) | 保護犬

2018年04月07日

我が家の新学期・プレ幼稚園


4月になり、新学期。

私が学生だった頃より、入学式も始業式も早いみたい。

そりゃ、土曜日がお休みじゃなかった頃の話だものね。

周りでも、新生活がスタートした方々がたくさんいます。

我が家も、4月の今すぐからではないけれど

娘が幼稚園のプレに入ることが決まりました。


保育園は、定員の4倍が応募する地域ですが

学年末の生まれの娘は、申込み時の秋にはまだ生まれておらず

私の仕事も就業証明が出るものでもないし

毎日外出するものでもないので、当然応募もできず。


4年も行動が制限される生活はきついなぁと思っていたら

最近の幼稚園は、3年保育だという!

しかも、学年末生まれの場合

他の子より1年分早く、幼稚園に入るわけで

つまり4月生まれの子だったら4歳になる頃から幼稚園入園のところ

娘は3歳の誕生日を迎えた直後から、幼稚園入園。


と思っていたら、幼稚園も希望のところにはなかなか入れないようで

その1年前のプレから入っている方が

入園しやすい、とのこと。


去年それを聞いて、急いでいろいろ調べると

申込みの日、みんな一斉に電話するので

なかなかつながらない、と。

しかも、定員になり次第、締め切るとのこと。


当日、家の電話と携帯を両手に持ち

昔チケットぴあに電話したみたいに

何百回も電話をかけては切り〜を繰り返し

運良く、30分で申込みに成功!


ただし、プレは母親同伴あせあせ(飛び散る汗)

私の手が空くわけではないのね〜たらーっ(汗)


うっぷんばらしに買い物に行けるわけでもないので

私のアマゾンや楽天の買い物かごは

欲しいものがたっくさーん入っています。

でも、たくさん物色して

「かごに入れた」っていうだけで

なんとなく満足して、ほとんど買わないという…




去年と同じ桜の下で

同じアングルで写真を撮ってみました。

IMG_2030.jpg

毎年、やってみようかな。

とは言っても、いつまでも付き合ってはくれないだろうな。



posted by 宮西 希 at 00:41| Comment(0) | プライベート

2018年03月07日

再スタート


昨日は、業界関係の方向けのプレゼンライブでした。

出産してから、以前のようにちゃんと定期的なステージや

番組出演などなかなかできずにいましたが

ピュアハーツにマネージメントをお世話になることになり

動きがまだ出来てきました。

今回のライブに関しても

昨年の秋以降、月1度のミーティングを重ね

たくさんのスタッフさんが一緒に考えてくださって

実現しました。

IMG_1457.jpg

ピアノの大山泰輝さん、ベースの早川哲也さんには

音楽面でとてもしっかり支えていただき

演奏中も、後ろからガッチリサポートして頂いているのを

常に感じられたので

本当に安心感で穏やかな気持ちでステージに立って入られたし

前を向けば、1番後ろの席には岡田社長を始め

スタッフさんが見守っていてくださって

守られていることを実感しながらのステージでした。

IMG_1465.jpg

ここのピアノは、本当にいい音がして

しかも、楽屋にももう1台ニューヨーク出身のスタインウェイが座っていたのですが

昨日の本番、一緒に歌ってくれたのは

ハンブルク出身のスタインウェイ。

半年前にハンブルクとその近郊に行き

そこで弾いたシンメルのピアノの音が好きになって

最近私のうちにもハンブルク出身のシンメルちゃんが来たところ。

それだけでも嬉しかったのですが

大山さんもそのよく鳴るピアノにノリノリで演奏してくださって

その上、早川さんのベースがものすごくどっしりしっかり支えつつ

それでいてグルーヴィーに遊んでくださり

前日の雨で、ちょっと湿気っぽかったことじろうも

久々の舞台に、キラキラと歌ってくれました。


サポートしてくれる方々も当然そうですが

楽器たちのおかげで、私があります。


また、10時間預けっぱなしになる娘も

預ける瞬間は泣きそうになっていたのですが

ギュッとしながら

「今日は本番のステージで頑張ってくるから

娘ちゃんも頑張って行ってらっしゃーいしてくれる?」というと

自ら私の手から離れ、バイバイをしながら「行ってらっちゃーい!」

あら、意外とあっさりあせあせ(飛び散る汗)と、一瞬物足りなさを感じそうになったところ

逆に私をギュッとして、鼻と鼻をくっつけてきました。

彼女も彼女なりに頑張って、それでいて

ちゃんと私にエールを送ってくれているのだなぁと感じ

ほんわか嬉しくなりました。


娘を迎えに行き、夕飯の頃の帰宅になりましたが

待っていたのは、しっぽをお尻ごとぐるんぐるんに振り

4本足が8本あるんじゃないかってくらい

バタバタしながら出迎えてくれたルカと

夫が作ってくれた夕飯。

みんなに支えられて、音楽活動ができます。


その分、たくさんの方々に

優しい音、心に残る音を奏で続けられたらと願っています。

これからも、応援どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_1460.jpg





posted by 宮西 希 at 15:29| Comment(0) | 仕事